2007年01月07日

美国日本バウチャー・アンケート 賛成

Date: Sun, 7 Jan 2007 19:13:34 +0900 (JST)

【Q01】埼玉県
【Q02】カットしました
【Q03】男性
【Q04】36
【Q05】不就労
【Q06】賛成
【Q07】所得格差はそれ自体が問題ですが、個人消費を減らして経済成長が悪くなるという考え方に賛成です。
 本音を言えば美国日本バウチャーで収入を得たいのですけど。


<御礼>

投票有難うございました。
美国日本バウチャー制度で一日も早く小泉景気が本物の好景気になることを願ってやみません。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31005941

この記事へのトラックバック

最高位所得層から第??、??、??、??、??所得層に所得転移すれば、全体の消費が上がる
Excerpt: http://www.stat.go.jp/data/kakei/200412n/zuhyou/a208.xls 第2−8表 年間収入十分位階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出 ↓ http://..
Weblog: 小泉改革
Tracked: 2007-01-08 01:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。