2007年02月11日

美国日本バウチャー・アンケート 疑問 について

http://meiguoriben.seesaa.net/article/33294734.html

美国日本バウチャー・アンケート 疑問
Date: Fri, 9 Feb 2007 09:48:02 +0900 (JST)

【Q01】千葉県
【Q02】カットしました
【Q03】女性
【Q04】37
【Q05】正規採用
【Q06】疑問
【Q07】格差社会が生み出された原因は、憲法に基づく民主的税制の原則である、「応能負担、直接税中心、総合・累進制、生計費非課税」が、守られていないことにアルト考えます。
この原則が改善されないまま、所得の偏った集積を分散しても、格差は解消できないと思います。


上記についてご意見が来ました。
ご意見は、いつでも受け付けます。
meiguoriben2@yahoo.co.jp

「応能負担、直接税中心、総合・累進制、生計費非課税」
これらは「考え方」としては判るのですが具体的に何を指すのか判りません。
具体的な手順や金額まで提示されている「美国日本バウチャー」を批判するときに
抽象的な考え方だけでは議論の後戻りではないでしょうか。

「所得の偏った集積を分散しても、格差は解消できない」
試算から、十分に格差解消ができていると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33433688

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。