2007年08月29日

中国製オモチャが危ない

日本の企業もアメリカにならって中国企業の危険性を認識して、ボチボチ中国から撤退するべきでしょう。

http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz07q3/543297/
中国製オモチャが危ない
米玩具最大手が大量リコール、多国籍企業に警鐘
2007年8月28日 9時20分

エルモ、バービー、ビッグバード、ドーラ──。子供に大人気のこれらのキャラクターが、中国製品の安全性を巡る世界的議論の真っ只中にある。

玩具最大手の米マテル(MAT)は8月14日、製品のリコール(自主回収)を拡大すると発表した。今回対象となるのは、ヒット映画「カーズ」の登場キャラクターを模したおもちゃの車など、有害な鉛を含む塗料を使った製品と、バービー、ポリーポケット、バットマンの玩具など、子供が誤飲すると有害な小型磁石を使った製品だ。マテルは8月2日にも、傘下の米フィッシャープライスの玩具について、許容量を超える鉛が塗料に含まれていたとして同様のリコールを行ったばかりだ。

世界中の下請け会社まで完全にチェックすることは困難

ここ数カ月、中国製品への非難は高まる一方だ。ドッグフードからタイヤに至るまであらゆる製品でリコールが次々に発表されている。

7月には、中国国家食品薬品監督管理局(SFDA)の元局長が、複数の死者を出すに至った抗生物質の不正認可を巡り賄賂を受け取った罪で死刑に処せられた。8月13日には、リコール対象となったフィッシャープライスの玩具を製造していた中国企業の経営者が、週末に自社倉庫内で自殺したことが報じられた。

低コストな中国業者を使う企業ならどこでも、マテルのような苦しみを味わう可能性がある。マテルは取引先が適正かつ倫理的な運営を行うようにするための労を惜しまず、外部監査まで実施するような企業である。それにもかかわらずマテルが度重なるリコールに追い込まれたという事実は、あらゆるグローバル企業に警鐘を鳴らしている。たとえ最大の努力を払ったとしても世界中の供給業者を完全にチェックすることはできないのである。

(続く)


posted by 美国日本 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改革の旗を降ろした安倍改造内閣 派閥均衡型に逆戻りした総花内閣は国民が求めた姿なのか?

小泉改革を受け継いだはずの安倍内閣が改革を止めてどうするの?
野党民主党がこれを引き継げるのかい?

解散総選挙で小泉さんに、もう一度ご出陣を願うか・・・

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20070827/133270/?P=1
改革の旗を降ろした安倍改造内閣
派閥均衡型に逆戻りした総花内閣は国民が求めた姿なのか?
2007年8月28日 火曜日 松原 聡

 安倍改造内閣は、党3役を含めると、町村信孝外相、伊吹文明文科相、高村正彦防衛相、麻生太郎幹事長、二階俊博総務会長と、ずらり各派閥のトップを配置し、さらに津島派からは額賀福志郎財務相、山崎派から甘利明経産相を起用するなど、派閥均衡の「総花内閣」だ。自由民主党の派閥を「政策集団」とすれば、派閥均衡ということは、政策均衡にほかならない。


成長重視の改革派を下ろし、増税重視派を起用

 さらに、小泉政権末期に見られた成長重視か増税重視かの論争で、安倍内閣では中川秀直幹事長をはじめとする成長重視派を重用し、安倍総理自身も同じ路線を明確に取っていたのにもかかわらず、改造内閣では増税重視派の急先鋒であった与謝野馨氏を官房長官に起用している。この顔ぶれでは、政策の方向性は全く見えてこない。安倍氏が内閣改造以前に「脱派閥」を明言していたのは、政策の方向性を明らかにするためではなかったのか。

 改造前の安倍内閣は「お友達内閣」と揶揄されていたが、私には何の違和感もなかった。安倍総理は、小泉前総理の構造改革路線を継承することを条件に、首相の座に就いたのであって、閣僚を改革派から起用するのは当然であった。

 前内閣の発足時の柳澤伯夫厚労相や、松岡利勝農水相に違和感を覚えた国民は多かったかもしれない。実際に彼らは多くの問題を引き起こして、内閣支持率の低下の原因ともなった。松岡大臣は疑惑を抱えたまま自殺するという悲劇を引き起こしてしまった。しかし、私は彼らの起用に何の違和感も覚えなかった。

 私は衆議院解散前に、衆議院郵政民営化特別委員会に参考人として招致された。郵政事業の労組などの意を受けて郵政民営化に反対する民主党から激しいヤジを受けながら質問に答えたのを覚えている。その時の自民党の理事が柳澤氏であり、松岡氏であった。彼らは民主党と対決しながら、自民党の守旧派からのいわば後ろからの攻撃をも受けていた。彼らが構造改革の矢面に立って戦っていることを目の当たりにしたのだった。ちなみに、委員長の二階氏は、今回の組閣で党総務会長に就いている。

 こういった人事を、論功行賞と見ることも可能だ。しかし、改革を進めるには、それに積極的な人材を内閣に抱え込む必要がある。安倍総理の前内閣は、まさに改革志向の内閣だったのだ。


総主流派体制──自民党の伝統的な手法

 ところが、安倍改造内閣は派閥の均衡を狙った内閣であり、非改革型の内閣と言わざるを得ない。こういった組閣は、実は、自民党の伝統的な手法であった。非主流派を作らずに、総主流派体制を組んでいく。自民党の派閥は国民の様々なニーズを代表している面もあるので、その派閥を取り込むということは、実は国民のニーズをバランスよく吸い上げることにもつながる。安倍改造内閣は、改革の旗を降ろし、派閥均衡の、政策均衡の、バランス型の政治を目指していくことになろう。

 小泉前総理は、誰が見ても改革派であった。当初から自民党内の様々な意見、政策を汲み上げようとする意図を持っていなかった。それが「自民党をぶっつぶす」という総理就任直後の発言に表れているし、何よりも、郵政解散は法案に反対した議員を公認しないという形で事実上除名にする自民党の分裂選挙であった。

 小泉氏の支持率が最後まで落ちず、郵政選挙に圧勝したのは、国民の多くが改革を望んでいたということであろう。小泉総理が誕生した2001年は不況のどん底にあり、今まで通りの総花的な財政ばらまきではもう景気回復は望めなかった。「改革なくして成長なし」を国民が納得していたのだと思う。

 小泉内閣で主な改革はやり遂げられ、国民は再び、「バランスの政治」を求めているのだろうか。そうではあるまい。参議院選挙での自民党大敗の主たる原因は、改革批判にあるのではなく、年金や事務所費などの不祥事にあったと見るべきではないか。


改革の旗が降ろされた以上、新たな改革勢力の旗揚げに期待

 政権奪取を目指す小沢民主党は、小泉改革の負の側面を徹底的に突くことに終始し、野党らしい改革の方向がなかなか見いだせないでいる。例えば農業に対する所得保障政策などは、かつての自民党が取りたくても取れなかった「ばらまき農政」そのものではないか。また、郵政改革についても、民営化反対の国民新党と組んで、郵政民営化延期法案を出そうとしている。

 そうなると、これからの与野党対決は、「総花与党 VS 守旧派野党」という国民にとって最も不幸な構図になりかねない。そして、国民は改革の継続を望んでいるというのに、与野党のどこにもそれが見られない事態となる。

 党利党略、派閥の戦略を超え、しっかりとした政策議論が行われれば、どうしても政界再編へ進まざるを得ないはずである。自民党にも、民主党にも、しっかりとした改革志向勢力はいるからである。

 安倍内閣が改革の旗を降ろしたことで、逆に、新たな改革勢力の旗揚げにつながることに期待するしかない。
posted by 美国日本 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 少しかいま見えた 民主党の FTA 戦略

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/437

せめて一個人から一千万ぐらい取るのかと思いました。
マコトにせこい話だ。

セコイと言っても、これだけでGDPが5%もアップするのですよ。
大変なことなのですよ。

払わなけりゃいけない人たちは国を脱出し、
使わなければいけない人たちは貯蓄借金の返済に。
とても5%の上昇するわけ有りません。


前回お話したとおりで、国を脱出する人はすれば良い。
それでも支障なく、この案は実行可能であり効果を約束できます。
なぜなら現実のデータをベースに計算していますから。

「弱者の味方」なんてほざいているアホサヨクではないのです、私は。
「弱者の味方」ではなくて「国民経済の味方」なのです、私は。

私のような無知の人間でもこの案に致命的な欠陥を見出せるのですよ。


この案には欠陥がありますよ、解かっています。
でもね、その欠陥は、その中身にあるのではなくて実現に向かっていないという意味の欠陥です。
「この刀は良く切れる。でも誰が買ってくれるの」という意味の欠陥です。

とてもじゃないけれど実現なんか出来ませんね。


この刀は良く切れるのですから、買ってくれるお客様を見つけないといけません。
この刀より少し切れ味は悪いですが類似の刀を欲しがっているお客様を見つけました。

その方は「農業所得補償」という刀を欲しがっておられます。
その政治家にとっても、票というお客様が必要です。

「農業所得補償」票よりも、格段に大きい票があります。
それは都市の低所得層です。


統計名 平成14年就業構造基本調査 全国編
表名 年齢(14)、男女(3)、従業上の地位・雇用形態(4)、所得(16区分A)、教育(7)、有業者数、全国
表章事項名 有業者数
年齢14 総数
男女3 総数
教育7 総数(未就学者を含む)
全国 全国


http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/Seiki_Hiseiki.xls  (エクセル)

         自営業主 雇用者 正規の職員・従業員 不正規の職員・従業員
50万円未満     19.2%  4.0%        0.4%        10.1%
50−99万円    12.1%  11.0%        1.0%        28.3%
100− 149万  10.4%  9.0%        3.1%        19.1%
150− 199万   7.9%  7.2%        5.6%        10.0%
200− 249万   9.4%  9.6%       10.5%        8.2%
250− 299万   6.8%  7.9%       10.1%        4.0%
300− 399万  11.6%  13.8%       18.8%        5.3%
400− 499万   7.3%  10.5%       14.8%        3.3%
500− 599万   4.7%  7.4%       10.5%        2.0%
600− 699万   2.6%  5.5%        7.6%        2.1%
700− 799万   1.6%  4.3%        6.0%        1.3%
800− 899万   1.2%  3.1%        4.3%        1.1%
900− 999万   0.8%  2.0%        2.6%        0.9%
1000−1499   1.8%  2.9%        3.4%        2.0%
1500万円以上    1.4%  0.7%        0.4%        1.3%



グラフ
http://kouzumi2.up.seesaa.net/image/Seiki_Hiseiki_14967_image001.gif

年収200万円以下の所得層が不正規労働者に偏っています。
これが、民主党にとって大きな票田です。13,602,100人です。
これは農業者の比じゃないですよね。
posted by 美国日本 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

re 少しかいま見えた 民主党の FTA 戦略

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/435

貴方は超左翼。


有難うございます。

「私は左翼だ」と言っているのに「貴方は極右だ、極右だ」と言って聞かない人がおられましてね、困っていたところです。

超左翼にしても極右にしても、論理の中身でなくてレッテル張りで議論を逃げてはいけませんね〜〜
ちなみに、電話ボックスにベタベタ張り紙(例のエッチなやつ)すると逮捕されますよ。

小泉改革によって生産がアップしているのに、なんでGDPが素直にアップしないのかな。
それは消費が伸びないからです。

まずここから間違ってるんでは無いでしょうか?
日本のGNPマイナス基調から反転上昇しておりますよ。

確かにGDPは僅かに増加していますが、とても経済成長と呼べるしろものではありません。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe071/gaku-jcy0711.csv
実質季節調整系列 実質暦年
↓計算
http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/GDP_2006.xls
(エクセルのため、必ずしも参照不要・・・
 ですが、的外れの反論をする前に是非参照して下さい)



1.GDP成長率は精々2%でしかない。
http://kouzumi2.up.seesaa.net/image/Zoukaritu.gif
年率5%超の成長をしているのは民間設備投資(2004,5,6年)だけである。

2.成長概観  (実額)
http://kouzumi2.up.seesaa.net/image/JituGakku.gif
GDP構成要素のうち家計消費を増やさなければGDPのもたつきを救済できない。
GDPが僅かに成長しているように見えるのは政府消費支出と民間設備投資による。
政府消費支出の大部分は福祉予算ではないでしょうか。

3.1994年を基準として各要素の変動を分析
http://kouzumi2.up.seesaa.net/image/Base_1994.gif
政府消費支出と民間設備投資の成長が大きい。これはGDPの成長を上回る。
家計消費支出の伸びが少なく、民間住宅に至っては減少している。

だから、家計消費支出を伸ばせばGDPが確実に「目に見える形で」成長する。

前回生産指数が上がっているのに消費が伸びないと言いました。
      生産   生産  消費支出
      指数   前年比  前年比
     2000=100  (%)   (%)
2003年度   96.6    3.5   -0.2
2004年度   100.5     4   -0.2
2005年度   102.1    1.6   -1.4
2006年度    107    4.8   -1.2

これに、今回計算した投資指数を加えて、生産指数/投資指数を観察しましょう。

     生産指数 投資指数  生産指数/投資指数
2003年度   0.97   1.09    0.88
2004年度   1.01   1.15    0.87
2005年度   1.02   1.23    0.83
2006年度   1.07   1.32    0.81

生産指数/投資指数が減少しているということは何を意味しますか。
投資が生産指数を上げる効果が減少しているということですよね。
生産指数は、実は単年度の投資ではなくて資本ストック(投資累計)によって決まると言われています。そうであれば尚更、生産指数が少なすぎるのではないですか。

これは何を隠そう、投資に頼りすぎた経済成長論が破綻しつつあるということです。

後には何が残る?
消費を強制的に伸ばすしかないでしょうが。


では、消費を伸ばすためにはどうすれば良いか。
普通に考えると、低所得者は消費性向が大きくて高所得者は小さい。だから、ある金額を高所得者から低所得者に移転すればよい。

ここも間違ってますね。
低所得者がどうして消費性向が高いと断言できるのか。
高所得者がどうして小さいと断言しちゃうのでしょうか。

こんなことは経済学では当たり前じゃないですか。

自説を証明するために勝手な断言はやめたほうが良いと思います。
チョット考えて御覧なさい。

ちなみに、所得十分位階層別の収入・支出・消費性向(消費/収入)の表。
お金持ちは消費性向が小さいですよね。
変な空想はやめて、数字をしっかり見て下さい。

前回提出した元データから計算。

      収入 消費支出 消費性向
平  均   637  415  65.1%
T      233  241  103.2%
U      326  294  90.3%
V      390  322  82.7%
W      453  349  77.1%
X      521  395  75.8%
Y      599  409  68.2%
Z      691  444  64.2%
[      804  518  64.4%
\      964  546  56.6%
]     1393  630  45.3%

最もお金持ちの階級から、一家族あたり366万円とりあげて、第T、U、V、W、X階層に配分すると、第T、U、V、W、X階層は配分前の第U、V、W、X、Y階層なります。

この辺になって来ると点ける薬がありません。
低所得者の大なり小なり ほとんどが借金もちです。
年金がああいう状況では、得た収入の大部分を借金の返済にまわすか、将来に備えた貯蓄に回すとは、考えもしないうーさんのおめでたさが、よく解ります。
既に税金還付の多くがそれにまわされた現実があったのはもうお忘れなんでしょうね。

そんなことは織り込み済みです。
借金の返済にまわすか、将来に備えた貯蓄に回すか、その他諸々の判断を経た結果としての現実の消費性向を前提としています。

むしろ、最もお金持ちの階級から一定額をとりあげて第T、U、V、W、X階層に回すという税制が将来も続くという確信を皆が持てば、将来に備えて貯蓄をするという必要が減るのですから、消費性向は以前の収入・消費性向の関係式よりも更に増大します。
インフレターゲット論の論拠と同じようなものです。
公平度ターゲット論とでも言いましょうか)

飢えてる人、世界中ごまんと居ます。今にもHIVで死にそうな子供達、そういう人々に与える名誉は感じても、賞味期限切れだと食料を捨ててる人々にくれてやる金は、びた一文も無いからです。

私は全く逆ですね。

縁もゆかりもない外国人にあげるよりも、我が同胞にあげたいですね。
しかも、あげたお金が回りまわって、また自分の懐におさまることになるのですから。
それがお金持ちの業というものでしょう。
まあ、縁もゆかりもない外国人にあげても、いずれ元に戻るとはいえ、それは時間が かかるし、また、完全ではない。

縁もゆかりも無い人間などこの地球上には存在しません。
あなたの食ってる食料の七割以上が世界中から来てることはこの際お忘れなんでしょう。
貴方の消費している電気の9割以上が世界中から来ていることなんかは無視なんでしょう。

縁・ゆかりを
1.地縁・血縁
2.経済連関
に分けて考えましょう。

私は地縁・血縁のない外国人にはお金を上げる倫理的必然性がないと、まず、言います。
次に、今は何がテーマかと言うとお金を上げるということの経済的な効果が問題ですから、これによっても、遠い外国にお金をバラマクよりも、近くにバラマク方が還流してくる期間が短いと言えます。

食糧生産地やエネルギー資源生産地にお金をバラマクと、いかなる経路でいつごろこの日本に戻ってくるのでしょうか。

山の下の皆様のおかげで生かされているんだが
自分はお山のてっぺんで一人の力で生きていると思ってる。

いいえ、そういう考え方であれば、経済連関など考えもしないことでしょう。
経済関連があるからこそ、その関連を活用して景気を良くしたいと考えているのです。

優先順位はつけても良いかもしれません。
しかし優先順位の上には飽食の人々ではなく飢餓の人々が来るというのは、普通の人間として当たり前の認識ではなかろうかと思います。

まったく、そのとおりですよ。
下記のような人たちがおられるのですよ。なにが飽食ですか。

      収入 消費支出 消費性向
T      233  241  103.2%
U      326  294  90.3%
V      390  322  82.7%
W      453  349  77.1%

飽食を嫌うなら、ますます、下記のような人達の飽食を止めさせましょうね。

\      964  546  56.6%
]     1393  630  45.3%

アホサヨクそのマンマですネェ。

失礼な!!
下記引用のようなアホと一緒にしないで下さい。

こいつらは馬鹿であって、左翼ではありません、


いいえ、左翼と呼ばれています、一般的には。

私も彼らが真性左翼とは到底思いません。
真性左翼でない左翼・・・すなわちアホサヨクですわね。

土井たか子→李高順(帰化前の本名)北朝鮮に親族多数
五島昌子(土井の秘書)本名、渡辺昌子は通名、つまり、在日朝鮮人(元社青同活動家の話より)
辻元清美(帰化人、赤軍派)
筑紫哲也(→朴 三寿:元朝日記者、共産キャスター)
本多勝一(→崔 泰英:「南京大虐殺」虚報の中共工作員記者)
佐高信 (→韓 吉竜:極左評論家)
福島瑞穂(→趙 春花、帰化前の本名:中核派)
永六輔(帰化人。反日活動、言動多し)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061022-00000003-ryu-oki
PAC3撤回を要求 沖縄市で県民大会
(平和運動センター、新嘉手納基地爆音訴訟団、普天間基地から爆音をなくす訴訟団、統一連、平和市民連絡会議、中部地区)

計算も大事でしょう。
データも大切でしょう。
しかし始めに結論があって、それを立証する為のでは、どこぞの官僚のやり口と一緒でね、現実を見ないで立案された法案は現実という大きな混沌に出会ったときに必ず破綻をしてきたのです。

仰るとおりで、偏った思想を無理やり押し通すためのデータに基ずく法案は破綻するでしょう。
法案が破綻するより以前に、そのデータ自身がまず否定されます。

私のデータを否定できますか。社会経済総合研究所という、れっきとした国の機関がインターネットを通じて全世界に配信しているデータですよ、これは。

貴方は超左翼。
せいぜい現実を完全に無視をして机上の論理で遊んでいてください。

データを評価するに、観念的な言葉ですることをお止め下さい。

超左翼という言葉で、社会経済総合研究所のデータのどの部分をどのように否定されているのか全く不明です。

一家族たった366万円で何ができるっちゅうのか。

下記のような人達には、大金ですよ。

      収入 消費支出 消費性向
T      233  241  103.2%
U      326  294  90.3%
V      390  322  82.7%
W      453  349  77.1%

せめて一個人から一千万ぐらい取るのかと思いました。
マコトにせこい話だ。


セコイと言っても、これだけでGDPが5%もアップするのですよ。
大変なことなのですよ。
posted by 美国日本 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

re 少しかいま見えた 民主党の FTA 戦略

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/430

公共事業でないバラマキ(消費バラマキ)であればOKだということになります。
財源はお金持ち個人。

この誰からどのくらいどういう方法で搾取するのか、
この誰にどういう方法でどれくらいばら撒くのか、
れはGNPでどのくらいの効果がもたらされるのでしょうか?

是非お教えください。

小泉改革によって生産がアップしているのに、なんでGDPが素直にアップしないのかな。
それは消費が伸びないからです。

http://www.freeml.com/meiguoriben/414?sid=c5dc699e27c892d33444d404210788fc
Re: [argue:14583]Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相
から引用。

http://rank.nikkei.co.jp/keiki/kougyou.cfm
http://rank.nikkei.co.jp/keiki/shouhi.cfm
      生産   生産  消費支出
      指数   前年比  前年比
     2000=100  (%)   (%)
2003年度   96.6    3.5   -0.2
2004年度   100.5     4   -0.2
2005年度   102.1    1.6   -1.4
2006年度    107    4.8   -1.2

では、消費を伸ばすためにはどうすれば良いか。
普通に考えると、低所得者は消費性向が大きくて高所得者は小さい。だから、ある金額を高所得者から低所得者に移転すればよい。

↓計算

http://kouzumi2.seesaa.net/article/30095035.html
最高位所得層から第T、U、V、W、X所得層に所得転移すれば、全体の消費が上がる

http://www.stat.go.jp/data/kakei/200412n/zuhyou/a208.xls
第2−8表 年間収入十分位階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出

http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/Shuunyuu_Shishutu_Jini_18541_image001.gif
(所得移転のよる層別の所得と消費の変化)

http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/Shuunyuu_Shishutu_Jini_19601_image001.gif
(層の累計)

http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/Shuunyuu_Shishutu_Jini_20573_image001.gif
(累計値を1にして基準化(ローレンツ曲線))

日本人の約6千5百万家族を所得の多い順に整列させて、650万家族ずつ10分類にしたものを所得の十分位階級といいます。

最もお金持ちの階級から、一家族あたり366万円とりあげて、第T、U、V、W、X階層に配分すると、第T、U、V、W、X階層は配分前の第U、V、W、X、Y階層なります。

366万円はもとの「階層と一つ上の階層の所得差」を第T、U、V、W、X階層について合計したものです。366万円は最高所得層の所得の26.3%、全体の所得の5.7%です。

新の第T階層は所得移転によって旧の第U階層になるわけですから旧第U階層の消費パターンをとります。(以降、旧X層まで適用)
もとの消費性向が全体で65.1%であったところ、所得移転によって、70.0%になり、消費が5%増加しました。

ジニ係数とはローレンツ曲線と45度線に囲まれる面積を45度線と水平軸に囲まれる面積で割った値です。
すべての階層の所得が同じであればローレンツ曲線は45度線に重なり、ジニ係数=ゼロ。

そのように計算すると、所得のジニ係数は所得移転前は0.253で移転後は0.180であって、0.074減少しており、0.074/0.253=29.13%。
一方、消費は5.0%アップしており、消費のジニ係数に対する弾力性は5%/29.13%=0.171。

所得移転前後の所得合計は同じになるように計算しましたが、その結果、消費合計が5%アップしました。消費はGDPを構成する大きな要素ですから消費のアップはそのままGDPのアップです。
所得のジニ係数が減少すればGDPが上がるということです。
実は消費のアップはそのままGDPのアップではなくて、最終需要が増加するのですから、投資も同時にアップしますからGDPの増加は少しおまけがつきます。

最高所得層の所得の26.3%(366万円)損して5%得するのですから、差し引き21.3%の損ですが、長期的に見てプラスです。
なぜなら、消費が一旦アップするとGDPの他の要素である投資もアップしてGDPはさらにアップするし、年率5%の成長が続けば日本経済は完全に回復して、その恩恵を最も享受するのは他ならぬ、最高所得層ですからね。

もっとお金があって自由を尊ぶ人であれば
スタコラサッサと逃げ出すと思いますがね。

逃げたければ逃げれば良いじゃないですか。

我々は全然損をしませんよ。海外逃避した分の円を増刷しても、一向に構わない。
なぜなら、円の価値は円のストックよりも日本経済の実力(経済運営能力)に対して決定されるからです、中長期的にはね。
短期的には円は下落するでしょうが、それは輸出を振興させますから、いずれ円高にしたくなくてもなる。

そして、そう云う金だったら
飢えてる人、世界中ごまんと居ます。今にもHIVで死にそうな子供達、
そういう人々に与える名誉は感じても、賞味期限切れだと食料を捨ててる人々にくれてやる金は、びた一文も無いからです。

私は全く逆ですね。

縁もゆかりもない外国人にあげるよりも、我が同胞にあげたいですね。
しかも、あげたお金が回りまわって、また自分の懐におさまることになるのですから。
それがお金持ちの業というものでしょう。
まあ、縁もゆかりもない外国人にあげても、いずれ元に戻るとはいえ、それは時間がかかるし、また、完全ではない。

アホサヨクそのマンマですネェ。

失礼な!!
下記引用のようなアホと一緒にしないで下さい。

アホサヨクは正統左翼とは比べ物にならないアホですが、正統左翼とは言え、世界の共産党が社会民主主義(資本主義・議会制民主主義下の民生主義)になったと言うのに未だに共産主義を捨てきれないでいる。
その場合の共産主義はサプライサイドを共有(独占)するというものです。
それは駄目ですよ。それによって旧ソ連が崩壊したのですから。

私が言っているのはデマンドサイド共産主義です。これは必ずしも全くの公平ではなくて、適度な公平を目指すものです。バブル崩壊以前の中流階級中心経済時代の公平さ程度。

競争→再配分前の格差拡大する→全体的に豊かになる
公平→再配分後の格差縮小する→個々人が豊かになる (デマンドサイド共産主義)
再配分前の格差と再配分後の格差は別物だから二つを同時に実行できる。

再配分後の格差縮小は、国際資本に邪魔されないで民族政府が独自に国民経済を設計・運営設計するというものです。

真性アホサヨクの引用群。

http://www9.big.or.jp/~cumy/sayoku/
左翼がサヨクにさよく時

21 :コンジローム暦4年 ◆777/JR.dRw :2005/11/04(金) 19:25:52 ID:mu8qxDAY
土井たか子→李高順(帰化前の本名)北朝鮮に親族多数
五島昌子(土井の秘書)本名、渡辺昌子は通名、つまり、在日朝鮮人(元社青同活動家の話より)
辻元清美(帰化人、赤軍派)
筑紫哲也(→朴 三寿:元朝日記者、共産キャスター)
本多勝一(→崔 泰英:「南京大虐殺」虚報の中共工作員記者)
佐高信 (→韓 吉竜:極左評論家)
福島瑞穂(→趙 春花、帰化前の本名:中核派)
永六輔(帰化人。反日活動、言動多し)
・・・

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/5602/column/oum.html
 よくネットで出回っている話だが,社民党の福島瑞穂幹事長が朝まで生テレビに出演して,その日のテーマ「警察官の拳銃使用について」司会の田原総一郎と福島瑞穂の会話.

福島バカ 「警察官の拳銃使用は絶対反対.犯罪者と言えども人権はある訳ですしぃ〜,
犯人には傷一つ付けてはいけない.例え凶器を持った凶悪犯と言えども警察官は丸腰で逮捕に向かうべき」
田原 「そんな事して,警察官が殺されたら?」
福島バカ 「それは警察官の職務ですしぃ〜」
(「ええっ〜!」と言う驚きの声がスタジオ中に響き渡る)
その声にまずいと思ったか福島が続ける.
福島バカ 「それに犯人がそんなに抵抗するんだったら無理して逮捕する必要は無いと思うんですよぉ〜,逃がしても良い訳ですしぃ〜」
田原 「じゃっ,逃がした犯人が別の所でまた人を殺したら?」
福島バカ 「それはそれで別の問題ですしぃ〜」
(他のパネリストの「おい,おいっ」という声と共にスタジオ中に失笑が漏れる.)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061022-00000003-ryu-oki
PAC3撤回を要求 沖縄市で県民大会
【中部】地対空誘導弾パトリオット・ミサイル(PAC3)の米軍嘉手納基地と同弾薬庫内への強行配備に反対する県民大会(主催・平和運動センター、新嘉手納基地爆音訴訟団、普天間基地から爆音をなくす訴訟団、統一連、平和市民連絡会議、中部地区労)が21日午後、沖縄市野球場前広場で1200人(主催者発表)が参加して開かれ、同ミサイル配備に反対する大会決議を採択した。主催6代表は「配備は基地機能強化であり、容認できない」と配備撤回を求めた。 崎山嗣幸平和運動センター議長は「ミサイルは県民ではなく米軍と嘉手納基地を守るもの」と厳しく批判し「防衛の名の下に新たな基地建設と機能強化がなされようとしている」と訴えた。
 沖縄市の東門美津子市長は「地元への説明もなく、一方的に配備が進められている」と糾弾し「住民の生命と安全、暮らしをあずかる首長として怒りを一緒に受け止め、国や米軍に抗議していく」と訴えた。野国昌春北谷町長、伊波洋一宜野湾市長、新垣邦男北中城村長は
「配備は機能強化につながり、容認できない」と反対した。
 続いて政党や市民団体の代表らが連帯あいさつや決意表明をした。大会終了後、参加者は嘉手納基地第2ゲートまでデモ行進した。
(琉球新報) - 10月22日10時7分更新

http://www13.ocn.ne.jp/~hmpiano/subsab82tennouke_bujoku.html
天皇・皇后両陛下と悠仁親王殿下を笑いものにする集会があったそうですね。
ブログで見つけた記事を紹介いたします。元ネタは週間新潮12月7日号の記事とのこと。
・11月19日。日比谷公会堂で開かれた『週刊金曜日』主催の「ちょっと待った!教育基本法改悪  共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」。
2000人近い観客の前で、悠仁親王は「猿のぬいぐるみ」にされ、天皇陛下のご病気もギャグにされる芝居が演じられた…。

 本田勝一編集委員の挨拶から始まった集会。
司会は、同誌発行人でもある佐高信氏だ。
 「今日はとても高貴な方の奥さんに来ていただきました」
佐高氏がそう言うと、しずしずと美智子皇后を真似たコメディアンが出てきた。
顔面だけおしろいを塗って女装した男である。会場は拍手喝采だ。
 「多くの国民が集まっている中、なんの集会だかわかりませんが」
と切り出すと、大きな笑いが起こった。

うーさんの提案はある意味北朝鮮の歴史に似ております。
金持ち:アメリカ、韓国、日本:が
ワーキングプアの北朝鮮に五十年以上も金をくれてやった。
しかしいつになってもGNPは上がるどころか右下がりっぱなし。
キンちゃんばかりのせいではないと私は思いますが。


一方に、
競争→再配分前の格差拡大する→全体的に豊かになる
という仕組みが無くて、
公平→再配分後の格差縮小する→個々人が豊かになる (デマンドサイド共産主義)
をやってみても、そりゃ、駄目ですよ。
posted by 美国日本 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

re 少しかいま見えた 民主党の FTA 戦略

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/420

今回は新聞記事の部分についてです。

読売新聞社説より
参院選後の政局混迷で税財政改革には逆風が吹き、二つの大きな懸念が浮上している。

一つはバラマキ型の予算配分が復活することだ。10日前後に決まる08年度予算の概算要求基準が試金石だ。公共事業費の3%削減や、社会保障関係費を自然増に比べ2200億円近く抑える路線に与党内の反発が強い。民主党の農業補助金案なども歳出の増加要因となる。
だが、票目当てで予算バラマキに逆戻りしても持続した経済成長は望めない。財政の厳しさや良好な経済環境を考えれば、削減努力を緩めてはならない。民主党も予算改革や財政健全化の姿を早く示すべきだ。
-----------------

今回の参院選で自民が敗北したのは、地域間格差が原因一つだという理由から、「公共事業を復活せよ」という声が同党内で沸き上がっています。


地域間格差は確かにありますが公共事業を復活することはマズイですね。
下記に説明されているように地方バラマキに公共事業を使用したことによって、70年代にGDP成長率(特に資本ストックによる部分)がガタオチになったのですから。

公共事業でないバラマキであればOKです。
それは、なんのことはない、消費者に対するバラマキです。
消費者に対するバラマキは決してGDP成長率を下げないばかりか、消費率が上がるので,むしろGDPは成長します。
しかし、その財源が小泉改革のための財源を食ってしまったら成長が止まります。
ではどこから財源を持って来るのか、それはお金持ちのところに余っているお金です。
お金持ちのところと言っても、それは企業ではない。なぜなら企業のお金をへずったら経済が衰退するからです。したがって、お金持ち個人のお金が財源にならざるを得ない。

高度資本主義の行き着く先は共産主義。

といってもソ連や東欧のような馬鹿なことはしない。
生産面は益々厳しい資本主義で、生活面だけ公平。
公平といっても適度な格差があってしかるべきですけどね。
どの程度の格差が良いのかという理論は一応できている。
でも、そんなものは目の子算で充分。

この社説で言っているように、格差解消のためということで、むだな公共事業をおこなったり、予算バラマキをしたりすれば、「持続した経済成長は望めない」。経済成長がなければ、福祉のための財源を確保できないということになります。

公共事業でないバラマキ(消費バラマキ)であればOKだということになります。
財源はお金持ち個人。

60年代日本は高度経済成長期にありましたが、70年代に入って成長率がその半分に落ち込み、早くも低成長期に入ってしまった。これは、田中角栄の経済路線が原因だったという論があります。田中角栄は、列島改造の旗の下に地域格差を解消を目的とした施策を打っていくわけですが、そのことが日本の高度成長を終わらせた。

60年代の高度成長期には、日本は効率のよい分野に資源を傾斜配分していったわけですが、田中のもとでは、地域間の格差解消のためとしてむしろ効率の低い地方に傾斜配分していった。
そのことが、早くも日本の高度成長を終わらせることになった。あきらかに、田中の経済路線は誤っていたと思います。その路線が実に小泉の登場まで変えられず、続けられてしまった。

なるほど、そうですね。
経済成長への貢献度が小さい産業(地方への公共事業)に投資すると経済成長が衰退するということですね。

また、地方への公共事業はたとえ経済成長への貢献度が大きくても経済成長を殺ぐことがあります。

●X非効率=競争排他的な企業による無駄使い・コスト低減努力不足
●レント・シーキング=競争排他的な地位維持のための無駄使い(政治献金など)

公共事業という建築土木技術面と共に、こういう社会的な無駄が生じたのが70年代ではないでしょうか、計算したら正確に解りますけど。

公共事業を増やせという声は、おもに自民党の一部と、国民新党から出ています。国民新党の亀井は、その財源は大企業だと何度も明言しています。要は、大企業という生産効率の高い分野から取ってきて、それを効率の低い分野へ投下せよという御託宣です。これでは、田中角栄路線への逆戻りです。

無茶苦茶なことを言いますね、旧自民党と国民新党は。
大企業は一般的に効率がよい産業なので、ここからお金を取ったら経済が小泉以前に衰退することは必定。やめて欲しいですね。

福祉財源を確保するためには経済成長が必要です。経済成長を実現するためには、効率の高い分野への重点的な資源配分が必要です。

そうですね。

ということは、地方がその経済効率性を自立的に自らの努力で高くしなければならないということでもあります。

別に努力させなくても儲かるように需要を作ってやるだけでも上手く行くはずです。
ただし競争制限的になってはいけない。(X非効率、レント・シーキング)
地方住民にお金を与えれば、その地方の産業は新たにお客様ができるのだから儲かる。
儲かれば設備投資できるから生産性が上がって経済成長が始まる。

土地バブルとか株バブルとか、妙なものにお金を使わせない必要がありますね。
もっとも、貧乏人にお金をバラマクのですから、そういう心配は少し小さいですが。

地方の産業を更に成長させる為には、その地方の住民の消費だけに頼らず、他の地方、特に、都市部に売り込まなければならない。(産業の選択と集中)
結局、地方の農民だけではなくて、都市の貧乏人にもお金をバラマク必要があります。

では、地方の経済をどのように効率の高いものにすればいいのか、それには地方と地方に間に競争の導入することだ、そのためには地域の自立を高めること、そしてそのためには道州制の導入と財源の地方への移管が必要だ。また、高速道路料金を安くし、輸送コストを下げることも有効です。地方は元々土地代が安いので、輸送コストが下がれば、製造業が工場を土地代の安い地方に設置するメリットが出てきます。

なるほど、高速道路無料化ですね。

地方交付税による地域間財政調整は70年代に入って重点的に行われるようになったということですが、そのことがむだな公共事業の温床になったのではないか。地方交付税は、首都圏の黒字を地方に配分する政策ですが、これだと地域住民は自分たちの税金という意識が持てない。国が与えてくれた金、上から降ってきた金、そんな感じでしょうか。
自分たちの税金という意識がなければ、それがどう使われようと知ったことでないということになります。箱物の建設、いいことじゃないですか、どんどん作ってくれ、ということになります。どうせおれたちの金じゃない。

まあ、税金に対する意識とかそんなに堅苦しい考え方をしなくても、消費者が好きなものを買えば良いのではないでしょうか。

地域間の競争を導入することで、経済効率の高い地域と低い地域がはっきりわかれるようになる。地域間の優勝劣敗。そうなれば、人口は経済効率の低い地域から高い地域への移動する。人々がより経済効率の高い地域へと流れれば、経済成長に寄与します。
このようにして、経済効率の高い地方の各都市に人口が集約していけば、サービス産業などの第三次産業をさらに発展させることになり、雇用を生み出すことにつながる。


人口が減っていくのだから、人口集中をさせる方が良い面もありますね。

おそらく製造業ではこれからは多くの雇用を生み出せないと思われます。サービス業で雇用を創出するしかない。

でも、サービス産業は(運輸・ガス・電気などは別として)ものを生産しないで所得を分配する機能しかないのだから、こればっかり発達しても困るんじゃないのかな。
必要な外貨を稼ぐ最低限の製造業(高品質・高価格・部品生産・設計部門など)は必要ですよね。

まあ、放っておけば必要な部門に投資されていくのが経済の常ですから、気をもむこともないでしょうけど。

そのためには人口が移動して、各地域の都市部に人が集ることが有効です。サービス産業は人口が集約していればいるほど、有利です。過疎地ではコンビニですらなかなかやっていくのは難しいかもしれない。人口が一定の地域に集約すればするほど、そこにさまざまなサービス業が成り立ってきます。そうすることで雇用が創出されます。

労働だけではなくて消費生活も変わっていくということですね、なるほど。

格差を解消しようとして、バラマキをやれば、人口移動を抑制することにつながる。というのは、バラマキによって今住んでいるところでも何とか生活できるのであれば、ほかに移ろうという動悸が薄れるからです。ですから、地域間に競争をさせて、地域間の差をはっきりつけて、人口移動を促したほうがいい。


労働者の移動については、そのとおり、バラマキは逆効果です。
一方、金のあるところに資本が移動するという別の流れもありますね。労働者の移動より資本の移動のほうが早そうな気がしますけど、いかがでしょうか。
地方にコンビニとか娯楽施設(観光も)ができて行くのかな。
それはそれで旧資本(土建など)が、今度は正当な経済的根拠を持って再度発展するから良いことだとおもいます。
そういう意味でバラマキ(消費者個人)を頭から否定できないと思います。

人口・資本、どちらの動きにしても、すでに人口や資本が集積しているところは最初から有利ですね。

それと、バラマキは働く意欲を弱める。よって生産効率が低下し、しいては経済力を弱め、結果として福祉の財源を減少させることになります。


バラマキは働く意欲を弱めるとは考えられない。むしろ高まるでしょう。
ある程度所得を保証したほうが、学習意欲・向上意欲が高まる。
経済成長への貢献率は資本ストック>技術力>労働力ですから働く意欲が減少しても生産効率が下がる程度は大したことはない。

なんて、あてずっぽうを言ってないで実際に予測計算しないといけませんけどね。
まあ、そのうちに。

福祉国家と言われる国が陥るジレンマがここに見て取れますね。福祉を重視しすぎると国民の働く意欲が失われ、経済力が低下し、福祉のための財源自体が失われていくというプロセスは、まず例外なくどの福祉国家にも共通しています。

現在は福祉がカットされて、かえって労働意欲(向上心も含めて)が低下していそうな気がします。これも、要計算。

競争→格差拡大するが→全体的に豊かになる
公平→格差縮小するが→全体的に貧しくなる

一概にそうではないとも言える。

正確に言うと、
競争→再配分前の格差拡大する→全体的に豊かになる
公平→再配分後の格差縮小する→全体的に貧しくなる、とは言えない

なぜなら、再配分前の格差と再配分後の格差は別物。
二つを同時に実行できる。

再配分後の格差縮小は、国際資本に邪魔されないで、民族政府が独自に設計できる独自の範疇ではないのかな〜〜

参考:
http://www.res.otemon.ac.jp/~murakami/lecture-note15.htm
実質GDP成長率の寄与度(成長会計)

http://www.res.otemon.ac.jp/~murakami/lecture-note18.htm
競争政策part 1

http://www.res.otemon.ac.jp/~murakami/lecture-note21.htm
所得再分配政策 Part2
posted by 美国日本 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

re 少しかいま見えた 民主党の FTA 戦略

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/417

政治家は FTAということばすら使わない。なぜか。農業関係の人々が反対しているからです。新聞のサイトをじっくり読んでいると、農業団体がFTAに反対しているという記事がちらほら見えています。だから、政治家はあえてFTAということばすら出さない。

三ちゃん農業ならぬ三農主義という言葉があります。(さる外国から拝借)
農村・農民・農業を大事にしようねという政策です。
この三つで少し考えてみます。

日本の農業は、三ちゃん農業と言われて久しいのに、自民党はほとんど何もしてこなかった。

農村・農民・農業で言えば自民党がやってきたこともあるし、やっていないこともあります。

そのうえ、大規模専業農家以外には補助金を出さないという方針を決めたことから、これではほとんどの農家は立ちゆかなくなると言う危機感が今回の参議院選での敗北につながったと言えるでしょう。

大規模専業農家に限って補助金を出すことは農村・農業のためです。
全ての農民に補助金を出すことは農民のためです。
農民から農村・農業に補助金を切り替えたら、そりゃ、農民は反発しますね。
それが「今回の参議院選での敗北につながった」ことに同意します。

農村・農業はサプライサイド(事業者)で、農民はデマンドサイド(生活者)です。
後述にあるように菅直人は小泉改革論者ですから、農民に補助金を出すことは矛盾するのですが、サプライサイドとデマンドサイドは別物と考えれば、一応、筋は通ります。
自民党はアホ、民主党はお利口さんという訳です。
(都市部が黙っちゃいませんけどね)

農地改良事業にしても、農家のためではなく、役人どもと土建屋のための土地改良事業であることが農家の人にもわかってきた。

いいえ、農民のためでもありました。そうでなきゃ土建屋のみならず農民が旧自民党を支持する訳がないじゃありませんか。
市街化調整区域以外は農民は道路用に土地を売れますから。
農道であれば田んぼの真ん中を通ることになりますよね。(市街化調整区域)

売れる土地は限定されるのですが、そこは「先生」が上手く調整したものです。
「役人どもと土建屋」にお金が流れたことも事実ですが。

役人どものことは知りませんが土建屋に入った金額は「先生」には筒抜けですよ。
それも含めて農民に公平に分配されました。公平といっても「先生」の縄張りの中だけですけど。私の父がそれで大金を手に入れたことは以前にも申し上げました。
家一軒ぐらい簡単ですよ。(どのMLだったか忘れましたけど)
まあ、あまり威張れることじゃないですけどね。

菅直人が民主党党首のとき、高速道路無料化をぶち上げたことがある。
その実現性はともかくとして、こういう政策をあえて言うところにも、管が単になる所得再配分主義者ではないことを示していると思う。地方を活性化するためには、輸送コストを下げることが必要だ。

高速道路無料化に限定しないでも菅直人は小泉改革論者ですね。
と言うより、経済構造改革では民主党の方が先輩でしょう。
小泉さんが「一緒にやろう」と言ってましたね。

http://www.n-kan.jp/file/99daihyousen/kouyaku.htm
日本再生への挑戦
 〜「チャンスのある国・日本」を目指して〜  衆議院議員 菅直人


これで安倍さんも菅さんも小泉改革論者であることが解りましたので協力して反改革派を粛清していけますね。

ただ、自治労・官公労の支持を受けている民主党の部分(旧社会党)ーー大部分公務員改革はできないだろうな〜〜

また安倍・菅ともに小泉改革に抵触するような政策(サプライサイドで給与規制)を持っているので、これはやめないといけませんよ。そんな危険な案より所得分配というデマンドサイドの政策の方がどれだけ安全なことか。

所得分配というデマンドサイドの政策が確立できれば、抵抗なしに公務員改革ができるのですけどね〜〜

これについては、自民党は一笑に付したけれど、他の先進国では皆高速道路は無料なのに、なぜ日本だけができないのか。
これは道路公団という天下り先と、天下り先から膨大な政治献金という名の賄賂を受けている自民党の輩がそれでは困るからに他ならない。

道路公団や政治家だけではなくて土地の所有者(農民など)の手も相当汚れていますよ。
みんなで渡れば怖くない、みんなで揃って手を汚そう、てなもんです。
そうでなきゃ農民票が雪崩を打って自民党から離れる理由がないもの。

まあ、農民は生活者であるだけではなくて生産者ですからお金が手に入ったら、農具を買うなりして農業のためにもなります。

ですが公務員・準公務員・政治家は「遊び人」ですから、こんな奴等に金をやる理由はない。

高速道路とて土地の所有者がある訳だから、似たようなことで、みんなで手を汚しているのでしょうね、これは私は知りません。

政治献金・・・政治とカネが大問題のように言われますが、こんなはした金より、本当は政治と労働組合の癒着の方が大問題なんですけどね、自治労で明らかになったように。別に自民党の肩を持つ意味ではなくて、政治家は党には関わりなく「汚れ物」だということです。(既に汚れている、これから汚れるか)

また農民も(と言うより国民の多くは)同様に汚れた存在ですから投票者自身が変わらなきゃ自民党も民主党もないはずですけどね。自治労と民主党は汚れていないって?
そんなアホな。汚れ切っているじゃないですか。

政治とカネ、政治と労働者の癒着を公平に自民党と民主党ともにウォッチしましょう。

汚いカネ、汚い労働組合にオサラバして小泉改革を進めるためには自民党・民主党ともに小泉改革派を立ち上げて合体して新党を作らないと人数が足りないのではないでしょうか。

全て高速道路を無料化して、高速道路にへばりついて甘い汁を吸っている途方もない人員を他の経済活動に当てたら、その方がどれほど国益に結びつくことか。

賛成ですけど、高速道路の黒字はどれぐらいですか。 (後で調べますけど)道路料金もありますが、不明朗な点ではガソリン税などの特別会計の方が大きいと思います。

自民党政治というのは、自分たちの利害しか考えない政治なのだと言うことが、愚かな国民にもようやく見えてきたと言うことなのだと思いますね。


民主党の汚れた部分は(野党であったために)今は見えない状態ですが政治とカネ以上に危険なものがこれからドンドン見えてくるということも覚悟しておかないと政治とカネの二の舞になると思いますけどね。

単に地方に補助金を出すくらいなら、地方の空いている高速道路の料金を無料化とはいかないまでも、できるだけ下げたほうかいい。でも、おもしろいことに、地方の政治家で、地方の高速道路の料金を下げてくれと陳情するひとはいないんですね。
公共事業を削減されることに文句をいう地方の政治家がいるにもかかわらず、高速道路の料金を下げろという地方の政治家がほとんどいない。


それは政治家が経済(特にサプライサイド)を知らないからだと思います。

地域間格差を解消する手だとしては、輸送コスト下げることが有効なはずですが、

そのことをいう地方の政治がほとんどいない。たんに、かれらは「くれくれ」政治家なんですね。「金くれ」政治家です。ほんとうに地方の経済力を高めることによって自立を目指すのならば、輸送コスト下げなければそれが可能でないことが意識されるはずだ。
「金くれ」政治家と言う言い方も出来るかもしれないけれど、自民党というのは単なるたかり屋集団に過ぎないのですよ。

「金くれ」政治家・たかり屋集団とは言え、金融によって地方経済を支えてきたという面もあるわけで「何でも潰せ」だけで物事を進めては危険ですよ。
現に小泉改革(サプライサイド)だけでは経済が中々上手く行きませんね。

自分の懐を暖める目的ではなくて、地方経済のデマンドサイド政策として、「金くれ」政治家・たかり屋集団も必要でしょう。

それと、国際金融資本(サプライサイド)の横暴を許さないためにも強固なデマンドサイド運転技術が国民経済として求められていると思います。

それにたいして、菅直人がかつて高速道路料金の無料化を言ったということは、
管がそれらの政治家とは違う問題意識をもっていること示している。

全く同感。


全く同感。

その効果はどれぐらいのものですか。


posted by 美国日本 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/429

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致にあります。

この文明定義においてタリバーンは文明ですか、野蛮ですか?

彼らには彼らなりの文明があるのは当然で、その文明についてどちらが優れているかなどと言うことの判断を下すことなど出来るはずもない。

これでは全然議論になりませんね。
私は文明論一般ではなくて、ここに定義するような文明についてタリバンを評価してくださいと言っているのに、全然、人(異なる意見を持っている大事な人)の言うことを聞かないのですね。文明人じゃないみたいですね。

わたしの視点では、これは正統性の問題ということになります。
正統性とは、恣意的なものです。ただし、どれだけ必然的なものと感じられるかが重要ですが。

例を言えば、秀吉が亡くなって、徳川と豊臣方が争うときに、豊臣方は秀吉の後継者であることを正統性の根拠にした。そうすることは恣意的ですが、それがどの程度説得力があるかということが問題です。
それと、もう一つ重要なのは、その正統性をどれだけの勢力が支持しているか。
いくらその状況での正統性に説得力があっても、それを支持する勢力が弱ければ、空念仏に過ぎなくなります。

正統性(正当性)主張における、二つの有効成分、必然性と説得性ですね。
テロ戦争の必然性、本音のところでは文明の対立だと思います。現に敵側はキリスト者を殺すことが目的だと明言しています。
でも、それではキリスト教でもイスラム教でもない民族への説得性が得られないので、対テロ戦争という考え方を採用したのだと考えられます。これで説得性は向上しますが必然性が低下します。

従って、キリスト文明vsイスラム文明という単純な対立ではなくて「文明の対立に暴走する文明」vs「文明の対立の暴走を許容しない文明」という文明の対立の構図が、文明の対立というパワーを失わずに、丁度良い湯加減なのではないかと思います。前者がイスラム文明・テロリスト文明です。

前回投稿から引用。(国連討議での一節)
「Terrorists had misused religion and ethnic identity to widen the gap between cultures.
テロリストは宗教と民族のアイデンティティを誤用したがために文化のギャップを広げてしまった。

これは宗教と政治を混同して異なる文化を対立的にしてしまった、
すなわち政教未分離は文化(文明)に相反するという意味でしょう。」

「政教未分離は文化(文明)に相反する」、これが下記に採用されています。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・ 『政教分離』・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚

アフガン・イラクでは野蛮国を崩壊させることに成功しましたが、文明国として再生することに国際社会は成功していません。イスラムは上記の文明定義に悉く反しているのですから、多分、誰がどれだけ努力してもイスラムの文明化は不可能ではないでしょうか。そんな無駄な努力はやめて、賽の河原の石積み、野蛮国家を崩壊させ、またまた台頭してきたら崩壊させるという安易な対策があっても良いのではないかと思います。崩壊させるのは簡単ですから。
イスラムが「これでは堪らん」と反省して野蛮の要素をみずから一つ一つ駆逐するまではなんとも致し方ないのではないでしょうか。

いま、安部さんは価値観外交を展開しています。民主主義国家であることに正統性を見ようとするものです。
これはこれで一定の効果があると思います。
というのは、中国は過去の問題を正統性に絡めて使ってきたので、それに対抗して民主主義の問題を持ち出すのは
うまいやり方だと思います。ここでは、民主主義というのは現在の問題です。過去に対して現在を持ち出すのは、うまいやり方だと思います。おそらく誰か知恵者がいるのでしょう。

私は安倍さんのこの外交を、麻生さんの外交も含めて評価しています。
戦後数十年、この日本はいったい何者だったんだという不満を一挙に解消してくれるものです。
多分、そのきっかけは北朝鮮という古今東西稀に見る悪徳国家の出現であったと思います。
古今東西稀に見る悪徳国家・・・アメリカにとってはアフガン・イラクがそれでしょう。

ただ、民主主義だけではないですね、日本が日本たる所以、アメリカがアメリカたる所以は。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚

中国は過去の問題を正統性に絡めていますが、それは現在に対する過去であるだけではなくて、事実立脚に基づかない過去です。これも攻めなければならない。

野蛮国家中国を攻める手立ては、法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・平和と安定・国際貢献・・・なんぼでもあります。

これらをひっくるめれば、日本は先進国連盟に属しているのに対して、中国は野蛮国連盟に属しあるいは構築しようとしているという、(必然性に対して)説得性があります。
中国が構築しようとしている野蛮国連盟の中に先進国連盟のメンバーが含まれようとしているなら先進国連盟としての説得性を我々は失いかねない。

安部さんの価値観外交は、中国の過去に対抗するという点で評価しますが、やりすぎると副作用もあります。
たとえば、これにベトナムが反発しているということがあります。さっき言いましたように、正統性は区分けするので、その区分けされる側に親日国も含まれてしまうというケースが出てきます。ベトナムのような比較的親日国をむやみに反日してしまうということがあれば、ひじょうに残念なことです。


ベトナムが民主主義国ではないので反発しているのでしょうか。
その他、ベトナムは下記のどのような点で野蛮国なのでしょうか。
文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚

文明の要素の全部をアジアの後進国に求めるのは無理でしょうから、いくつかが満たされれば仲間と考えても良いのではないでしょうか。どこまでを仲間として差別的に経済支援するのかがポイントでしょう。

それと、小池百合子がワシントンを訪問したときに、この価値観外交を提起したら、アメリカ側から中国を刺激したくないといわれて、拒否されたということが記事になっていました。


アメリカが中国を刺激したくないとすれば
1.経済発展
2.対テロ戦争
があるのかもしれませんね。

1.は多分、純正アメリカ国家の考え方ではなくてアメリカの中に侵食している国際金融資本のものではないでしょうか。国際金融資には文明・野蛮の区別がありませんからね。
中国は対テロ戦争にどれだけ貢献しているのでしょうね。中国の現在の国土は侵略によるものもあると思うのですが。(周辺部)

安部さんの価値観外交、やはり、それを支持する勢力としてアメリカを欠いていては十分な効果をもちえないでしょう。

それはそうですね、説得性に対してアメリカの賛同は大きな比重がありますから。

この主の価値観外交には二種類の立場があると思っています。

1)
その価値(正統性)を心から正しいと信じている。よってそれに固執する教条的な立場。ネオコンなど。
2)
その価値(正統性)を道具として自国の利益のために活用する立場。リアリストの立場。マキャベリ→キッシンジャーの系譜

キッシンジャーによれば、アメリカというのは19世紀、ヨーロッパの政争から隔たっていたので、自分たちの民主主義がそのような権力闘争とは無縁に成立しうる生得的なものであると信じ込む習性があるみたいなことを言っていたような記憶があります。
アメリカ外交は、実は 1)と2)の間を行ったり来たりしている。

キッシンジャーは、
1)を幼稚だと言ったわけです。これは、toshiさまが「幼稚だ」と言うのと脈を通じるものがあっておもしろい。(笑い 要は、こういう外交の行き方は幼稚だと、キッシンジャーは批判した。
事実、自国の利益のためにはキッシンジャーは共産中国ともソビエトとも妥協した。

わたしも、2)の立場です。つまり、リアリストの立場です。

私も2)です。普通、そうじゃないですか。
2)の立場であればあるほど、逆に1)的な見せ掛けをしますよね。
でもまた、1)的に突進すれば基本思想を理解されやすい面もあります。

要は、正統性というのは大事ですが、まるっきりそれを信じ込んでやるのか、それとも一歩距離を置いて、それをどう国益のために活用するか、といういき方の違いがある。
後者をリアリストというのでしょう。

安部さんの価値観外交はそれなりに正しいです。中国の「過去」に対して「現在」を対置することになるから。
それがうまけゆけば、中国の主張する「過去」問題とどっかで妥協することも可能になるかもしれない。
つまり、取引です。
ただし、どの程度有効かはアメリカという力に依存している。そして、いまのところはアメリカは後ろ向きです。
それと、やりするぎといたずらに他の国を日本から遠ざけるとことになりかねないので、注意深くやることが必要だということになります。(リアリストの立場として)

同感です。

でも、まあ、原理原則が一体何なのか解らない状態で国際政治に流されてきたこれまでの日本ではないことは評価できます。
posted by 美国日本 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/418/latest

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致にあります。

この文明定義においてタリバーンは文明ですか、野蛮ですか?

彼らには彼らなりの文明があるのは当然で、その文明についてどちらが優れているかなどと言うことの判断を下すことなど出来るはずもない。だいたいタリバンがど

これでは全然議論になりませんね。
私は文明論一般ではなくて、ここに定義するような文明についてタリバンを評価してくださいと言っているのに、全然、人(異なる意見を持っている大事な人)の言うことを聞かないのですね。文明人じゃないみたいですね。

返答がないのですが世の中の常識で考えてこの定義においてタリバンは野蛮だとします。
(もし反論があれば言って下さい)

世の中の常識とはなにか? それはタリバンは、
民主主義でない(なぜなら普通選挙がされていない)
法治国家ではない(なぜなら非宗教家による議会がない)
自由主義(民力重視)ではない(なぜならタリバンに反する人民を内戦で殺害した)
人権重視ではない(なぜなら自爆テロを実施している)
公平ではない(宗教家が特権を持っている)
政教分離されていない(なぜなら宗教学校を持っている、ファトワを発行している)
部族軍が廃止されていない(その一部がアルカイダだったのです)
平和と安定を無視した(なぜならアルカイダを差し出せば戦争しないと言うアメリカの要望を無視した)
繁栄していない
国際貢献していない(反対に麻薬を栽培して国際社会に反抗した、テロリストを匿った)

るかなどと言うことの判断を下すことなど出来るはずもない。だいたいタリバンがどのような文明を持っているかなんて、漠然としたものしかみんな持っていないはずで、はっきりわからないものに優劣なんてつけられるはずがない。

上記の文明論から導かれるタリバン=野蛮という結論と、別の文明論があるならば、その文明論による結論の相違点を考えることができるはずですが「タリバンがどのような文明を持っているかなんて、漠然としたものしかみんな持っていない」と言って逃げてしまっている。

自分なりの考え方を披露しないで、他人の意見を闇雲に罵倒しているだけじゃないですか。
その上で、またしても個人攻撃・人格非難を繰り返している。
まじめな討論者の取る姿勢ではありませんね。

議論の仕方
上記のように自分の言説の中に相手の言説を分解してとりこんで、それがどうなんだと表現する。
根拠(引用)を明示する。
引用がなくて新説の場合は、(探せば、なにか引用できるかも知れませんが)
 自分の言説のよって立つ物差しを明示する。
 もしXXならYYであるというように論理展開を明らかにする。

野蛮かどうかについては、アメリカと同じ程度と言うしかない。

私は野蛮から(どのような定義であれ)文明に向かって人類が進歩していると考えているのですが貴方は文明と野蛮は関係なく存在していると考えておられるのですか?

野蛮=殺戮という定義ですか?
そのような定義なら、わざわざ野蛮を定義しなくても殺戮という概念だけで十分ではありませんか?
また、それでは文明とテロの関連性が掴めないので有用な定義ではありません。

国連ではCivilizationとTerrorismを関連付けていますよ。

9.11テロの後の国連会議
http://www.thefreelibrary.com/UN+Year+of+Dialogue+Among+Civilizations-a087706546
UN Year of Dialogue Among Civilizations

Delegates from several countries took the floor to denounce the attacks as counter to the universal values of tolerance, liberal and inclusive democracy, and the rule of law. Others urged the United Nations to conduct the dialogue with the purpose of removing the negative impact of cold-war mentality from international relations and promoting the principles of equality and democracy in its place.

9.11テロが文明の対立として第二の冷戦に向かわないことを第一の狙いとしています。
異なる文明は平和共存しなければならない。忍耐・自由・民主主義・法治を推奨して、逆にテロリストを完膚なきまでに非難しています。
これはどういう意味でしょうか。異なる文明は平和共存しなければばならないのにテロリストの文明はそうでないということになるではないですか。

Terrorists had misused religion and ethnic identity to widen the gap between cultures.

テロリストは宗教と民族のアイデンティティを誤用したがために文化のギャップを広げてしまった。
これは宗教と政治を混同して異なる文化を対立的にしてしまった、すなわち政教未分離は文化(文明)に相反するという意味でしょう。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
という私の物差しは国連の考え方の中に殆んど採用されていることなのですよ。(これは事後的に発見しました)

なぜこんなにも合致するのかというと「文明人」が考えることは大して変わらないからではないですか。
野蛮という用語がお嫌いなら「非文明」と呼んでも差し支えないですけど「野蛮」の方がわかりやすいではないですか。

貴方は、どうもアメリカとか自民党がお嫌いである余りに、人の論理を捻じ曲げる癖がおありのようですね。文明人として少し恥ずかしいのではありませんか。

こんな簡単な質問であれば、答えられるでしょう?
もし答えられないのであれば、貴方の定義でもってタリバーンは文明ですか、野蛮ですか答えられますよね。

タリバンは野蛮で文明などと言うものとは無縁で、アメリカは文明国なので野蛮ではないと言いたいのでしょうが、いざ戦争となったら、アメリカの方がよっぽど野蛮で残虐だと言うことが出来る。

何度も言いますが、
文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
という定義が第一義であって、この程度が低いことを「野蛮」と呼んでいるのであって、野蛮=残虐などと同義語反復に近い定義は無意味ですよ。

「アメリカの方がよっぽど野蛮で残虐」ということは殺戮の数から言えばそうかも知れませんね。でもそれは表層的な理解です。文明が低いから負けて殺されるとも言えるのですが、それでは味も素っ気もないので、政教未分離→ジハード→テロ→戦争→殺戮
なんですから、政教未分離というイスラムの野蛮性(非文明性)が殺戮の原因であると、論理展開した方がスマートです。
結果論的に私はアメリカ擁護になっていますが結果ではなくて論理展開に価値があります。

国連の討議でも政教未分離(具体的には宗教の誤った適用)を非難しているじゃないですか。
多分イスラムには「宗教の誤った適用」という意味が解からないでしょうね。
解からないからと言って(アホだからしょうがないと言って)済まされることじゃないでしょう。
それでは国連の文明主義は何処へ行ってしまうのでしょう。

あなたは知らないだろうが、嘗て、アメリカがこの国のありとあらゆる都市を焼夷弾で焼き払ったことがある。

そんなことは全然関係ないではありませんか。
なんでもそうですが、悪い現象(殺戮)→その原因は何か→対策という秩序だった思考が求められるのであって、悪い現象(殺戮)→対策(殺戮を止める)では対策にならない。

あるいは、あなたはアメリカの殺戮をできるだけ多く言い募りたいだけなのでしょうか。

私は「アメリカ人イコール文明人で、文明人は正しいことしかしない」なんて一言も言っていませんよ。
言っていることは政教未分離→ジハード→テロ→戦争→殺戮ということだけです。
結果的にはアメリカの殺戮の弁護になっていますけど、結果ではなくて倫理展開が重要なのです。

野蛮→政教未分離→ジハード→テロ→戦争→殺戮
中抜きで考えると野蛮→殺戮ですね。
(アメリカは)野蛮→(アメリカの)殺戮となりますね。
でもこれは飽くまでも中抜きの論理であって、文明人は 
イスラムは野蛮→政教未分離→ジハード→テロ→戦争→殺戮
(アメリカの殺戮が数では上ですが)
と考えます。(国連の討議と合致している)

「アメリカを非難したものばかりがどっとばかりに出てくる」ことと「タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致」は何の関係もないでしょう?
その中に「タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致」を否定するものがあるのなら、それを提示するのが真面目な議論ではないでしょうか?

「タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致」を否定するものがアメリカ批判論の中にありましたか?  ないでしょう?

私もアメリカの戦争のやり方が上手くないとは思いますが、上手くないことと正義がないことは別問題でしょう。正義はちゃ〜んとありますよ。国連が自衛権としての戦争行為を認めたのですから。

国連イコール正義かと言うことについては、あなたほど単純に子供のような考えで結論を出すことなど出来ない。

だから「国連が自衛権としての戦争行為を認めた」としか言っていないじゃないですか。
国連がアフガンやイラクの民主化まで認めた訳じゃないので、アメリカは出過ぎたことをやっているのかも知れません。(実は国連は戦後復興を全世界に協力依頼しているけどね)

安保理はアメリカ主導で物事を決められることが多いのだから、アメリカがテロ攻撃にあったと言うことになれば、アメリカの攻撃を容認するのは当然とも言える。

安保理はアメリカ主導で物事を決められることはありません、他の4カ国が拒否権を持っているのだから。その中でメリカ主導で物事を決められるというならアメリカは国際正義についてリ−ダシップを持つに相応しい良識を持っているということを示しています。これはアメリカをえこひいきしているのではありません、貴方の表現を言い換えただけです。

そして実際にテロリストだけを攻撃しているのであれば私もやむを得ないものとして容認せざるを得ないのだが、現実にはそうではない。誰も見ていないことを良いことに、アメリカ軍はお得意の無差別攻撃を行っていることは、多くの人が知っている。なんとなれば、アメリカやヨーロッパのメディアに属している人々が、危険を顧みずに戦闘行為が行われた所に赴き、戦闘後の有様を記録し、それを放送しているからだ。

戦闘後の有様を記録するだけで「無差別攻撃を行っている」と言えますか。
不可抗力で民間人の被害が出ることと「無差別攻撃」は別物ですよね。
戦闘後の有様から「不可抗力ではなくて無差別攻撃」と断じているニュースがあれば教えて下さい。多分、あると思いますよ。労を惜しまずに探して下さい。
そこまで突き詰めて発言しないことには、アメリカ攻撃ではなくてアメリカ攻撃批判になってしまいます。

あのような無差別攻撃を受けて殺されている貧しい村人のことを考えたら、とても現状を容認など出来るわけがない。

そういう考え方を、非文明的だと言っておきます。
悪い現象→原因→対策という文明的な思考から、原因が中抜きになっているからです。

上手くないこと。
タリバーンをやっつけたのだからサッサと引き上げればよいものを、新たな秩序を作る必要があると思い込んでしまったのですね。しかも国連がそれを後押しして復興の国際プロジェクトを歌い上げてしまいました。国連決議の何番だったか忘れましかが、もし興味があれば調べて教えて下さい。
サッサと引き上げて、もう一度野蛮な国家(上記の定義による)が誕生しようが、そんなこと関係ないでしょうに。そいつがもう一度アメリカを攻撃したら、またやっつければ良いだけだと思います。

9.11テロに対する反撃としての自衛戦争、湾岸戦争後の国連決議違反への制裁としてのイラク戦争について、米国世論は当初戦争賛成であったのですが、どうも上手くいっていないので米国民が反対に回るのは当然のことであり、当初賛成しておきながら今度は反対するという米国民の身勝手さを代弁するとすれば「サッサと引き上げて、もう一度野蛮な国家(上記の定義による)が誕生しようが、そんなこと関係ないでしょう。そいつがもう一度アメリカを攻撃したら、またやっつければ良いだけだ」という理屈しかないですけどね。
それは「反戦の母」の心情とも一致します。

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1183958138/
【米国】“反戦の母”、ブッシュ大統領の弾劾求め、再び立つ! [7/9]
1 : ◆Robo.gBH9M @ロボ-7c7cφ ★:2007/07/09(月) 14:15:38 ID:???
反戦の母:米大統領の弾劾求めデモ行進開始

イラク戦争で戦死した息子の母親として反戦運動を続け、今年5月に「引退」を表明した 「反戦の母」、シンディ・シーハンさん(49)=カリフォルニア州在住=は8日、「米下院が 2週間以内にブッシュ大統領の弾劾手続きをしなければ、08年の選挙でペロシ下院議長の地元から無所属で出馬する」と明らかにした。AP通信の取材に答えた。
シーハンさんは週明けにもブッシュ大統領の自宅があるテキサス州クロフォードから 反戦を訴えるデモ行進を開始。ワシントンDCに到着する23日までに弾劾手続きを 行うよう求めている。

シーハンさんは「民主党員も米国民も(昨年秋の中間選挙で米議会の過半数を占めた) 民主党のリーダーに失望している。われわれはイラク戦争を終わらせるために彼らを 雇ったのだ」と批判した。ペロシ氏=カリフォルニア州選出=は中間選挙で民主党が 下院を奪還したことを受け、女性初の下院議長に選ばれた。

今年5月、シーハンさんは反戦運動からの引退を表明した。しかし今月初め、イラク戦争 開戦に絡み情報操作に加担した元副大統領補佐官リビー被告が、米中央情報局(CIA) 工作員身元漏えい事件で有罪判決を受けたにもかかわらず大統領から減刑措置を 受けたことなどに反発を強め、運動の再開を決めたという。

世論調査機関「アメリカン・リサーチ・グループ」が今月初めに実施した1100人の米国人を対象とした調査によると、ブッシュ大統領の弾劾に賛成と答えたのは45%、反対は46%だった。リビー被告の減刑措置には64%が反対で、賛成31%を大きく上回っている。

毎日新聞 2007年7月9日 10時57分 (最終更新時間 7月9日 11時46分)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20070709k0000e030026000c.html
【米国】大統領、リビー被告の実刑免除=異例の措置に反発も−CIA漏洩事件 [7/3]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1183424716/
【米国】前国防長官らが減刑嘆願書=「リビー被告は愛国者」 CIA漏洩事件 [6/5]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1181091487/

ここで、何度もブッシュ政権と、アメリカの軍産複合体が一体となって動いているという話をしたのだが、理解する頭がなかったのね。いやはや。

一体、なんのことかと思ったら、下記ですね。
それは一寸ひどい話ですよ。そんなことまで連想せよと言うのは酷ですし、逆に言えば、そこまで敷衍して議論されちゃ当面の討論に齟齬をきたすので普通は遠慮します。
敷衍したければ、ご当人がもう一度言い出すべきじゃないでしょうか。

http://www.freeml.com/argue/13849
Re: フセイン元大統領:死刑執行 「人道に対する罪」で
MLNo. [argue:13849]
差出人: TOMI-さん
"toshi"
送信日時: 2007/01/06 12:49

そのことと、
野蛮→政教未分離→ジハード→テロ→戦争→殺戮
文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・ 政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
は全然関係ないので普通は無視されて当然です。

また、アメリカは民主主義の国ですから産軍共同体や石油資本がどんな考え方であろうと一般国民の意思が最優先されます。
産軍共同体や石油資本の件は面白い話ですが民主主義政治とは無関係でしょう。
「反戦の母」の心情と、その合理化の根拠付けを考える方がアメリカの民主主義政治批判としては適していると思います。
もちろん、それは米国民の深層心理であって政治家は口が裂けてもそんな言い回しはしないでしょう。軍事対決から外交解決・周辺諸国との連携へのシフトという言い回しにならざるを得ない。

根本的には何が悪い?イスラム・テロですよね。イスラム・テロの根本にあるものはイスラムのジハード思想です。

これについては同意するけれど、

ジハード思想→テロ→戦争→虐殺(自爆テロ・宗教戦争・内戦vs空爆・民間被害)
これを認めるならばジハード思想がそのままイスラム・テロになる原因は政教未分離であり、それが国連の討議で非難されていることも解かりますよね。
そしてそれは文明の対立を回避するような(国連が望む)文明に反する文明であることも解かりますよね。
(国連が望む)文明に反する文明・・・それは換言すれば野蛮でしょうが。

テロとの戦いにおいて野蛮国がテロリストの隠れ家になるというのだったら、その野蛮国ごと経済封鎖すれば良いですよね。

あなたの言う野蛮国というのはイスラムの国々と言うことらしいが、日本の原油の9割を中東に頼っていると言うことを知らないのかな。

日本が中東の石油に頼っていることと国際正義とは何の関わりもありませんよ。
関連させるとすれば国際正義のために中東の石油を国連の管理下に置けということになります。環境問題のためには、それが良いかもね。

その結果として周辺の民家の人々が悉く惨殺されるということになり、たまたま報道関係者が近くにいたために、夜が明けてから被害者の状況が報道されるにいたってしまった。しかも、惨殺された被害者の多くは女や子供であったがために、アメリカ国民の非難を受けることとなった。
日本やアメリカと違って、イスラムの家族は大家族なので、おびただしい数の被害者がでた。
こうした行為は野蛮ではないのでしょうかね。

いいえ、因果関係を言えば、野蛮性→政教未分離→ジハード→テロ→戦争→「こうした行為」
であって、根本問題はイスラムが野蛮であることです。

普通の人はイスラムイコール野蛮だ等とは思っていない。

普通の人は、多分、
文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・ 政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
というスキームのなかでイスラムイコール野蛮と理解されていますよ。

ブッシュですら、イスラムとテロとは関係ないと何度も明言している。本心かどうかはわからないけれど。そう言わざるを得ないというのが真実なのだろうが、それが世論というものなのだ。

いいえ、違います。
「すべてのモスリムがテロリストだと思ってはいけない、宗教戦争ではない」ことを示唆しただけのことです。そうは言っても当時は米国民はモスリムを白眼視したようですけどね。あのキチガイ韓国人が大学で銃を乱射したときに在米韓国人がコソコソと逃げ出したことがありました。普通はそういう反応をしますよ。
あながち間違いではない。

http://www.scoop.co.nz/stories/HL0610/S00343.htm
M. Shahid Alam: Muslims = Terrorists
Sunday, 22 October 2006, 2:02 pm
Opinion: M. Shahid Ala

Not all Muslims are terrorists, it also happens to be true that nearly all terrorists are Muslim.
全てのモスリムがテロリストだというのではない。しかし、殆んどのテロリストがモスリムであることも、これまた事実である、偶然とは言え。

アメリカが広島や長崎に原爆を落とし、皮膚がただれている人々に対して包帯などをはぎ取って悲惨な状況を撮影したが、ほとんどの場合写真や記録映画として残すだけで治療は全く行わなかったと言うことなのだけれど、これが文明人のやることでしょうかね。

そうではないでしょう。そんなことであれば、全員死んでいますよ。どうせ、どっかのデマゴーグからコピペじゃないですか。

このことで、あなたはニュース番組や報道番組というものを全くと言って良いほど見ない人だと言うことが改めてわかった。


いいえ、貴方は人の話を全然聞いていませんね。
全部が全部そのようであれば生きている人はいないはずではありませんかと言っています。
一部そういうこともあったのですね、記録フィルムが残っているのですから。

デマゴーグは事実データの全体を提示しないで一部分しか提示しないものだと理解しております。正しいでしょう?

あの番組に出演していた被爆者がこれを見たら、血の涙を流して憤ることでしょうね。

ほんの一部であっても、そういう事実あったのですから「そんなことは全然無かった」と言えば、その当事者は怒るでしょうね。でも「それは一部の方ですね、それだけにますます貴方方はお気の毒ですね」と言って怒る人はいないでしょう。

イラクで、民間人に無差別攻撃を加えた海兵隊の責任者はアメリカ本国に戻され、軍法会議にかけられたが、ほとんど刑罰とは言えないような軽い罰を受けて今は自宅にいる。NBCは責任者の自宅に赴いてインタビューを行ったが、全てあれはやむを得ないことだったと言うことに終始をしていた。

戦場ですからね、戦闘員が言うことしか情報がありませんね。

何を言いたいのかさっぱりわからない。

戦闘員以外の目撃者がいなけりゃ戦闘員の言い分を採用するしかないじゃないですか。

これでは殺された人の家族はたまったものではないでしょう。

野蛮国の野蛮性が戦争の根本原因です。
イスラムの野蛮性→政教未分離→ジハード→テロ→戦争→「全てあれはやむを得ないこと」

あなたは、ジハードが悪いって、さっき同意したではないですか。
なんという支離滅裂。

ジハード思想→テロ→戦争→虐殺(自爆テロ・宗教戦争・内戦vs空爆・民間被害)
これを認めるならばジハード思想がそのままのイスラム・テロになる原因は政教未分離であり、それが国連の討議で非難されていることも説明しましたよね。
そしてそれは文明の対立を回避するような(国連が望む)文明に反する文明であることも説明しました。
(国連が望む)文明に反する文明・・・これは野蛮でしょうが。

なるほど、民間被害を出さない工夫はするべきです。
その工夫を多国籍軍がしていないことを証明すれば多国籍軍を非難しない人はいないと思います。もともとの戦争の原因がジハード思想であることは明らか(合意済み)なのですから、その戦争遂行において民間被害は出ても仕方がないじゃないですか。
民間被害の無い戦争は未だかつて無いのだから。
それとも「テロリストは表へ出ろ」って言いますか・・・バカバカしい。

私もイスラムは嫌いです。そこで何故嫌いなんだろうと自問した結果が、これなんです。
朝鮮が嫌いな理由もこれで説明できます。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・ 政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚

「月の砂漠を〜♪ はるばると〜♪」という歌のごとく、元はイスラムが好きだったのですけどね。あるいは千夜一夜物語、アラジンと魔法のランプ。
本当に悲しい限りです。イラン人が日本へ大量に来たころから「なんか変だな?」
アラジンと魔法のランプは元は中国の民話だそうですね。

テロリストなどいるという証拠がどこにもない、どこにでもある普通の村をテロリストがいそうだという憶測だけで爆撃をして、村人のほとんどを殺すと言うことを繰り返してきたために、手足を吹き飛ばされると言った大けがをした子供や女。こう

憶測で戦闘をすることはないですよ。(不経済ですから)
情報に基づいてやるものです。後から見てその情報が正しいかどうかは別にして。

あなたは馬鹿だから、これまでアメリカ軍が憶測で無差別に爆撃や砲撃を繰り返してきたと言うことを知らないと言うだけのことでしょう。

いいえ、「あなたは馬鹿だからアメリカ軍が憶測で無差別に爆撃や砲撃をしていると、証拠もなしに言っている」と言う方が当たっていると思います。

貴方は憶測で仕事をしていて平気ですか。自分なりに自信がもてる情報に基づいて仕事をしますよね。もし憶測で仕事をしている人が、その馬鹿さ加減を他人に勝手に擦りつけたりしたら、擦りつけられた方にとっては迷惑千万ですよ。

とにかく早く「アメリカ軍が憶測」で爆撃・砲撃しているという証拠・証人を見つけて下さいよ。貴方は先ほどは、それはないと言いましたけどね。

民間人が犠牲になった例。 イスラエルがヒズボラのミサイル基地を攻撃するときに「村民の退去」を勧告したのだけれど ヒズボラはそれを阻止した。 そういうことがイラクで行われても不思議ではない。

これこそ完全にあなたの憶測じゃないの。

はい、そのとおりですよ。(これは実は罠でした・・・後述)

ヒズボラの支配地域をイスラエルが爆撃を行うという通告を行ったときに、オーストラリアかフランスだったか忘れたけれどテレビ局の取材班が現地にいて、その様子の一部始終をビデオに収録していた。それをNHKが放送したのを見たけれど、大混乱の中で女共がわめいていただけで、ヒズボラが何かをしたと言うことは一切無かった。

逃げたら殺すということを、もっともっと前から脅しているかも知れませんね。
これは憶測ですよ。逆に、逃げたら殺すということを、もっともっと以前にも脅していないというのも憶測ですよね。

要するに解からないことは解からないのですから憶測でものを言っちゃいかんのですよ。
わざわざ私が憶測でものを言った狙いが解かっていただけましたか?
あなたは憶測だという自覚なしに憶測でものを言っているのですよ。

同じ憶測をする人が多くても少なくても関係ないのです。多数決ではない。

上記のようなニュース記事の中に「よってこれは意図的な民間人攻撃である」と断言している記述がありましたか? あればその記事が「意図的な民間人攻撃」の証拠です。

所が、幸か不幸かイスラエルの攻撃によって、ヒズボラに対する民衆の信頼度は高まっている。

あ、そうですか。
そりゃ、いつも近くにいる奴には反抗できませんからね。

あなたが言っているのこそ、アメリカのプロパガンダに決まっている。

アメリカではなくてイスラエルです。

はっきり言って多国籍軍と部族軍の戦力が拮抗しているような状態では、人民はどっちについて良いか分からないのではないかと思われます。

連日連夜無差別に爆撃を繰り返すような軍隊と、その政府につくなどと言うことは考えられないに決まっている。

そりゃ、そうだよね。

でも、戦争を起こしたのは誰なの?
あなたはイスラエル軍侵攻のいきさつを理解していますか?
国境を犯して誰かを誘拐して捕虜交換などとヒズボラが主張したからじゃないの?

私はアメリカ軍もNATOも撤退して、アフガンの人々だけで選挙をして、彼らが選んだ政府に任せるべきだと思っている。

「アフガンの人々だけで選挙」・・・無理だと思います。
それができるような文明の程度であれば、もともとタリバンなどという麻薬栽培で生計を立てたり、アルカイダに基地を提供して資金提供を受けるような宗教ヤクザが幅をきかすようなことはありませんよ。
だから先進国同盟国軍が撤退したらアフガン・イラクは内戦になります。
それが困ったことなのか、どうせ野蛮人なんだから自業自得と考えるか、そこが分かれ道ですね。

もちろん、報復を受けるのは覚悟の上で。
それに対してまた報復をしていたのではきりがない。


だから米軍よ、いったんは撤退してみ、どうせまた攻撃しなければならないようなことがあれば、また潰してやったら宜しいがな。と言っている訳です。
欧米の反戦論者の深層心理はこれだと思いますがね、奇麗事を言ってはいますが。

「きりがない」とは言っても爆弾を使うだけの米軍と人命を失うイスラムでは、どっちが犠牲が多いか・・・考えたら解かりそうなものですけどね。

ピューリタンというものは途方もなく律儀な人たちなんですね。

ピューリタンというのは、清教徒と訳され、聖書に忠実な人々というのが一般的な認識だが、ブッシュとその一派たちがやっていることは、聖書の教えとはあまりにもかけ離れている。
聖書にはやられたら、やり返せ等とは書いてないはずだ。

いいえ、私はカルビン主義によって禁欲・勤労・正義を尊び、資本主義を創生したというピューリタンを指しています。
貴方が言っているのはピューリタンではなくてキリスト教信者を指しています。

自爆テロの仕返しとばかりに村を爆撃すれば、また新たな身体の不自由な人が作られることになる。まさしく、次々と復讐の連鎖が行われ、それが拡大していっているのだ。
こんな戦争は100年続けても終わるはずがないことは、普通の頭を持った人ならすぐにわかるはず。

でも、いずれ終わりますね。全滅するのはイスラム。

現在イスラム諸国会議機構に加盟している国は56か国もある。アフリカから中東、インドネシアからロシアまでの広大な地域にいて、全世界でイスラム教徒は13億人もいるが、これを全て全滅させるというの?

いま、イスラムと言えばアフガンとイラク(パレスチナも飛び入り)ですけどね。
なんで、そんなに話題がぶっ飛ぶのかな〜〜

田原聡一朗も私も用心して「そもそも、民主党はテロ特措法自体には賛成だった」と表現しています。「小沢氏は・・・」ではないのです。

これについては、今更特措法の成立時にどうだったかなどと言って実意味がない。

なにを今更。特措法の成立時にどうだったかが議論の的になってきたじゃないですか。勝手な人ですね。

まあ、許しましょう。
特措法の成立時にどうだったかについて我が説を認められたのですから。

それよりもその後一貫して民主党はテロ特措法に対しては一貫して反対してきたのだから、いまここで急にテロ特捜法に賛成するなどと言ったら、それこそ何をやっているんだと言うことになるに決まっている。

民主党がころころ意見を変えるからドツボに嵌るのですよ。
「民主党は特措法の成立時には賛成していたが、今は考え方を変えた」と小沢さんが言えば、ものごとがすっきりするし自民党もアメリカも対応できますね。
嘘を言うから自民党とアメリカに足を引っ張られるのですよ。

要は、これまでも私が再三再四言ってきた通り、アメリカの言うがままに無条件で各国の艦船に燃料補給をすると言うことに意味があるのかと言うことを検証しなければならない。

賛成。シーファーと小沢さんが討議していますね。

そうでないとアフガンに何の関係もないのまでが無料のガソリンスタンドがあるよ、あそこで燃料を入れればタダだと言うことで、燃料補給を受けている可能性だってありすぎるほどあるはずだ。

アメリカ兵の命がタダじゃないのと同じでガソリンもタダじゃないよ。
命なりガソリンなりの犠牲を払ってなにを追求しているのかを考えないといけませんね。
言われなくても、みんな考えているではないですか。

それではこの国庫に巨額の赤字を抱えているというのに、もったいなさ過ぎると言っている。

それを言うなら日本に住んでいるというだけで敵国朝鮮人に日本の財源から生活保護・年金・税金を無料でくれてやっている方が余程もったいないことでしょう。

インド洋一帯がテロリストの、あるいは中国・朝鮮の縄張りになったら肝心の石油の輸送もままなりません。ここに戦闘力をもった日本の艦隊が国際合意に基づいて活動しているという事実が大きい意味を持っています。日本は野蛮国ではなくて文明国の一員として活躍しているという事実が重要です。その事実が経済的にどれだけメリット・
デメリットなのか、政治的にはどうかという価値判断が重要です。

無料のガソリンスタンドなどと洒落た言い方をされたので、ガソリンスタンドの価値がどれほどのものかという議論になるわけです。あなたの質問はアフガン戦争がどれだけの意味があるのかということだったのですね。それならそうと言えば良いじゃないですか。

何を言っているのかしらね。
無料のガソリンスタンドと、アフガンでの戦いとは直結している問題ではないか。

いいえ、誤魔化さないで下さい。
ガソリンスタンドの価値は先進国同盟にとってどれだけのサービスになっているかということであって、先進国同盟の戦争がどれだけ価値があるかというのは別の問題です。部分と全体の違いです。こんな当たり前のことを理解できないようでは信用をなくしますよ。もう少し謙虚になりなさい。

貴方の頭の中では一体であったのかも知れませんが言葉になった途端に別ものです。
私がわざわざ意味を解釈しなおして、こうですよねと合意に持っていっているのに、またまた反抗するのだから手に負えませんな。

ガソリンスタンドの価値は先進国同盟vs日本ですし、先進国同盟の戦争の価値は先進国同盟vs野蛮国です。ガソリンスタンドいう言い方は有益・無益の判断をこのようにして曖昧化するという卑怯な言い方ですよ。マスコミはそれを狙っているのですが、そのことに貴方は気づいていないのです。

アフガンやイラクでの戦いに置いて、そこで監視を行っている艦船に燃料を供給するということで燃料の補給線を置いているわけだが、効果がないのならさっさとやめた方が良いと言うことを言っているに決まっている。

先進国の戦争が無益なら戦争自体を止めさせなければならない。戦争を止めさせる以前にガソリンスタンドを止めたらそれは論理不整合です。国際信義に関わります。
もっと言えば無料のガソリンスタンドという言い方自体に「大した意味がない」「日本の損失」というニュアンスがあります。このニュアンスが先進国同盟の戦争に「大した意味がない」「日本の損失」と伝わってしまいます。
あなたは、このことにも気づいておられない。気づいているならプロパガンダです。
先進国同盟の戦争に「大した意味がない」「日本の損失」という結論を先取りしているのですよ。貴方には、これが解かりますか?

だから健康的な議論として「先進国同盟の戦争は価値があるか否か」であって、それは先進国同盟の協議でやれば良いじゃないですか。

多くの人を殺して、今後も殺し続けることにどれほどの意義があるのかと言うことを、戦争に突入する前にアメリカ人に考えてもらいたかったのだが、だって、そんなことをしても死んだ人が帰ってくるのかということがある。もし、ほんとうの文明人であって、理性的な判断が出来るということであれば、そのような判断を下すべきではないのかとは思うのだが、残念ながらとてもそうした良識に溢れた判断とはほど遠い愚かな考えの人が多いので、やられたんだからやり返す、目には目、歯には歯だとばかりにアメリカ全体が復讐の鬼のようになってしまい、戦争に突入していってしまったのだが、その結果は殺しあいはとぎれることがなく続くことになってしまった。

逆に、9.11テロを単なる事件として捕らえてしまっていたら、それは国際的に大問題にならないのでテロリストは頭に乗って何回も繰り返しますよ。それこそ大問題です。
アフガンに責任を取らせた・・・それで万事OKなんです。

「殺しあいはとぎれることがなく続く」・・・
野蛮人の人命と文明人の人命ではどちらが大切か? どうなんでしょうね。
私には答えられませんが、後世の人類はなんと答えるのでしょうね。

野蛮と文明は下記の定義によります。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚

うではない。この恨みはらさずに置くものかという若者がイスラム圏全体に轟いている状態だ。当然撤退して済む問題ではない。撤退しても、必ず何らかの形で仕返しを受けるであろうという恐怖に戦かなければならないからだ。

それは無茶苦茶な論理です。特にこれといって新たな恐怖なんてないですよ。
文明に対する野蛮の恐怖は9.11テロから(本当はもっと以前から)ありましたから。

しかし、それでも私としては一刻も早く撤退するべきだとは思う。
戦場で辛い日々を送っている兵士を、早く家に帰すべきだと思うので。

それは賛成ですね。
なぜなら

冷たい言い方をすれば、アフガンが野蛮な国に逆戻りしようが、放っておけばいいじゃん、もともと野蛮な社会しか知らない野蛮人がどうなっても知ったこっちゃないよね。
posted by 美国日本 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/416

最初から口先だけで何もしていない中国やロシアは、どうして非難されないのでしょうね。

テロリストが敵ですが、その背景は野蛮性です。ここで野蛮とは文明の反対です。
文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致にあります。
対テロ戦争が文明と野蛮の戦争であってみれば、野蛮の要素を多分に持っている中国やロシアがこれに参加しないのは当然のことであって、「盗賊が火付け盗賊改め方長谷川平蔵」に参加しないからといって非難してもせん無いことですよ。でも文明の側にある日本はそうはいかないのです。

きわめてシンプルな考えで、思わず笑ってしまうけれど、因みに、私は長谷川平

シンプルにものを考えることは基本に戻って考えることですから良いことですよ。
複雑に考えるにはシンプルな原理原則を理解した上でないと、枝葉末節に囚われて迷路に迷い込むだけですよ。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致にあります。


この文明定義においてタリバーンは文明ですか、野蛮ですか?

こんな簡単な質問であれば、答えられるでしょう?
もし答えられないのであれば、貴方の定義でもってタリバーンは文明ですか、野蛮ですか答えられますよね。

それよりも、「アフガンアメリカの戦争」と言うことであなたの好きなgoogleで検索してみてご覧なさい。ものすごい数のアメリカを非難したものばかりがどっとばかりに出てくる。

「アメリカを非難したものばかりがどっとばかりに出てくる」ことと
「タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致」
は何の関係もないでしょう?
その中に「タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致」を否定するものがあるのなら、それを提示するのが真面目な議論ではないでしょうか?

私もアメリカの戦争のやり方が上手くないとは思いますが、上手くないことと正義がないことは別問題でしょう。正義はちゃ〜んとありますよ。国連が自衛権としての戦争行為を認めたのですから。

上手くないこと。
タリバーンをやっつけたのだからサッサと引き上げればよいものを、新たな秩序を作る必要があると思い込んでしまったのですね。しかも国連がそれを後押しして復興の国際プロジェクトを歌い上げてしまいました。国連決議の何番だったか忘れましかが、もし興味があれば調べて教えて下さい。

サッサと引き上げて、もう一度野蛮な国家(上記の定義による)が誕生しようが、そんなこと関係ないでしょうに。そいつがもう一度アメリカを攻撃したら、またやっつければ良いだけだと思います。
でも国連は理想主義だからイラク復興国際プロジェクトまで行き着かないと面目が立たなかったのでしょうね。

普通は、こうした政治的なテーマについては賛成意見やとても認めることは出来ないと言った反対意見が交錯するものなのだけれど、2−3ページを見た限りではアメリカの行っていることは仕方がないとか、積極的に支援すべきだといった記事は全く見あたらなかった。

それは探し方が下手だからですよ。
「アメリカ 撤退すべきでない」で検索して御覧なさい。

どうせ他人の意見なんですから、そのどちらが正しいとは言い切れませんが、ましてやそういうレベルの政府や共同体はないのですから、多数決をとる意味がない。
そうではなくて、賛成反対論者の根拠としてなにを主張しているかが問題です。
その根拠・立論について議論しなければいけませんね。

これをみても、あなたのような奇妙な考えの人は、きわめて少数派と言うより、インターネットで見る限りに置いては、限りなくゼロに近いと言うことがよくわかる。

シンプルであることは良いことですよ。
シンプルであればこそ、シンプルに反論できて当然なのに反論できないで、なんとかの遠吠えよろしく罵倒しているだけじゃないの。文明人らしくないですよ。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚

この定義が「限りなくゼロに近い」とは恐れ入りましたね。
文明国では当たり前の考え方でしょうに。
貴方は一体、民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)を何だと考えているのですか。
戦前の右翼・左翼でさえ民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)でしたよ。
貴方は現代の日本人が、それ以下だとでも言われるのですか。

これだけ圧倒的にアメリカのやっていることは容認しがたいという考えの人が多いのに、自民党はあなたと同じで国民がどのようなことを考えているかを汲み取ることが出来ない。だから、選挙に負けたのですよ。

いいえ、それは全く間違っています。
圧倒的にアメリカのやっていることは容認しがたいという考えの人が多いかどうかは日本の選挙とは全く関係ありませんでした。
結果論的に、なんでもかんでも結びつけることは真面目な論者がすることではありません。

また思想は宣伝・伝染しやすいものですから数は関係ない。
それよりも立論の正当性が大切です。
アフガン・イラク戦争反対の立論と参院選はまったく関係ありません。

すでに削除済なので提示できませんが朝日新聞の調査では年金・格差・政治とカネが政党選択の大きな判断基準でした。

格差問題に関しては安倍さんは鈍感だったと思います。(経済が分からない人かも知れません)
格差問題に鈍感であったというより、小沢さんが年金と格差を上手に組み合わせて、田舎の爺っちゃん婆っちゃんに取り入っていることの重大さを理解できなかった。

でも安倍さんは少しだけ感じていたようです。「経済構造改革を維持するかしないか」という反撃をしましたからね。でも「経済構造改革を維持するかしないか」という旗印は小泉さんがあの時代において言ってこそ意味がありましたが、地方の疲弊が一段と進み、しかも、郵政議員を粛清した後では、田舎の爺っちゃん婆っちゃんの目には年金不安・地方経済不満しか見えない。
さらに小沢さんは「経済構造改革」に抵触するようなサプライサイドの政策ではなくて、金融政策(補助金)というデマンドサイドの政策を打ち出した。これは正しいやり方だから安倍さんは反論できなかった。安倍さんは補助金を田舎の爺っちゃん婆っちゃんではなくて都市の派遣社員も含めて低所得者全般に出すと言うべきであった。「経済構造改革を維持」はすでに既成事実なのだから、こんなこと言ってもなんの功徳もない。政治は前を見てやるものですよね。

北朝鮮の拉致犯罪・核開発に対して国民の鋭い反感があって、安倍さんはこれを汲み取って首相になったのです。麻生さんも同じ路線です。
安倍さんは、この面では敏感、経済面面では鈍感と言えますね。

http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070126/ssk070126005.htm
麻生外相外交演説 「自由と繁栄の弧」新機軸に
 麻生太郎外相は26日午後の衆院本会議で、外交演説を行った。民主主義、基本的人権、市場経済など普遍的価値を共有する国との連携を目指す「自由と繁栄の弧」構想を日米同盟、国際協調、アジア重視に並ぶ日本外交の新機軸に位置づける方針を強調。また、国連改革に
引き続き取り組み、日本の安全保障理事会の常任理事国入りに向け、新たな提案を検討する考えを表明した。
 対北朝鮮外交については「拉致問題の解決なくして日朝国交正常化はない」との基本方針を強調。拉致、核、ミサイル問題の包括的な解決に向け、引き続き国際社会と連携しながら「対話と圧力」の姿勢で臨むことを強調した。

アメリカがイラクやアフガンで何をやっているか。つい先日もアメリカのNBCで放送されていたものだけれど、道路脇に仕掛けられていた爆弾が爆発して巡回していた海兵隊に死傷者がでた。

根本的には何が悪い?
イスラム・テロですよね。イスラム・テロの根本にあるものはイスラムのジハード思想です。その更に原因は政教分離ができていないという野蛮性ですよね。
それでアメリカ軍が野蛮な政権を潰したところまでは良かった。でも野蛮国を文明国にすることはできなかった。できないとなればサッサと撤退して、またぞろ野蛮国が野蛮性を発揮したときに、またまた潰せば良いじゃないですかね。アメリカは紳士的すぎます。
テロとの戦いにおいて野蛮国がテロリストの隠れ家になるというのだったら、その野蛮国ごと経済封鎖すれば良いですよね。北朝鮮封鎖がとても有効であったように。

その結果として周辺の民家の人々が悉く惨殺されるということになり、たまたま報道関係者が近くにいたために、夜が明けてから被害者の状況が報道されるにいたってしまった。しかも、惨殺された被害者の多くは女や子供であったがために、アメリカ国民の非難を受けることとなった。
日本やアメリカと違って、イスラムの家族は大家族なので、おびただしい数の被害者がでた。
こうした行為は野蛮ではないのでしょうかね。

いいえ、因果関係を言えば、野蛮性→政教未分離→ジハード→テロ→戦争→「こうした行為」
であって、根本問題はイスラムが野蛮であることです。味噌も糞も一緒にしないで下さい。

原因と結果を(貴方流で結構ですから)峻別して下さい。日本は文明国なんですから。

チョット他人が知らないことを知っているからって、それだけでは偉くも賢くもないですよ。
見えていることは表層(最終結果)でしかないことを理解してください。

野蛮国は何も政教未分離だけではありません。国家が麻薬を製造するなどという国際社会を舐めきったことを野蛮国は数々やってきましたね。タリバーンも北朝鮮も。

アメリカが広島や長崎に原爆を落とし、皮膚がただれている人々に対して包帯などをはぎ取って悲惨な状況を撮影したが、ほとんどの場合写真や記録映画として残すだけで治療は全く行わなかったと言うことなのだけれど、これが文明人のやることでしょうかね。

そうではないでしょう。そんなことであれば、全員死んでいますよ。
どうせ、どっかのデマゴーグからコピペじゃないですか。
デマゴーグは事実データの全体を提示しないで一部分しか提示しないものだと理解しております。正しいでしょう?

イラクで、民間人に無差別攻撃を加えた海兵隊の責任者はアメリカ本国に戻され、軍法会議にかけられたが、ほとんど刑罰とは言えないような軽い罰を受けて今は自宅にいる。
NBCは責任者の自宅に赴いてインタビューを行ったが、全てあれはやむを得ないことだったと言うことに終始をしていた。

戦場ですからね、戦闘員が言うことしか情報がありませんね。

これでは殺された人の家族はたまったものではないでしょう。

野蛮国の野蛮性が戦争の根本原因です。
イスラムの野蛮性→政教未分離→ジハード→テロ→戦争→「全てあれはやむを得ないこと」

テロリストなどいるという証拠がどこにもない、どこにでもある普通の村をテロリストがいそうだという憶測だけで爆撃をして、村人のほとんどを殺すと言うことを繰り返してきたために、手足を吹き飛ばされると言った大けがをした子供や女。こう

憶測で戦闘をすることはないですよ。(不経済ですから)
情報に基づいてやるものです。後から見てその情報が正しいかどうかは別にして。

民間人が犠牲になった例。
イスラエルがヒズボラのミサイル基地を攻撃するときに「村民の退去」を勧告したのだけれどヒズボラはそれを阻止した。
そういうことがイラクで行われても不思議ではない。
はっきり言って多国籍軍と部族軍の戦力が拮抗しているような状態では、人民はどっちについて良いか分からないのではないかと思われます。

そんな状態でよくやるよ。野蛮人どもがどうなったって構わないじゃないか。悪さをしたら、またやっつければ良いだけだ。アメリカよりも、もっともっと冷淡に考えれば、そういうことになって、私はアメリカ軍が撤退する言い訳ができると思う。
ピューリタンというものは途方もなく律儀な人たちなんですね。

http://en.wikipedia.org/wiki/2006_bombing_of_Qana
Position of Israel

Israeli Prime Minister Ehud Olmert expressed regret over the
incident and apologized for the pain the Lebanese people had endured,
while also blaming the Hezbollah for using the villagers as "human shields".
Israel’s ambassador to the United Nations Dan Gillerman also initially accused Hezbollah of possibly being responsible for the civilian deaths:
"Israel has [beseeched] and asked repeatedly for the residents of Qana to leave. I would not be surprised if the Hezbollah made them stay."[14]

最近になってわかったことだけれど、アフガンでの自爆テロの犯人は全て人の世話を受けないと生きられないというような人々ばかりだと言うことがわかってきた。

そうですよ。未亡人とかは、そういう生活環境の中で自らテロリストに駆り立てられていますね。そのこと自体が野蛮だと思いませんか。大日本帝国が崩壊するときにはそういう野蛮なことは行われなかったのではないですか。

かたわになった人々は、自爆テロによるジハードを行えば天国に行くことができ、不自由な体から解放されると言うことで、積極的に自爆テロに参加するという。

そういう野蛮性がイスラムの悲劇の根本ですよ。

おもしろいな〜

同じ事象を見て、親イスラムか反イスラムかに考え方が分かれるのですね。
多分、反イスラムの方が理論的ですよ。なぜなら表層にとらわれず、物事の成り立ちまで考えていますから。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚

なんでも良いですから、シンプルで結構ですから、表層ではなくて、物事を見る物差しを示してくださいよ。そうでなければ「表層的」「アホ」でしかない。

自爆テロの仕返しとばかりに村を爆撃すれば、また新たな身体の不自由な人が作られることになる。
まさしく、次々と復讐の連鎖が行われ、それが拡大していっているのだ。
こんな戦争は100年続けても終わるはずがないことは、普通の頭を持った人ならすぐにわかるはず。

でも、いずれ終わりますね。全滅するのはイスラム。
その前に日本が脱亜入欧したようにイスラムも脱回入欧するかも知れませんが。

当然のことながら、あなたのような極右以外の普通の人は、このようなことはとっくの昔に気がついていることはインターネットを見れば一目瞭然だ。

私は一旦はイスラムを見捨てる意味で米軍撤退も良いかなと思います。

ここにきて、やはり貴方は変ですよ。

私の立論は
文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
ですから、左翼でしかあり得ないのですがね。
いずれにしても貴方は変だ。上記のような秩序だった立論も何もなくて右翼だの左翼だのと。

貴方が言われる左翼の意味が「社民党」「民主党の半分」であるとするなら、そして、彼等が文明国に楯突いて野蛮国の味方(上記の定義による)をするなら世界の左翼とは反対向いていますね。戦前の日本が一時そうであった軍国主義時代みたいですね。
共産党は正しい左翼だと思いますけど。

もちろん、アメリカ国民もヨーロッパの人も気づいているので、何とかして軍隊を引き上げたいと思っているのだが、既に十分すぎるほどアフガンの民衆に恨みを買っているので、ただ引き上げただけでは9.11のような報復が待っているだけ。

多分、先進国の軍隊・要員が撤退したらイスラムはその野蛮性の法則によって、民族・宗教の殺しあいの時代に突入するでしょうね。そしてその戦乱が収まったらまたまた麻薬を製造して国際社会から隔絶され、テロリストを養成するでしょう。
アメリカはそうならないように戦っていますが、根負けして見放すでしょう。
イスラムの自業自得ですよ。

あなたのようなシンプルな頭の人には、こうした戦場で戦っているものの苦しみや、軍隊を引くに引けないという状況に追い込まれたヨーロッパやアメリカの国民の苛立ちは、想像することさえ出来ないのでしょうね。

シンプルだからこそ、なんでも想像できて解決策も編み出せますけどね。
シンプルな原理原則さえ見出せない人には、方向性がないのだから持続可能な解決策も編み出せないでしょう。文明と野蛮を行ったり来たりするだけ。

またロシア・中国は敵性国家ですから、こんなやつらと軍事行動をともにするという発想自体が狂っています。軍事機密・軍事技術が漏れるということですから。

こんな子供じみた幼稚なことをよく恥ずかしくもなく言いますね。

多国籍軍は連携していますよ。そうでないと味方同士で空中戦が始まります。
飛行機の敵味方識別ができませんから。自衛隊機はそのコードを入手しているはずですよ。

アフガンでもイラクでもアメリカ軍は首都を中心とした地域。イギリス軍はバスラ周辺と言った具合にそれぞれの国の軍隊同士で、独自に軍事行動を行っている。

それは担当地域ということであって、多国籍軍は一体ですよ。
そうでなけりゃ、危なくて戦争なんてできませんて。

それぞれが独自で行っているのだし、第二次大戦のような軍と軍との戦いではないので、あくまでも治安維持という名目でその地域をテロリストから守るという前提で作戦行動を行っているのだから軍事機密もなにもあったものではない。

軍事機密にはいろいろありますよ。最新兵器とかRMAです。

いったい何を寝言を言っているの?としか言いようがない。
軍事技術なんて、兵器そのものを手に入れて分解すれば、ほとんどのことはわかってしまう。軍事行動を一緒にしたからと言って、どうやって軍事技術を盗むことが出来るというのだろうか。

貴方こそ言い出したら人の言うことを聞かない性格から、自分が寝言を言っているのに気が付かないでおられますね。
最新兵器を使うことだけでも大変なリスク管理が必要です。
たとえば、フォークランド紛争でフランスがエグゾセ・ミサイルを使って初めてイギリスはその対応策ができた。こんなこと軍事評論家でなくても一般人にも解ることです。

RMAについてはイラクで使用されたあとで中国がその脅威に気づいて研究を開始しました。
そんなものを別部隊ではあっても現実に見せる訳にはいかないじゃないですか。
劣化ウラン弾を真性敵国の前で使う訳にはいかないでしょう。
要するに中国軍にはイラクに入ってもらっちゃこまるんですよ。
中国人にはイラク戦争・アフガン戦争の根本が理解できません。
なぜなら中国もまた野蛮国(非民主主義・・・)なんだから。

この議論の発端は「なぜ中国がイラク・アフガン戦争に参加しないのに非難されないのか」でした。
私の答えは軍事機密と戦争の動機付けです。
貴方は自分の答えを言わないでグチャグチャ言っているだけではないですか。

アメリカでも西洋でも、イラク戦争に反対してるじゃないかって?
そりゃそうだよ、戦争の仕方が下手だから「止めちまえ!!」ってことでしょう。

ほんとうにかわいそうなくらいにシンプルな考えで、こんな単純に物事を考えながら日々を送れているというのは、ある意味うらやましい気もするけれど、とても受け入れられる発想ではないので、ばかばかしいとは思いつつもつい言ってしまう。

メーリング・リストの品格を落とさないで下さい。個人攻撃はご法度です。
ぜんぜん、反論になっていないじゃありませんか。
上記にどれだけの内容があるって言うのでしょうか。
私は賢い・アンタはバカだと言ってみてどれだけ価値があるのでしょう。

議論は知的ゲームなんですよ。知性をなくさないで下さい。

ほんとに小沢氏は一体なにをトチ狂っているのだ。民主党はテロ特措法に賛成だっ
たのに「民主党はもともと反対だった」とは。

なんか惚けているみたいだけれど、このころは小沢は民主党ではなかった。
当時は別の党であったのを、あれこれ言ってみても始まらない。

田原聡一朗も私も用心して「そもそも、民主党はテロ特措法自体には賛成だった」
と表現しています。「小沢氏は・・・」ではないのです。

でも、上では小沢氏と言っているじゃない。


どこですか?
「民主党はもともと反対だった」と小沢氏が言ったことをトチ狂っていると言うのですよ。
「民主党はもともと反対だった」ですよ、しっかり読んでください。

「言うことを聞かない性格ですね」というと人格攻撃ですが「言うことを聞かないですね」と
言えばそうではないですね。単発的ですから。
これで人格攻撃の意味が解っていただけましたでしょうか。
ずっと上で実は人格攻撃をしたのですが、それは警告を込めてしたことであって、この段で、議論に適する正確な表現にしました。

「文明と野蛮の戦争」であることは多国籍軍が先進国であることから自明です。
「対テロ戦争」というのも戦略・戦術面からの命名であると考えます。

韓国は日本以上に関わっているけれど、これまでと考え方の方針を変えたのかしら。
これまでの言動では、到底韓国はあなたの言う文明国ではなかったはずだけれど。
ま、その時々でころころと言うことが変わるというのは、右翼の特徴なので、驚かないが、主義主張がコロコロと変わってしまうのでは情けないとは思わないのかな。

そういう短絡的な考え方をさせないように私は科学的な議論をしています。
ようく見て下さいね。

文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚

事実立脚において韓国が野蛮であると言えます。
何の話で韓国=野蛮と言ったか。おそらく日韓併合の歴史的事実を感情的に否定している
ことだったと思います。一方、北朝鮮は全面的に野蛮国です。

ブッシュが「これはアメリカの戦争だ」と言ったのは米国内でのことでしょう。
それは米国人への説得だからですね。彼が国連で、あるいは日本でそう言ったのを聞いておりません。

国内向けかどうかなんて問題にならない。
アメリカの大統領が言ったことは、当然全世界に配信されるに決まっているのだし、本人もそのことは十分すぎるほど自覚した上でものを言っているに決まっている。

変なことを言いますね。
演説は聴衆に向かってするものです。聴衆に解りやすく訴えるものです。

「これはアメリカの戦争だ」
これを解りやすく解説すると「これは単なる事件ではない、戦争だ。我々は報復戦争をする」
こんな単純な文意解釈ぐらい理解できませんか???

もし「これはアメリカだけの戦争だ」という意味であれば「他国の参加を認めない」と続くはずですよ。現に「他国の参加を認めない」どころか要請したではないですか。

なぜ、こんな初歩的な間違いを貴方がされたのかと言うと「アメリカの戦争だ」と言って聞かない小沢さんを擁護することに目が行ってしまって「これはアメリカの戦争だ」とブッシュが言った事を知っているがために不幸にも不適格な引用をされたのだと思います。
揚げ足取りとも言えますね。
マスコミも野党も揚げ足取りが多いですな〜〜 まともな議論にならない。
国民の中にも揚げ足取りが好きな人が結構居るもんだな〜〜 
(自分は賢いと思いたい年寄りが多いのかな〜〜、若者は気をつけましょう)

ここの段は「これはアメリカの戦争だ」とブッシュが言ったことは「これはアメリカの戦争だ」の根拠にはなりませんよと言う結論であって「これはアメリカの戦争だ」を否定している訳ではない。

賛成していた民主党が法律の延長を審議する際に反対に方針変更を行ったことも事実。
要するに、洋上に無料のガソリンスタンドを浮かべていることが、どれほどの効果
があるのかという検証を一切行わないで、アメリカの言いなりになり、小泉はブッ

日本が給油のために自衛艦を派遣していることは確実にその艦船とコスト分だけの効果があります。なぜなら、自衛艦を撤収すれば戦闘に参加している多国籍軍が代替することになりますから、確実に戦力の低下になります。検証するまでもない。

そう言うことを言っているのではないでしょう。
全くあきれたものだけれど、いったい何のためにアフガンに軍事力を注ぎ込んで双方共に多大な犠牲や被害を出してまで軍事力の行使をしているのか。テロリストを撲滅すると言うことであれば、テロリストの撲滅に効果があったのか、効果があったというのであれば、テロリストの支配地域は、確実に縮小しているのか。実態は戦いが始まった頃とほとんど変わっていないと言うことはみんな知っていることだが、それでは効果はなかったのかと言うことだが。

無料のガソリンスタンドなどと洒落た言い方をされたので、ガソリンスタンドの価値がどれほどのものかという議論になるわけです。
あなたの質問はアフガン戦争がどれだけの意味があるのかということだったのですね。
それならそうと言えば良いじゃないですか。

冷たい言い方をすれば、アフガンが野蛮な国に逆戻りしようが、放っておけばいいじゃん、もともと野蛮な社会しか知らない野蛮人がどうなっても知ったこっちゃないよね。
国際社会の迷惑にならないように経済封鎖しているだけで十分。
という考え方も十分成り立つのですが、それよりは、アメリカが理想としたことは水準が高かったんですね。理想は高くても実力が伴わなかったら諦めた方が宜しいですね。
経済封鎖している方が安上がりだし、効果的かも知れません。
多分戦争よりも経済封鎖で死ぬ国民の方が多いでしょうが文明人の犠牲には変えられない。

貴方は撤退→経済封鎖より現実的な方法をお持ちでしょうか。
目的:テロリストの根拠地を壊滅させる(アフガンを疲弊させれば基地にもならない)

極右の馬鹿というのは、口では偉そうなことをいい、いかにも民衆が喜びそうな嘘を言うが、いざとなると逃げ出すか、自分が言い続けたことを実行しない。
だから、決して右翼の言うことを真に受けてはいけないのだ。

右翼を左翼に言い換えても真実ですね。

「農業所得保障」は「いかにも民衆が喜びそうな嘘」ではなくて本当になるのでしょうか。
田舎へのバラマキはマスコミの音頭で国民全員の総すかんを食ったのでしたね。
あるときは農業者偏重だと言って、あるときは熊専用の歩道つき三車線道路。

原資は何でしょうか。消費税なんて寝ぼけたことを言っちゃ駄目だよ。消費税は原資の徴収方法であって原資自体ではない。

確かに地方格差は増大しています。一方で生産力も増大しています。
生産力に悪影響を与えないよう(すなわち小泉改革をゆり戻さないよう)にして、地方格差とは言わずに格差全般を解決するためには、どうすれば良いのでしょうね。

とにかく、いかなることでも検証というものは必要なのだと言うこと、検証したことを後でこうだったと言ってみても始まらないので、検証の結果を直ちに全ての人に公開する。これなしでは何が目的なのかさえあやふやになって来かねない。

アメリカの言い分でもなく、日本の左翼の言い分でもなく、多分撤退派文明国の国民の言い分の根幹にあると思われる第三の道、イスラムを見捨てて封鎖政策もあります。
本当はできることならアメリカの言い分がベストなのだけれど、第三の道が現実的だと思う。

「何が目的なのか」・・・
イスラムの民主化を諦めてテロの温床の封鎖。野蛮国を檻にいれておく。

そうとも知らずに「無料のガソリンスタンド」なんて洒落た表現をどこから引用しましたか。バカマスコミではないですか。

マスコミは馬鹿なこともたくさんやるけれど、気の利いたわかりやすい言い方もする。
おつむの弱い人にもわかるように説明するには、きわめて効果的だと思ったので。


おつむの悪い代表はマスコミじゃないの?

たとえば、
田舎へのバラマキはマスコミの音頭で国民全員の総すかんを食ったのでしたね。
あるときは農業者偏重だと言って、あるときは熊専用の歩道つき三車線道路。

マスコミを改造するのは政治思想ではなくて科学性だと思います。
データの扱い方がとても下手。マスコミの偏向した政治思想が問題なのではなくてデータ収集・分析・評価がまるで稚拙。これさえしっかり管理すれば偏向しようにもできないでしょう。

日本がアメリカにおもねっているとは思いませんが、日本の主張が弱いことは事実かも知れません。小沢さんの強腰が本物であることを祈ります。

あのような薄汚い戦争で、山岳地帯での戦闘ではみな泥まみれになり、腹立ち紛れに何の罪もない子供や女を爆撃や銃撃で殺すと言うことをどれほど繰り返したかしれない。

見てきたような嘘を言い。
「腹立ち紛れ」を証明してください。

こんな薄汚い野蛮きわまりない戦争に荷担して、アフガンの人から、あなた達はアメリカに原爆を落とされて謝罪も受けないでいるのに、なぜアメリカの言いなりに

アフガンの人からのコメントはどういうものでしょうか。
アフガン・イラクの感謝のコメントは知っています。

なるのですか、と問われているが誰も返す言葉がない。それなのにアメリカにおもねているとは思えないなどと言うのは、本当に頭がいかれているとしか言いようがない。

日本は戦争に負けちゃったのだね。仕方がないよね。それでもアメリカは日本の復興に責任上、手を貸してくれたのだよね。
そして日本が戦争に突っ込んでいったのは貴方に言わせると右翼なんだよね。
右翼が一番悪いんだよね。アメリカ悪くないんだよね。

アメリカが悪いのか良いのか解らないことを年寄りの繰言みたいに言ってないで、今日本が文明国であること、アメリカを始め文明国が同盟を結んでいる中で、もっともっと文明のために貢献したいという日本人の希望に沿った議論をしましょう。

とてもシンプルな構図さえ十分に理解もしないで、しかも代案も出せないような人がもし居るとすれば、それこそ本当に頭がいかれているとしか言いようがない。
日本人(文明人)の面汚しと言っても良いくらいだ。

極右の国粋主義者のくせに、よくこんな情けないことを平気で言えるものだと思う。
だから、右翼の言うことは信用できない。
このことで、あなたの言う極右的な言動も、所詮いい加減なもので、その時々でころころ変わるものだと言うことが誰の目にも明らかになったというわけだ。

貴方の理解不足ですよ。
勝手にゴーストを作り上げてゴーストを攻撃しているだけでしょう。
私は私で一貫していますよ。
あなたのゴーストが右往左往しているだけですよ。

それほどまでにアメリカに奴属するのが良いというのなら、それはあなたの勝手だけれど、ほとんど圧倒的大多数の日本人は同意しないでしょう。

私は隷属するのが良いとは一切言っていない。もし言っていれば証拠を見せて。
私は私、アメリカはアメリカ。

でもまあ、日本もアメリカも文明国だし、大和魂・ピューリタニズムは鬼でもあり愛でもありで高度な精神文化を持っている点で共通するところが多いかも知れませんね。
そこんところが宦官・両班(共に官僚主義・権威主義)一本やりできた中国や朝鮮と違うところでしょうね。

でも強腰と我侭は別物ですから「文明と野蛮の戦争」からは撤退しないで欲しい。
なぜなら日本は文明国なのだから。「重要視」されたいですから。

アメリカにも立派な文明があって、世界の先端を走る科学文明国であることは紛れもない事実だけれど、そうしたことに関わっている人々のほとんどはブッシュのやっていることを死ぬほど嫌っている。

それは嘘です。嘘でなかったら証明できますね。
原理原則を明示しないで、あれは良い、これは悪い、というのは朝鮮文化でしょう。事大主義でしょう。

あなたの言う文明と、ほんとうの良識人の言う文明とは大変な乖離があることも確かなことなので、あなたの良しとする文明から嫌われることは、多くの日本人にとってはうれしくもあり、ありがたいことの筈。

だから、一体何なのよ、貴方の価値基準・歴史感=文明論は。
そうでないと「良識人の言う文明」の中身が定義できない。
反米・反日が「良識人の言う文明」なのですか?  まるで朝鮮人ですね。

揉めたのは戦闘行為の事前承認か事後承認かということでしょう。
そんなもん、どっちでも良いことです。
事前承認を前提にしても、火急事態に及んでは事前承認なしでも後で軍法会議にかければ戦闘行為が良かったのか隊が全滅した方が良かったのか決定できる。
こんなどうでも良いことを真面目顔で議論していることを称して「ポチ」と呼ばれるなら納得できます。
「国会に出す前に話が壊れてしまった」としたら、どうしてテロ特措法ができたの?

民主党はテロ特措幽霊法に(今度は)反対しているのかい?詭弁だな〜〜〜

日本語を理解する頭がないらしいけれど、国会に出す前に国対委員長同士でいろいろ根回しを行った結果、1度はテロ特措法に民主党も同意することになりかけたが、そのときに、公明党が横やりを入れてきた。


誤魔化さないで下さい。
揉めたのは戦闘行為の事前承認(公明党)か事後承認(自民党・民主党)です。
こんな程度の公明党の横やりが入ったからといって、民主党が突如反対に回るわけがないじゃありませんか。

このあたりの経緯は古い話でもあるのではっきりしない点もあるのだが、最終的には自民党と公明党で得意の強行採決をやって法案を成立させてしまった。こんなことくらいのことは、あえて説明しなくても、あなた以外の人はみんなおおよそのことは知っている。

これを Everybody's job is nobody's job と言います。
「みんなおおよそのことは知っている」は「誰も何も知らない」という意味です。
私・貴方・彼・彼女が主語にならないのは嘘だからです。

私と田原さんは責任を持って「民主党はテロ特措法賛成だった」と言い切っています。
ゴニョゴニョ言わないで、主語と述語をはっきりして説明して下さい。

野蛮国を攻めるのに、どうして野蛮国が参加できましょうか。
先進国同盟でやるしかないではありませんか。

全く意味不明。極右同士でしか通用しない空論。


意味が解らないのではなくて解りたくないのでしょう。
多分、北朝鮮人はこれを解りたくないと思います。

イラクが攻撃されたとき「次は自分だ」と震撼したのは北朝鮮です。
イラクでRMAが活躍したときに(あとでしょうもないものだと解りましたが)震撼したのは中国です。

野蛮国(非文明国)はなぜイラクがやっつけられたのかを知っていますよ。
理由は野蛮国(非文明国)だからです。  文明の定義は前述。

野蛮国が野蛮のまま文明国とが仲良く共存できると考えることは不合理です。
(野蛮が徐々に文明に向かうという道もありますが)

気を使っているのではなくて、責任を持たせようとしているのですよ。
日本もかつては期待されたのですが、あまりの責任感の無さに呆れ果てた。
中国もいずれ見放されるでしょうね、期待に応えられなければ。

言うに事欠いてまたもや全く意味不明のことを言いだし始めたけれど、あなたはいつだって困った事態に陥ると、意味不明の寝言か何かわからないようなことを言い出すので、始末が悪い。

日本語が分からない人に英語で言い換えてもなんですが、China stakeholderと言って英語の文献を読むことができる人なら常識なんですけどね〜〜
stakeholder 役割を持つ人 責任を持つ人 という意味です。

英文YahooでChina stakeholderを検索してみて下さい、英語を読めれば。

ま、事実上のお手上げなのだろうとは思うが、強情なので意地を張っているだけと言うことにすぎないのでしょう。だが、あまり、格好は良くない。


ほんとに貴方は格好良くないですよ、英語ができないこともバレたし。だから世界を知らない。

ブッシュが中国に気を遣う理由は、あなた以外の多少なりとも頭がある人は皆知っている。
世界一のものすごい外貨を蓄え、アメリカの国債も買っている。
日本も中国同様に、外貨もアメリカ国債もどっさり持っているけれど、日本については全く心配いらない。 小泉がブッシュのポチであったように、自民党が政権政党でいる限りアメリカの意のままに動くと思いこんでいるし、その判断は間違っていないから。

アメリカが敵を恐れるような国だとお思いですか。大間違い。
アメリカは海洋国ですから領土拡張ではなくて略奪専門です。
今日の言葉で言うと利益を得ることが最大の関心事です。
中国が外貨を持っていてもそれが怖いのではなくて欲しいのです。
アメリカは中国を利用して稼ぎたいですが怖くはない。

国債を売ったらアメリカ経済が混乱する、中国も日本も最後の最後までそれを売らないでおきたいのは、同じですよ。
貴方の話は好き嫌いが先行してしまって、学問的には無価値です。
貴方は素直にアメリカ嫌いとだけ言っていなさい。
下手に経済の用語を使って人心を惑わせないように。

所が、中国は日本と違い箸にも棒にもかからない共産国であって、一つ間違ったら何をやらかすかわからないと言う危険性をはらんでいる。もし、持っているアメリカ国債を一気に売り払うというようなことをしたら、ドルは大暴落となり、アメリカ経済は大混乱に陥る。同時に、ペッグを組んでいる国々からのアメリカの信用はがた落ちになる。

アメリカ経済が混乱しても立ち直れる。
でも中国はアメリカなしでは経済が成り立たない。
米中が対立したら、先進国と国際金融資本は中国を見捨てます。
役に立たない上に敵対するんだもんね。
中国産業で海外で通用する企業の60%は先進国と国際金融資本です。
アメリカが中国を恐れる以上に中国はアメリカを恐れている。

こんな常識も知らないで、何が国債保有高かね、困ったもんです。
生兵法怪我の元、年寄りの冷や水。

また、そう遠くない将来に日本やアメリカを追い抜くほどの経済力を持った国で

量的には追いつくかも知れませんね。でも質はそうはいかない。
日米だけではないですが先進国があってこそ存立できる中国なんですよ。
中国独自でできる技術はたとえばダンボール入り肉まん。

あるということから、経済的な利権を確保し続けていたいと言うこともあるだろうし、北朝鮮に対する影響力もブッシュの頭にはあるだろう。

アメリカは中国を利用したいのですよね。

あなたは知らないと思うが、第二次世界大戦の前、日米の間に亀裂が走ったきっかけは、中国の利権を巡っての諍いであった。

そんなこと知らない日本人は少ないでしょう。
人種の平等に反対したのはアメリカでしたね。

そこまで解っているなら、アメリカにとって中国は格好の餌だということも解るでしょう。
中国は一方的な餌ですが、日本はそうはいかない。なぜなら重要な技術があるから。

アメリカの場合は国務省と国防省が国防を担当していて対立しているように見えるが 実は国防の基本線は統一されている。国務省は短期的、国防省は長期的な役割を持っているだけです。ライス国務長官は短期的な役割を持っているので、中国がいますぐ戦争しようというのでなければ「中国よりのリアクション」を受けたことは 当然のことですよ。長期的には米中軍事対決を前提に米国国防計画は成り立っています。

またとってつけたような意味不明のことを言い始めた。


いいえ、確たる根拠があって言っていることです。

インターネットで仕入れてきたものの受け売りであることは、あまりにも明白すぎる。
あきらかに、違う人間の考えたことであることは、表現方法がまるで違うことでわかる。


人が親切に検索してあげたのになんちゅう言い草ですかね、まったく。

私はいつもいつも根を提示して科学的に論じているのに、一体貴方の論説の根拠はなにですか。思い込みでしょう。何か知らんの結晶でしょう。そんなものを出されても議論ができないじゃないですか。

「ブッシュ政権は中国人がお好きらしい」とは、まるでアホサヨク的な能天気な考え方ですね。大統領は短期的・長期的の両方の国防ミッションを持っていますから あるときは国務省的・あるときは国防省的な発想をしますよね。

自分の能力を超えるような問いかけに会うと、困ったあげくにインターネットを探し歩いて、人の書いたものをそのまま載せてごまかすとは。

馬鹿なことを言わないで下さいよ。
真偽はともかく根拠を提示するのが科学的な議論でしょう。
根拠を提示すれば、その真偽を論じれば良いのですよ。
個人の思い込みについては、論じようがありませんからね。

その人の許可を得たのかと言いたくなる。もちろん、許可など得ていないことは、聞くまでもないことだが、著作権と言うことをどう考えているのかと言いたくなる。


あほかいな。無断転載を禁ずるなんてHPはマスコミなどの営業用のもので、普通は読まれて転載されることがHPの望みですよ。
「あほかいな」は個人攻撃でなくて関西弁で「しっかり、しいや」という励ましです。

表層的な見方ですね。アメリカも中国も貴方が考えている以上に複雑で深遠な計画を 持っているはずです。

はずってなに?表層的な見方というのなら、どのような?
またインターネットで、探しまくるの?


では貴方が探してください。
まずはアメリカの国防計画を(日本語で良いですから)検索しなさい。

まあ、ROMの方々には不親切な言い方ではありますが、気の利いた人は言わなくても検索済だと思いますけどね。

ここに来て急にブッシュと中国のことが立派に見えてきたらしいけれど、本当に言うことがコロコロと変わる人だ。 自分の考えというものを持ち合わせず、イン

何を言ってるのかな。
中国のことが立派に見えてきたんですか、どこで?
中国にしてもアメリカにしても、普通人は是々非々であって、中国・朝鮮絶対正義、日米絶対悪なんて考えている方がいればその方が既知外じゃありませんか。

カーター(ピーナッツ農場のオッサン)がアホだということには同意しますけど。

カーターはあなたよりはどれほどましかしれない。少なくとも彼は、平和を希求するという崇高な考えを持って北朝鮮に乗り込んで行ったのだから。ただ、相手がごろつき国家だと言うことを知らなかったために、後に物笑いの種にされるという結果になってしまったが。

崇高な考えを持って北朝鮮に乗り込んで行ったのだとしても、その結果が枠組みを破って核開発になったのだからアホじゃないですか。朝鮮人の卑劣さを知らないだけだ。

カーターの最大の欠点は、真っ正直で人を疑うと言うことをあまりしない人だったと言うことなのだ。このために、ごろつきの前ではいいようにやられてしまうこととなってしまった。

そんな政治家は危ないですね。
土井たかこ・福島隋穂はカーターと同じアホなのか、アホを装っている売国奴なのか解りませんがね。いずれにしても危険な女ですよ。

二つ目の約束は、「安心して子育てができる社会」を目指して、1人月額2万6000円 の「子ども手当て」を支給するというものだ。これも財源はどうするのか。

これについては、NHKの取材では増税を行う考えらしい。

民主党は馬鹿ですね。それでは貧乏人から税金をとってお金持ちに与えるという結果になるだけじゃないか。(消費税の逆進性と、お金持ち子沢山)

あなたは馬鹿ですね。なにがお金持ち子沢山だ。全くあきれて言うべき言葉もないくらいだ。人の書いたものをそのままコピーしているだけだから、こうしたばかげた>ことを口走ることになる。

残念ながら、この発言はコピーではありません。常識で言いました。
調べてみると、当たっていました。
「恐れず、ひるまず、とらわれず」考えたのが正解。

データから言うと(言いたいわけではありませんが)馬鹿なのは貴方です。
なんでも馬鹿とは言いませんが、これに関して貴方は馬鹿です。
なんでも反対してみれば良いってもんじゃないことをご理解ください。

なんでこういうミスを犯すのかな〜〜

定義が不十分である。
 なぜなら、お金持ちというのは収入という客観値であるのに生活苦を連想している
議論の目的を理解していない。
 なぜなら、養育補助を議論しているから子供の人数が問題であって親の年齢は関係ない。

一言で言うと、理性ではなくて感情で考えている。朝鮮人っぽいミスですね。
それと貴方(誰しも)の常識は、その狭い範囲でしか通用しない。
誰しもそれは知っておいて損はない。特にインターネットに弱いご老人は。
「恐れず、ひるまず、とらわれず」の特に「とらわれず」が大切ですね、小泉さんより年配の方には。

統計名       平成16年全国消費実態調査 家計収支編
表名        家計収支用途分類(294) A1(標準 勤労者世帯)、全世帯・勤労者世帯、年間収入十分位階級(11)、1世帯当たり1か月間の収入と支出、全国
表章事項名     1世帯当たり1か月間の収入と支出

           世帯主の年齢  世帯人員  18歳未満人員
全世帯 平均          53.7    3.26       0.7
全世帯 第T階級        59.3    2.54       0.39
全世帯 第U階級        58.4    2.71       0.46
全世帯 第V階級        56.1    2.84       0.55
全世帯 第W階級        52.4    3.11       0.75
全世帯 第X階級         51    3.25       0.82
全世帯 第Y階級        50.5    3.42       0.9
全世帯 第Z階級        50.5    3.54       0.91
全世帯 第[階級        51.1    3.63       0.88
全世帯 第\階級        52.4     3.7       0.71
全世帯 第]階級        54.9    3.85       0.61 

第T階級〜第V階級は子供が少ないですよね。
これは当然ですよね、周りを見ても納得できますけどね。

ま、中にはお金持ちもいるかもしれないけれど、圧倒的大多数の子育てをしている世代は、人生の中でもっとも出費の多い世代でもある。東京や神奈川のアパートを見たら、2kとか、せいぜい2DKくらいのお世辞にも広いとは言えないような環境のもとで、非情に多くの若夫婦が子育てをしている。給料にしても、子育てを行っている世代は20代から40代で、とても多いとは言えない状況にある。

貴方の知らないところに、お金持ちの子供が沢山いるというだけのことですね。

ほんとうはもう一人子供がほしいのだけれど、経済的にとっても無理という家庭が少なくないことは、アパートを見ただけで十分すぎるほど想像がつく。だから、そうした家庭にいくらかでも経済的な援助を行って、一人でも多くの子供を産んでもらいたいという考え方に基づいている。

だから、貧乏人には子供が少ないということじゃないですか。

もちろん、高額所得者は援助の対象外と言うことのようだが、その線引きについてはまだ決まっていないらしい。でも、おそらく9割以上の子供を持つ家庭が対象になることは間違いないでしょう。

それなら益々、貧乏人にとって特に利益はないですね。
結局「子育て支援」も口当たりの良い大嘘だということですよ。

選挙用の口当たりは別として「農業者所得保障」「子育て支援」なんて小細工ではなくて正々堂々「抜本的な所得移転」と言ってしまえば、本音でもあり、経済効果も大きく、だいいち計算が簡単じゃないですか。どうせ、所得税の計算はしなくてはならないのだから。

この先、新しい国づくりにおいて小泉改革・安倍改革を推進できれば訳の分からん複合サービス事業などへの天下りの道が減るでしょうが、民主党が小泉改革の反動を

もう、天下りはなくなる傾向にあるみたいな言い方だけれど、各省庁の作った公益法人は7000もあるという。

自民党の案(公務員ハローワーク)だけでも省主導の天下りは無くなります。
でもワンステップおいた天下りには効果なし。

ここにいる輩は、全く不必要なもので、いなくても経済にも行政にも何の影響も与えないタダの寄生虫でしかない。

それは言いすぎです。(自治労以外は)
ただ必要性以上にお金をもらっていることが大問題です。
それなのに公務員の給料を上げるらしい。国民を馬鹿にするんじゃないよ。

この寄生虫が受け取っている年収は一般職員で1000万円以上で、天下りをしてきた理事などは2000万円を超えているという。言うまでもなく、このお金は全て税金だ。
こうした寄生虫を全て排除し、なくすことが出来れば、それだけで数兆円ものお金が浮くという。


それと外国人に対する年金・生活保護・税金免除もありますね。これも数兆円。

このほかに得体の知れない社団法人なども数限りなくある。
自民党が政権政党でいる限り、こうした途方もない巨額の無駄は決して消えることはない。

そんな馬鹿な。妄想ではないですか。民主党は自治労・官公労の手先ですよ。
自民党同様、民主党はそうは言っていませんが。
自民党にせよ民主党にせよ、官僚・自治労・官公労とキッパリ縁を切ると言って欲しいところですね。政治とカネの問題どころじゃありませんよ。政治と労働の癒着はもっともっと危険なものです。

なんとなれば、改革と言うことであれば真っ先にこのような寄生虫を排除するのがあたりまえの筈なのに、小泉政権の5年もの間全く手を触れようともしなかったし、安部政権でも同じだ。この一事だけでも、自民党の言う改革なんて嘘っぱちだと言うことは、誰の目にも明らかなはず。

たぶん、何党であっても、それは無理だったでしょう。
土建・郵政がせいぜいのところであって、公務員改革はデマンドサイドの激減をもたらし経済を沈下させたでしょう。悪銭であっても消費に向かうから。
まずは生産性向上を目指し、それを原資として土建・郵政・公務員の生活に対して補助金を出すというのが順当な流れではないでしょうか。
そのようにしてサプライサイド改革とデマンドサイド改革を実施して国民の同意と安心を得た後であれば「寄生虫を排除」することは正義だとして理解できる。
貧乏人にお金を配るというデマンドサイド改革が心理的に受け入れられなければ「寄生虫を排除」と言っても、寄生虫には序列がありますから、どこかで反乱が起きますよ。

彼らの言う改革というのは、派閥間の利権争いでしかないのだ。
そして上に書いたような巨額の無駄の付けは、最終的には増税という形で全ての国民に押しつけられる。

それは言えますね。橋本派追い落としですね。
うまく利用したのだから良しとしましょう。

逆に、そのような動機付けがない民主党に改革ができるのでしょうか。
あるとすれば左派の追い落としですかね。

今、パートタイムの最低賃金で安いところ600円だが、これを1000円にすると言っている。1000円にしたら、多くの中小業が潰れる、もしくは雇用を減らすことになるだろう。

これなどは、ものすごいエゴイスト丸出しで、自分さえよければ他人なんかどうで も良いという考えをあからさまに出していて、きわめて不愉快だ。
時給1000円では中小企業が潰れるというのなら、自分の出演料を時給600円 に下げるべきだ。

それは違います。経済の当たり前の行動様式を言っているだけです。
田原さんの人格とは何の関係も無い。

違うか違わないかは、本人しかわからない。

田原さん本人がどう思うか関係ないですよ。
経済の当たり前の行動様式であることは誰が考えても解ることです。

そんな愚にもつかないことを言っていないで、中小業を潰さないで、時給600円を1000円にする方法を考えて下さいよ。

私は、基本的に時給600円や700円でないと企業としてやっていけないと言うようなのはつぶれて当然だと思っている。

じゃああ、従業員はどうなるのですか。

もちろん、北海道や東北の山の中といった僻地であって、そうしたつまらん企業しかないというような場合は、地域性を配慮して補助金で400円分を埋めてあげると言うことはあっても良いが、あくまでも例外的な処置であって、従業員には時給600円しか支払わずに、社長や専務は年収1千万円などと言う企業は、もちろん補助金の対象にはならない。

早い話が、社長や専務が年収1千万円取っているのなら、そいつからお金を集めて、どうしても時給600円しか貰えない人に400円上げるのと同じことじゃないですか。

こういうたちの悪い企業というのは、時給600円で丸1日働かせないと言うことがよくある。600円で8時間でも生活が成り立たないのに、忙しい時間帯だけ、午前中2時間、夕方2時間とか、お店の場合にはお昼に1時間半、夕方1時間半等というのがある。

ですから事業のやりかたをいくら指導してもズルイ会社はズルをする。
ならば事業のやりかたは事業主に任せて、結果としての手取りを税制で保障すれば良いじゃありませんか。(社会民主主義です。日本の社民党は社会朝鮮主義ですが)

全くふざけた話で、自分の会社さえよければ良いのであって、働く人のことなど全く考えない会社だ。他に働き場がないと言った悪条件を逆手にとり、もっと払えるのにあえて払わないというような企業も少なからずあるはずなので、そう言うたちの悪い企業に対しては社会主義だの何だのと言われようが毅然とした態度で、特別手当を出すように法律に明記すべきだ。たとえば、日に2回以上会社に行かないとだめというような場合は、特別手当として毎日5000円を出さなければならない、といったようなことにする。


「もっと払えるのにあえて払わないというような企業」を調べ上げるよりも、時給600円の従業員を調べる方が簡単でしょう。「もっと払えるのにあえて払わないというような企業」の高給取りも調べられますから、そいつから高額の税金を取る。このほうが簡単で正確で正義に適っていますよ。

ズルをするなと言うよりも、ズルで儲けたお金を取り上げる方が、取られる方も貰う方も納得できますよ。大体、人間は縛られるのが嫌なんだから。
posted by 美国日本 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/414
Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相

安倍内閣が退陣しないのでドンドン追求できるから民主党は喜んでいるという意見もありますが、田原総一朗に言わせれば「アホかいな」ということになりますね。

田原聡一朗は、本人自身、俺は馬鹿だからが口癖で、謙遜で言っているのかもしれないが、謙遜ではなく本当に惚けているんじゃないかと思うことが時々ある。

そんなことは、どうでも宜しい。
田原聡一朗の人物とか彼の批評全部が問題ではなくて、民主党が圧勝した参議院選の後処理に関係する民主党の姿勢が問題です。

また曰く「この期限が11月1日で切れてそこで帰ってきたら、やはり世界から 「日本は何をやっているのだ」と批判され、日本に対する怒りと不信感が高まるだろう。これをどうするのか。

最初から口先だけで何もしていない中国やロシアは、どうして非難されないのでしょうね。

アフガン戦争は先進国とテロリストの戦争です。
国連軍はこれに加わることなくテロリストを非難しただけで、自衛権としてアメリカが開戦することを認めただけです。
とは言っても米国の戦争ではありません。
現に米軍単独ではなくて先進国の多国籍軍が戦争に参加しています。

テロリストが敵ですが、その背景は野蛮性です。ここで野蛮とは文明の反対です。
文明=先進国=民生主義・民主主義・法治国家・自由主義(民力重視)・人権重視・公平・政教分離・部族軍廃止・平和と安定・繁栄・国際貢献・事実立脚
タリバーンのアフガンはここにあげる文明に悉く反対の極致にあります。

対テロ戦争が文明と野蛮の戦争であってみれば、野蛮の要素を多分に持っている中国やロシアがこれに参加しないのは当然のことであって、「盗賊が火付け盗賊改め方長谷川平蔵」に参加しないからといって非難してもせん無いことですよ。でも文明の側にある日本はそうはいかないのです。

またロシア・中国は敵性国家ですから、こんなやつらと軍事行動をともにするという発想自体が狂っています。軍事機密・軍事技術が漏れるということですから。

まともな文明人であれば、こんなアホな疑問を持つことさえないと思います。
文明国の人間からこんな質問を受けたことがないです。
疑問に答えることさえアホらしいのですが、上記のように答えました。

アメリカでも西洋でも、イラク戦争に反対してるじゃないかって?
そりゃそうだよ、戦争の仕方が下手だから「止めちまえ!!」ってことでしょう。

ほんとに小沢氏は一体なにをトチ狂っているのだ。民主党はテロ特措法に賛成だったのに「民主党はもともと反対だった」とは。

なんか惚けているみたいだけれど、このころは小沢は民主党ではなかった。
当時は別の党であったのを、あれこれ言ってみても始まらない。

田原聡一朗も私も用心して「そもそも、民主党はテロ特措法自体には賛成だった」と表現しています。「小沢氏は・・・」ではないのです。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070809_23th/index2.html
そもそも「テロ対策特別措置法」が論議され始めたのは、2001年10月で、11月2日から施行された。これは同年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件を受けたものだ。自民党からの提案であったわけだが、実は、このテロ特措法に関しては、自民党と民主党の間で相当の話し合いの調整が進められていた。この時、自民党と話し合いの窓口となった民主党の中心人物は鳩山由紀夫さんだった。
そもそも、民主党はテロ特措法自体には賛成だったのだ。問題は自衛隊が実施する「対応措置」に対して、国会の「事前承認」が前提か、「事後承認」でよいか、ということだった。

ちなみに小沢自由党の立場。
http://www.nakatsuka-net.com/2001/200109/20010920.html

9.11で頭に来たブッシュは、これはアメリカの戦争だと言ったのは事実だし、当初

国連はアメリカの自衛権戦争を認めたのですが「アメリカだけの戦争」ではなくて「文明と野蛮の戦争」であることは多国籍軍が先進国であることから自明です。
「対テロ戦争」というのも戦略・戦術面からの命名であると考えます。

ブッシュが「これはアメリカの戦争だ」と言ったのは米国内でのことでしょう。
それは米国人への説得だからですね。彼が国連で、あるいは日本でそう言ったのを聞いておりません。

賛成していた民主党が法律の延長を審議する際に反対に方針変更を行ったことも事実。
要するに、洋上に無料のガソリンスタンドを浮かべていることが、どれほどの効果があるのかという検証を一切行わないで、アメリカの言いなりになり、小泉はブッ

日本が給油のために自衛艦を派遣していることは確実にその艦船とコスト分だけの効果があります。なぜなら、自衛艦を撤収すれば戦闘に参加している多国籍軍が代替することになりますから、確実に戦力の低下になります。検証するまでもない。

そうとも知らずに「無料のガソリンスタンド」なんて洒落た表現をどこから引用しましたか。バカマスコミではないですか。

があるのかという検証を一切行わないで、アメリカの言いなりになり、小泉はブッシュのポチだと馬鹿にされながら、さほど重要視もされず、やることなすことを当然のことのような扱いを受けてまでなぜアメリカにおもねなければならないのか。

「小泉はブッシュのポチだと馬鹿にされながら、さほど重要視もされず」
この文脈からはアメリカが小泉さんを「ブッシュのポチ」と言っていることになります。
でなければ精度の悪い北朝鮮製合成写真ですね。素材提供バカマスコミ。

日本がアメリカにおもねっているとは思いませんが、日本の主張が弱いことは事実かも知れません。小沢さんの強腰が本物であることを祈ります。
でも強腰と我侭は別物ですから「文明と野蛮の戦争」からは撤退しないで欲しい。
なぜなら日本は文明国なのだから。「重要視」されたいですから。

反対だったのに国会では賛成したということか? それなら今言っていることも本当は反対なのに賛成と言っているってことですよね。信用できん。

これも惚けている。
国会で賛成か反対かという議論をする前に、公明党が割ってきて難癖をつけたことで、途中で話は壊れている。
ようするに、公明党が我が党をとるのか、野党の民主党をとるのかと言ったメンツを表に出すと言うことを始めたために、国会に出す前に話が壊れてしまったのだ。

揉めたのは戦闘行為の事前承認か事後承認かということでしょう。
そんなもん、どっちでも良いことです。
事前承認を前提にしても、火急事態に及んでは事前承認なしでも後で軍法会議にかければ戦闘行為が良かったのか隊が全滅した方が良かったのか決定できる。
こんなどうでも良いことを真面目顔で議論していることを称して「ポチ」と呼ばれるなら納得できます。

「国会に出す前に話が壊れてしまった」としたら、どうしてテロ特措法ができたの?
民主党はテロ特措幽霊法に(今度は)反対しているのかい? 詭弁だな〜〜〜

消費税を上げないで財政赤字をしないで年金改革、「農家を元気にする」、 「子ども手当て」・・・一体どうするの?これは小沢さんの「農家を元気にする」手法が参考になる。バラマキです。

確かに、バラ蒔きだけれど、昔から田舎の人は政治から何かをもらうことしか頭にないので、とりあえず政権を取るにはあめ玉を口に入れてやるしかないと思ったのでしょうね。
とにかく、きれい事だけを言っていたのでは、永久に野党のままでいなければならないので、このあたりの判断は難しいところがあると思う。

田舎の人に限りませんよ。
労組が国会議員を出すのも「政治から何かをもらう」ためですよ。
もらうものが公共工事であったり賃金であったりするだけのことです。

格差問題を解決するのに、安倍流に経済構造改革では不可能です。 なぜなら2003年以降、経済構造改革によって格差が増大しているのですから。
改革は「変化」ですから「変化」あるところに「格差」あり、これ理の当然。
ですから、格差対策は産業構造改革に支障を与えない金融政策しかあり得ない。
消費税を上げない・財政赤字をしないような金融政策は、お金が余っているところから足りないところに移動させるしか他に方法がないでしょうに。

大まかな点では同感だけれど、細かい点になると相当違ったものになるとは思う。

小泉改革の本質はサプライサイドの変革(官主導の経済から民主導へ)です。
党内的には支持層の移行(土建・郵政・農業・老人から都市部・若者へ)です。(端的に言えば橋本派の追い落とし)

サプライサイドで(変革時には)格差が生まれるのは当然ですが、小泉さんの時代にはこの格差解消は改革の定着と経済成長を待つしか方法はなかった。なぜならバラマキを復活させたら、その主導権は橋本派がとりますから改革が逆流して元の木阿弥。

http://rank.nikkei.co.jp/keiki/kougyou.cfm
http://rank.nikkei.co.jp/keiki/shouhi.cfm
      生産   生産  消費支出
      指数   前年比  前年比
     2000=100  (%)   (%)
2003年度   96.6    3.5   -0.2
2004年度   100.5     4   -0.2
2005年度   102.1    1.6   -1.4
2006年度    107    4.8   -1.2

生産が一貫して成長し、消費が一貫して減少しています。
橋本派追い落としを達成した今、誰に遠慮することがありますか、消費を上げるためにバラマキをやれば良いじゃありませんか。

橋本派とは異なるバラマキは、消費者に対する直接バラマキです。
(民主党の農業所得補償はこれです)
公明党が地域振興券をやったことがありますね、あれですよ。

バラマキの原資は?
1.消費税  ダメ:理由 消費税は逆進性だからかえって消費を減らす
2.法人税  ダメ:理由 生産を落とす
3.所得税  正解:ただし絶対額を変えないで金持ち増税・貧乏人減税

これしかないよ。
体裁をどんなに工夫しようが本質はこれしかないではありませんか。
そう思いませんか?

実は、アフガン戦争については、中国も、イラク戦争に反対したドイツもフランスも、イランまでが賛成している。そのような中で日本もテロ特措法を作ってアフガン戦争に参加した。

彼らの多くは、アメリカがアフガンに攻め込むこと自体には反対しなかったと言うだけで、実際に参戦したのはアメリカ以外ではNATOとアメリカと特別仲の良い国だけで、中国もロシアもイランも容認したと言うだけのことでしかない。

野蛮国を攻めるのに、どうして野蛮国が参加できましょうか。
先進国同盟でやるしかないではありませんか。

この期限が11月1日で切れてそこで帰ってきたら、やはり世界から「日本は何をやっているのだ」と批判され、日本に対する怒りと不信感が高まるだろう。

世界って、いったいどこの国のことを言っているのか、と言うことがいつも疑問としてある。
中国やロシアは、世界の中に入っているのかをぜひお聞きしたいものですね。

世界といった場合は普通は文明国のことを指します。
文脈から全世界をさすことが理解できる場合を除いて。
文明人としての自覚と責任感が足りませんな〜〜

中国はあれほどの軍事力を持ち、お金もどっさりあるというのにアフガンにもイラクにも何もしないで傍観しているだけなのに、なぜどこからも非難をされないばかり

「盗賊が火付け盗賊改め方長谷川平蔵」に参加しないからといって非難してもせん無いことですよ。

か、ことあるごとにアメリカが異常なまでに中国に気を遣っている。

気を使っているのではなくて、責任を持たせようとしているのですよ。
日本もかつては期待されたのですが、あまりの責任感の無さに呆れ果てた。
中国もいずれ見放されるでしょうね、期待に応えられなければ。

安倍内閣には文明国の責任を果たそうという強い意志が見えますけどね。

今回も小池がアメリカでライスに向かって中国の軍事力の驚異にふれたところ、きわめて中国よりのリアクションを受けたと言うことのようですが。
 F22のことについても、明らかに中国のことを大変気にかけていることが誰の目にも明らかなのだけれど、よほどブッシュ政権は中国人がお好きらしい。

アメリカの場合は国務省と国防省が国防を担当していて対立しているように見えるが実は国防の基本線は統一されている。国務省は短期的、国防省は長期的な役割を持っているだけです。ライス国務長官は短期的な役割を持っているので、中国がいますぐ戦争しようというのでなければ「中国よりのリアクション」を受けたことは当然のことですよ。長期的には米中軍事対決を前提に米国国防計画は成り立っています。

「ブッシュ政権は中国人がお好きらしい」とは、まるでアホサヨク的な能天気な考え方ですね。大統領は短期的・長期的の両方の国防ミッションを持っていますからあるときは国務省的・あるときは国防省的な発想をしますよね。

http://www.geocities.com/kubozemi10/mitasai/yatsu.html
第1章:新たな軍事大国−中国−
 中国は国家の包括的近代化を目指しており、その中で軍事面は特に重要視されている。中国の軍事戦略の目的は、域内での影響力行使・敵国の抑止・外交活動の独自性維持・経済資源と海洋資源の防衛・領土の主権維持に必要な近代的な軍事力を発達させる事である。

北朝鮮のことに対しても、クリントンは北朝鮮を爆撃するという決断を下したのに、おめでたいカーターという元大統領が北朝鮮に飛び込んで、北朝鮮に言いように丸め込まれたあげくに金日成から嘘八百の約束をしてもらい、意気揚々と帰ってきた。このことで爆撃は中止になったのだけれど、ブッシュは中国に何かしっぽでも握られているのかと思うほど中国に気を遣いっぱなしだ。
クリントンだったら、核実験の準備を始めた段階で、核施設を爆撃していたことだろう。


表層的な見方ですね。アメリカも中国も貴方が考えている以上に複雑で深遠な計画を持っているはずです。
カーター(ピーナッツ農場のオッサン)がアホだということには同意しますけど。

二つ目の約束は、「安心して子育てができる社会」を目指して、1人月額2万6000円の「子ども手当て」を支給するというものだ。これも財源はどうするのか。

これについては、NHKの取材では増税を行う考えらしい。

民主党は馬鹿ですね。それでは貧乏人から税金をとってお金持ちに与えるという結果になるだけじゃないか。(消費税の逆進性と、お金持ち子沢山)
小沢氏は根っからの詐欺師ですな〜〜 詐欺師に騙される方も悪いんだけど。

それでも、役人どもの天下り先のために無駄遣いされるよりは、どれほどましかしれないけれど。
たぶん、多くの国民は、自民党がやってきた役人の天下り先のために使ってきた無駄な金を子供を持つ親のために回し、足りない分は増税と言ったら、まちがいなく容認すると思う。

自民党が活躍した時代は国づくりの時代ですから、官僚はそれなりに貢献して、それなりに甘い汁を吸ったのでしょう。別に自民党ではなくて民主党でも変わりなかったはずですよ。今の時代において、それを変えなければならないことには同意しますけれど。

この先、新しい国づくりにおいて小泉改革・安倍改革を推進できれば訳の分からん複合サービス事業などへの天下りの道が減るでしょうが、民主党が小泉改革の反動をやれば、そのような天下りの道が増える。なぜならば民主党は田舎度の高い産業・年齢層に媚びて回ったのだから。
複合サービス事業・農業団体・郵政・土建・医療・福祉が狙い目ですよ。
でも、それは「道」であって、党が天下り「通せんぼ」したら、その限りではない。

「道」の広さと「通せんぼ」の戦いですね。民主党の「通せんぼ」に期待します。

(田舎度加重)
複合サービス事業  0.90 <===ねらい目
農業        0.87 <===
70〜74歳    0.86
75〜79歳    0.86
65〜69歳    0.79
建設業       0.73 <===
45〜49歳    0.62
医療,福祉     0.61 <===
10〜14歳    0.61
公務        0.59
40〜44歳    0.51
教育,学習支援業  -0.05
製造業       -0.26
50〜54歳    -0.37
金融・保険業    -0.47
55〜59歳    -0.65
情報通信業     -0.67
I運輸業      -0.69
2002所得      -0.78 
35〜39歳    -0.80
分類不能の産業   -0.81
サービス業     -0.82
不動産業      -0.87
20〜24歳    -0.88
30〜34歳    -0.97

今、パートタイムの最低賃金で安いところ600円だが、これを1000円にすると言っている。1000円にしたら、多くの中小業が潰れる、もしくは雇用を減らすことになるだろう。

これなどは、ものすごいエゴイスト丸出しで、自分さえよければ他人なんかどうでも良いという考えをあからさまに出していて、きわめて不愉快だ。
時給1000円では中小企業が潰れるというのなら、自分の出演料を時給600円に下げるべきだ。

それは違います。経済の当たり前の行動様式を言っているだけです。
田原さんの人格とは何の関係も無い。

いったい時給600円で、どんな生活が出来るというのだろう。こういう考えに同調する人にもあきれはてたものだが、こうしたエゴ丸出しの暴言を吐くのなら、まず隗より始めよで、自分が体験してから言うべきだ。まったく、ちょこっと有名になると、元々持っていた傲慢さが露呈して来るというのは、元々人格が貧困だからなのだろう。
自分はものすごい高給をあたりまえのようにもらっておきながら、時給600円の人のことなど一顧だにしないというのは、人格的に大きな欠陥を抱えた馬鹿者としか言いようがない。このような非情で他人がいかに困ろうが全く意に介さないという愚か者の言うことなど、まったく耳を貸すに値しないと考える。


そんな愚にもつかないことを言っていないで、中小業を潰さないで、時給600円を1000円にする方法を考えて下さいよ。

その答えは国庫から差額400円を出すことです。
原資は?  
時給1000円を大きく上回っている人のサイフです、
「恐れず、ひるまず、とらわれず」言えば。
posted by 美国日本 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/412
Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相

「小沢戦法」に早くもほころびか。(^^ゞ
ときがたつと、「そのときの苦労」を忘れるものなんですって。(^^ゞ

田原総一朗曰く「小沢さんというのは非常に政局勘の鋭い人で、今民主党に吹いている風は半年も続かないだろうと思っている。だからこの風が吹いている間に、できるだけ早く解散総選挙に追い込みたいと思っている」

安倍内閣が退陣しないのでドンドン追求できるから民主党は喜んでいるという意見もありますが、田原総一朗に言わせれば「アホかいな」ということになりますね。

また曰く「この期限が11月1日で切れてそこで帰ってきたら、やはり世界から「日本は何をやっているのだ」と批判され、日本に対する怒りと不信感が高まるだろう。これをどうするのか。

そもそも、民主党はテロ特措法自体には賛成だったのだ。」

ほんとに小沢氏は一体なにをトチ狂っているのだ。
民主党はテロ特措法に賛成だったのに「民主党はもともと反対だった」とは。
反対だったのに国会では賛成したということか? それなら今言っていることも本当は反対なのに賛成と言っているってことですよね。信用できん。

と言って民主党を攻めるのも可哀相ですね。民主党は元々烏合の集なんですから一貫性を求めるのは厳しすぎる。早くアホサヨクを追い出すべきですね。
(それは横道グループのことですーーー早く横道に外してしまえ!)
小泉さんがアホ自民を追い出したように。

アメリカの特使が小沢さんを訪ねてきてテロ特措法の延長を懇願したらしい。
これは素晴らしいことです。自民党だけでは、それが出来なかった。
アメリカに恩義を着せておいて、結局、テロ特措法自体は延長させて先進国同盟を維持する。国民にとっては自民でも民主でもどっちでも良い訳で、二つを競わせて良いとこ取りしたら良いと思います。

消費税を上げないで財政赤字をしないで年金改革、「農家を元気にする」、「子ども手当て」・・・一体どうするの?
これは小沢さんの「農家を元気にする」手法が参考になる。バラマキです。

格差問題を解決するのに、安倍流に経済構造改革では不可能です。
なぜなら2003年以降、経済構造改革によって格差が増大しているのですから。
改革は「変化」ですから「変化」あるところに「格差」あり、これ理の当然。

ですから、格差対策は産業構造改革に支障を与えない金融政策しかあり得ない。
消費税を上げない・財政赤字をしないような金融政策は、お金が余っているところから足りないところに移動させるしか他に方法がないでしょうに。

格差の程度を県別所得のバラツキ具合で測ります。
平成7年度  13.60% (標準偏差/平均)
平成10年度 13.51%
平成11年度 13.66%
平成12年度 13.11%
平成13年度 12.69%
平成14年度 13.26%
平成15年度 14.34%

------------------
小沢氏を重ねて批判 小池防衛相
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070810/usa070810002.htm


参考:
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070809_23th/index1.html
田原総一朗の政財界「ここだけの話」

二つ目の山は動くのか 小沢民主に問われていること

小沢さんというのは非常に政局勘の鋭い人で、今民主党に吹いている風は半年も続かないだろうと思っている。だからこの風が吹いている間に、できるだけ早く解散総選挙に追い込みたいと思っている。

解散総選挙に追い込んで、もしそこで民主党が勝って政権を取った場合、日本は一体どうなるのか、という問題がある。

確かに、多くの国民は自民党に多くの“不満”がある。しかし、民主党に対しても“不安”がある。「本当に民主党に任せても大丈夫なのだろうか?」という不安だ。
この国民の不安をどう解消できるか。これができないと、“一つ目の山”は動かせても、“二つ目の山”は動かせない、ということになる。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070809_23th/index2.html
小沢さんや菅直人さんたちが声をそろえて「断固反対!」と言っている。
このテロ特措法はイラク戦争ではなく、オサマ・ビン・ラディンがいると言われているアフガンでのテロ特措法だ。そして今、イージス艦がインド洋で給油をしている。

実は、アフガン戦争については、中国も、イラク戦争に反対したドイツもフランスも、イランまでが賛成している。そのような中で日本もテロ特措法を作ってアフガン戦争に参加した。

この期限が11月1日で切れてそこで帰ってきたら、やはり世界から「日本は何をやっているのだ」と批判され、日本に対する怒りと不信感が高まるだろう。
これをどうするのか。

そもそも、民主党はテロ特措法自体には賛成だったのだ。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070809_23th/index4.html
さらに、民主党がもし政権をとるならば参議院選挙で掲げたマニフェストをどうするのか、という問題も出てくる。民主党は「3つの約束・7つの提言」というものを掲げた。これで参院選を勝ったのだと僕は思っている。

「3つの約束」の一つ目は、年金を2階建てにして、1階の部分は全部税金、2階の部分を厚生年金・国民年金・共済年金で一本化するというものだ。

岡田克也元代表、前原誠司前代表の時代からこれは言っていたが、彼らは、その1階部分を消費税でまかなうためには、消費税を3パーセント上げる必要があると言っていた。ところが、小沢さんは消費税を上げないと言っている。国民にとって消費税を上げないというのは確かに有り難いことだ。しかし、では財源はどうするのか。ここが極めてあいまいなままだ。

二つ目の約束は、「安心して子育てができる社会」を目指して、1人月額2万6000円の「子ども手当て」を支給するというものだ。これも財源はどうするのか。

三つ目は、「農家を元気にする」というものだ。農家を元気にするために、農家一戸一戸に「戸別所得補償制度」を導入するという。FTA(自由貿易協定)を実行すると、外国と取引をするときに、まるで国内で取引をするように完全障壁・非完全障壁を取り払わなければならない。そうなると、日本の農産物は高いので農業は大きなダメージを受ける。この農業が障壁になってFTAが進まない。
この農業を一体どうするのか。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070809_23th/index7.html

雇用条件も非常に悪い。給料も正社員の半額以下だ。テレビ局以外でも、多くの企業では全社員の半数近くの非正社員を抱えていると言われている。これを正すというが、一体どうやって正すというのか。政府が企業に命令するのか。
そんなことをしたら社会主義になってしまう。

はっきり言うと、小沢さんの、民主党の今度のマニフェストは社会民主主義だ。

今、パートタイムの最低賃金で安いところ600円だが、これを1000円にすると言っている。1000円にしたら、多くの中小業が潰れる、もしくは雇用を減らすことになるだろう。それをどうするのかと聞いたらおそらく小沢さんは「補助金を出す」と答えるだろうが、これも財源をどうするのかということになる。結局これも“ばら撒き”なのだ。
posted by 美国日本 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/413
Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

陸奥のヘッコロ谷に住んでる私が、
都会と田舎ではさほど格差なんかありませんよと主張をして
確実に私より都会に住んでるうーさんが
都会と田舎は大きな格差が有ると主張をしています。

私は埼玉です。仕事は東京です。生まれは滋賀県のド田舎です。
独身です・・・あ、これはどうでも良いことですね。

主張が逆だったら利益誘導になるところですが、そうではないところが面白いですね。

生活実感からはそのデーターもあまりにもの乖離に驚くばかりですね。
例えば
野菜、海草という欄がありますが、私が生活してること子は94.9と成っております。
女房が出納簿をつけているので見ましたら先月は750円。
他はすべてもらい物。
私はヘッコロ谷と申しましても駅前一等地でありますので、回り近所には畑田んぼなどはございません。
もう少し谷の奥などへ行けば限りなくゼロという事態になるのでしょう。
しかし野菜の指数は94.9なのですね。
それに住居の欄を見ますと指数が91.1となっております。
先ほど述べましたが六十坪の土地にたった3DKが4〜6万円。
大都市の指数は120.5


私は田舎の生活も知っていますよ。仰るとおり、ただで買えるものが多いですね。
弟夫婦などは米・野菜はただです。親がくれるから。
それに一般に田舎は資産がたっぷりあります。
親父などはバブルの時代に市街化調整区域の内外でうまく土地を転がしてウン億円儲けました、タラタラ農業しながら。

一人当たり所得の順位、東京 愛知 静岡 滋賀 神奈川 千葉 栃木 大阪 富山 茨城 三重 群馬 埼玉  (平成15年度)
で故郷滋賀の方が現住所埼玉よりお金持ちだということになってますな〜〜
なんでやねん。

いわゆるデーターマジックということですね。

所得に関しては今回お示ししたものより正しいものは、この世にありません。
あれば教えて頂きたいですよ、本当に。

データには歪みがあるのは当然のことですから、歪みがあるものとして、歪みが表に出ないようにして見ることが大切です。

たとえば、人間の網膜には上下左右が全く逆の像が写っていますね。そして網膜は真の球形ではないのですから相当歪んだ像が写っているはずです。しかも、網膜の敏感な箇所はごく僅かですから、像の大部分はボヤケテ見えているはずです。
でも、脳が勝手に情報操作して正常な像として理解しています。

データの見方も同じです。歪んだデータでも、その歪み方が一定であるような見方をすれば真の像が見えてきます。

都会と田舎では所得の評価が歪んで見えているデータであっても、その歪み方が年度によって異なるということは考え難いですから、年度推移データを相対的に評価すれば、歪みのない正しいデータになります。

格差の程度を県別所得のバラツキ具合で測ります。
平成7年度  13.60%
平成10年度 13.51%
平成11年度 13.66%
平成12年度 13.11%
平成13年度 12.69%
平成14年度 13.26%
平成15年度 14.34%
このデータから格差は増大傾向にあると言えますね。
各県の所得が歪んで測られていたとしても、その歪み程度は一定ですから、格差が増大傾向にあることだけは真の姿です。

また、絶対歪みようのないないデータと歪んでいるかも知れないデータを混ぜて分析して、異常に歪んでいるかどうかを知ることができます。
年齢構成・産業人口構成は絶対に歪んでいないと期待できます。移動スピードによって時間の進み具合が異なるのですが、光のスピードと比べれば地球の自転スピードは殆どゼロですから考慮しません。

田舎度係数(勝手に命名しました)を計算する係数は下記です。(前回も提示)
1.都会間でも田舎度が異なりますが、田舎度が高いほど所得が低い
2.都会は田舎より田舎度が低い
この二つが言えれば、都会・田舎を合わせても、田舎度が高いほど所得が低いと言えます。年齢構成・産業人口構成という歪みようのないデータと歪んでいるかも知れない所得データが矛盾しないのですから、所得データも問題を起こすような程度の歪みはないと言えます。

田舎度番付と所得番付の相関係数は-0.78です。(加重値です)
(やや強い相関といったところでしょうか)
田舎の所得は低いと78%の正しさで言えます。

(田舎度加重)
複合サービス事業  0.90
農業        0.87
70〜74歳    0.86
75〜79歳    0.86
65〜69歳    0.79
建設業       0.73
45〜49歳    0.62
医療,福祉     0.61
10〜14歳    0.61
公務        0.59
40〜44歳    0.51
教育,学習支援業  -0.05
製造業       -0.26
50〜54歳    -0.37
金融・保険業    -0.47
55〜59歳    -0.65
情報通信業     -0.67
I運輸業      -0.69
2002所得      -0.78 <===
35〜39歳    -0.80
分類不能の産業   -0.81
サービス業     -0.82
不動産業      -0.87
20〜24歳    -0.88
30〜34歳    -0.97

(田舎度番付)
島根県
秋田県
鹿児島県
山形県
宮崎県
高知県
長崎県
岩手県
鳥取県
佐賀県
青森県
熊本県
大分県
徳島県
福島県
愛媛県
新潟県
山口県
和歌山県
長野県
福井県
香川県
山梨県
沖縄県
富山県
北海道
岡山県
岐阜県
宮城県
三重県
栃木県
群馬県
石川県
茨城県
広島県
静岡県
奈良県
福岡県
滋賀県
兵庫県
京都府
千葉県
愛知県
埼玉県
大阪府
神奈川県
東京都

(所得番付-逆順)
沖縄県
青森県
鹿児島県
長崎県
高知県
秋田県
愛媛県
島根県
山形県
岩手県
熊本県
宮崎県
佐賀県
鳥取県
和歌山県
北海道
山梨県
宮城県
大分県
福岡県
兵庫県
埼玉県
福島県
奈良県
徳島県
香川県
新潟県
長野県
岡山県
岐阜県
京都府
広島県
山口県
石川県
福井県
茨城県
群馬県
富山県
三重県
大阪府
栃木県
神奈川県
千葉県
滋賀県
静岡県
愛知県
東京都

こういう実態に合わない数字を見せ、格差格差というじゅげむを耳に吹き込むことで、小沢民主党は勝ったようです。

小沢さんのアピールは所得格差と年金と農業でした。
(子育ても支援もあるけど、それは都市向け)
年寄りには年金問題が重要ですから所得格差よりも年金問題が貢献したと考えられる。そして何よりも複合サービス事業(胡散臭い施設)が小泉改革で粛清の対象になっていることが響いている。

(田舎度加重)
複合サービス事業  0.90
農業        0.87
70〜74歳    0.86
75〜79歳    0.86
2002所得      -0.78

ずいぶん実体とかけ離れた数字でただただ驚くばかりです。
住居費は勿論ですが、食料品一般にしてもあんな数字はいい加減だとしか思えません。
買えばそうでしょうが、買わなくても良い生活が田舎にはあるのです。
それを無視して格差に結びつけるのは詐欺ではないでしょうか。

田舎度と所得の相関係数0.78  ある程度意味があると言える。
実は民主党の本当の勝因は年金(老人問題)0.86 でしょうけど。

勝因が年金問題だとすると、小沢さんの詐欺度はこっちの方が酷い。
なぜなら年金問題を起こしたのは自治労(民主党)で安倍さんは解決者ですから。
年寄りのことですから嘘でもなんでも不安に慄いて民主党に入れてしまったのでしょう。

自民党は「恐れず、ひるまず、とらわれず」小泉改革を推し進めるべきですね。
たかが年寄りの冷や水、胡散臭い施設従事者の反乱ですから。

そう言えば、構造改革推進議員グループが声明を発表しましたね。
「安倍さん、辞めるな、私たちはあなたの味方です」・・・朝日新聞
民主党の嘘つきどもより、彼等の方が信頼できますね。

では全体としての物価指数はどうして計算するのか言うと、購買する商品構成を決めて
それが全部でいくらで買えるかという計算方法を採用しています。

夫婦二人で結構贅沢をして食料費は先月五万円を切ってます。
買わなくても暮らせる生活を無視してはいけません。

そうですね。格差の絶対値に対する疑問について同意します。
でも、時系列的には格差が増大していることは絶対的に真実です。

それも最初に私が反論しやすいようにデータをお示ししたからですよね。

出来ればもう少し実体に合う物を見せて頂きたかったです。

残念ながら、ありません。
ですから、歪んだデータから歪みを除いて正しい解析をする技術があります。

このようにして私達一般国民が韓流マスコミやアホサヨク政党・グループを攻撃できるように仕向けていけたら良いなと思う次第です。
あ、攻撃対象は民主党と決まったものではありません。自民党も攻撃しましょう。

私のようなアホサヨクでは、このデーターを使って攻撃など出来ません。
自分自身に恥ずかしい。


得手不得手がありますが、数値データであれ、記事データであれ、データをベースに議論しないことにはマスコミの暴力に負けてしまいます。なぜなら視聴者の数ではマスコミに勝てないのですから。

明治維新をもう一度!! 脱亜入欧をもう一度!! 文明開化をもう一度!! 科学の力で!!

美しい国 日本

格差は歴然とあるんですよ。しかも所得が高い都道府県ほど所得の増加が大きいので格差は広がる一方です。計算で証明済です。相関は0.57です。

現実感の無いデーターから導かれた数字で示されても格差をつけられている私が実感として無いといってる。
おかしなことですネェ。

おかしいですね。

格差の絶対値に対する疑問について同意します。
でも、時系列的には格差が増大していることは絶対的に真実です。

マクドナルドが伊達や酔狂で値上げ・値下げをするはずがありません。
高くしなければ赤字ですし、安くしなければ売れない。
経済合理性より正しいもの(第三者から見て)はない。その価格差がせいぜい8%ということです。(下記の2.88x3=8.65と符合する)

田さんが亡くなって以来あそこは伊達や酔狂で100円バーガーを売ったりして赤字になり、100円バーガーをやめたところです。
どうして信用をするかが理解できません。

マクドナルドが新聞発表どおりにやっているかどうかまで調べていません。
埼玉の値段しか知りません。

マクドナルドがいい加減な会社かどうかは知りませんが、少なくとも
計画ぐらいは正確にやるでしょう。
その場合の価格差が8%というのは、県別物価格格差(標準偏差)が2.88%と大体合致するのかなという私の推測でしかありません。
マクドナルドが実際にはどのように企画したのか知る由もありませんが。でも統計学者のやることは、たかが知れていますよ。

マクドナルド経済指標というのは確かに有って、一国内のことではなく、確か世界の都市の経済指標だと記憶してましたが、うーさんの言われてることとは違うのでしょうね。

いいえ、国内価格の設定の話として新聞に掲載されたことです。

データーを読めば読むほど信用が置けなくなりましたが、如何でしょうか?

ですから、データに歪みがあることも警戒して、歪みがあってもなくても出せる結論は、格差が増大しているという事実です。
また、田舎度係数と所得(歪みがあるとして)の相関係数が0.78ですから、その程度には所得の正確さがあると考えられます。

実態を反映しないでターをいくらいじっても、
碌な結果は得られないのではないでしょうか?

所得データに歪みがあったとしても、0.78ぐらいは信用できそうです。思案六歩ですな〜〜

地方格差より都市を含めた所得格差の方が重大な問題ですよ、という意味です。(そう書いていますよ)

効率よく働いたものが沢山所得を得ることが出来る。

それは生産者としての労働者の評価です。
給与はそれで良いと思いますが、生活者としての格差は不適だと思います。
現に、生産性は向上しているのにGDPは、もたついているじゃないですか。
未だにデフレ脱却の宣言が出来ていないじゃないですか。
それは、格差があるために消費が伸びていないからです。
税制によって格差が是正される程度に比例してGDPが増大することは証明済みです。
国民50%の低額所得者に対して約90万円を配布(高額所得者10%から移転)するだけでGDPが5%アップしますよ。逆に言えば不公平によって以前のGDPが5%ダウンさせられているのです。私が主張しているのは倫理観ではなくて、経済成長の為の公平です。

地方格差なんていい加減な格差ではなくて、全国共通の正規・非正規労働の格差の方が重大な問題です。
低額所得者(なんと100万円以下)の人口は非正規は正規の16倍もあります。
こんなものが、まともな先進国と言えるでしょうか。

最低賃金で抑制しますか? (アホどもは、そう主張している)
そんなことしたら会社がバタバタ倒産して、かえって国民は不幸になります。

経済構造改革でできることでしょうか?
そんなアホな。経済構造改革で格差が増大したのに。

ですから、税制によってしか解決しません。

統計名 平成14年就業構造基本調査 全国編
表名 年齢(14)、男女(3)、従業上の地位・雇用形態(4)、所得(16区分A)、教育(7)、有業者
数、全国
表章事項名 有業者数
年齢14 総数
男女3 総数
教育7 総数(未就学者を含む)
全国 全国

            所得階層別・正規・不正規別人口構成
          正規の職員・従業員 不正規の職員・従業員 非正規/正規
50万円未満       0.25%      3.72%         15.1
50−99万円      0.62%      10.42%         16.83
100− 149万円   1.96%      7.03%         3.59
150− 199万円   3.55%      3.68%         1.03
200− 249万円   6.61%      3.03%         0.46
250− 299万円   6.37%      1.48%         0.23
300− 399万円  11.85%      1.96%         0.17
400− 499万円   9.32%      1.21%         0.13
500− 599万円   6.64%      0.73%         0.11
600− 699万円   4.78%      0.76%         0.16
700− 799万円   3.79%      0.49%         0.13
800− 899万円   2.74%      0.39%         0.14
900− 999万円   1.66%      0.34%         0.21
1000−1499万円  2.14%      0.75%         0.35
1500万円以上     0.24%      0.48%         2.05

しかも沢山所得を得たものは世界に冠たる累進課税で私なんかは給料の四割を納めております。

日本の所得税率は安すぎます。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/028.htm
所得税・個人所得課税の負担額、実効税率、課税最低限に関する国際比較

正直言うと私は小沢さんに感謝しているのです。
私の解析を一部ですが(農村部分)サポートしてくれているのですから。
いずれ誰かが気づいてくれるという期待がありました。

おかしな論理ですネェ。
充分に国に納めている者からまたぞろ引っ剥がせですか。

国民経済が成長することを私は善だと考えています。
それから言うと所得格差が小さいほうが良いのです。
自由主義に反すると考えることもできますが、自由は生産面での格差で十分適えられております。会社で「俺はお前より素晴らしい仕事ができるからこんなに給料が高い。責任ある仕事をさせて貰っているよ」で十分であって,可処分所得なんてどうでもよいではないですか。どうせ使わないのだから。

絶対にそうは成らないでしょうが、
もしそういう悪法ができたら国を捨てる金持ちが続出でしょう。
貧乏人は国を出ても飯を食えませんが、金持ちは引く手あまたです。
しかも全ての金を他国に動かすことが今は出来るのですね。

税金逃れのために外国で所得を計上した人が重加算税を取られた例があります。外国の作家だったと記憶しています。
先進国は日本人が考える以上にナショナリストだということです。

年寄りはそうするでしょうが、若い方の稼ぎ頭は、
国籍ごと変えてしまうんでしょう。
ブルネイとか、アァ云った税金の掛からん国でね、
そして皆さん全て確定申告をするようになるのでしょう。

賢明な人間は決してそうはしないと思いますよ。
(またまた、皮肉が帰ってきそうだけど・・・)

格差が大きくて物騒な国に誰が移住したいと思うものですか。
オーストラリア移住が一時はやりましたが「やっぱり馴染めん」という人が多いですね。

公平で安全であることの価値を、水が只だと思うのと同じように、知らさすぎませんか。

年収の一千万以下はこのままでもそれを超えた辺りから、
サラリーマン個人?設立も法的には可能です。
全て必要経費、ブルネイからの渡航費用も通勤費で非課税です。
考えると面白い国になりますね。

個人の趣味の領域かも知れませんが、私はそんな面倒なことは嫌です。
みんなニコニコ顔で、安心して会社に行ける国が私には向いています。

タイだったと思いますが、最近お辞儀をしなくなったので学校で教えているそうですよ。経済発展と共にギスギスした国になってきたということですね。あの程度の経済レベルでね。

「いつも親切にしてくれて有難う。上海に案内しますよ」と友人親子に言われているのですが「飛行機が嫌いだから」と言って断っています。中国は物騒な国柄ですから。野蛮国は怖い。

偉いじゃないですか、日本人。一時は世界一のお金持ちになったときでも世界で一番公平な先進国だったのです。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/kotoba_waka.htm
「高き屋に のぼりて見れば 煙(けぶり)立つ 民のかまどは にぎはひにけり」
(新古707)(通釈)
仁徳天皇が、高殿に登って国のありさまを見わたすと、民家のかまどから煙がたちのぼっている。民の生活が成り立っていることをうれしく思う。

私のデータ解析は正しい。
データ自体が正しいかどうかは、私には解りません。

そうですね。
田舎暮らしの私の実体験から見ますと、
見せていただいたデーターは嘘です。

嘘を見抜いての解析であることを納得して下さい。
データで嘘をつくのは本当に難しいことなんですよ。
利口なやつが、どこかでアンバランスを発見するでしょうから。
(私は、そこまでは出来ませんけどね)

在日は参政権はありませんが、税金を払っておりますよ。

税金は外国人であっても払っていただきます。
その分自国の税金から控除されますよ、ただそれだけのこと。

生活保護も受け取っておりますよ。

「美しい国 日本」がそれを打ち破ってくれることを期待しています。

生活第一が在日にも当然適用なのでしょうし、

それば出来ませんよ。
それは「美しい国 本国」政府の仕事です、在日にとっては。

うーさんの提言している貧乏人に金持ちの金をくれてやるのも適用なのでしょう。
じゃないと不公平ですし景気も良くはならないでしょう。

景気に関しては、在日の人口は0.5%ですから問題にしなくても宜しい。
1〜2兆円もの無駄金を在日の生活保護に使っています。
これを「美しい国 日本」の国民に回せば、もっともっと美しい国になります。

どこに在日の参政権の合理性がありますか?

民主党はマニフェストで地方参政権をうたっており、
公明党、社民党も然りです。

既知外(キチ ガイ)ですね。

似非同和をご存知でこういうことを仰ってるんでしょうかね。
もう少し現実を見たほうがよろしいようですね。

ここんところ、詳しくお願いします。

同和と名乗ってる通名日本名の在日がごまんと居るということです。
在日は通名で公称とできるからです。

戸籍謄本を調べれば発覚することではないですか?

だから納税者リストでは解りません。

ならば、どうするの?

参ったナァ。
これはうーさんが金を上げるのは日本人限りだと申し、
納税者リストからチョイスすると云ったんじゃないでしょうか。

納税者リスト案は取り下げますので、なにか良い案があれば教えてください。
自民党と民主党が協力するようなものです、これは。

はっきり言って、安倍さんが小泉改革にどれだけ熱心か解らない。
単に経済音痴なのかも知れません。ここはもっと補強しないと敵が無茶苦茶言っても真に受けてしまう危険性もあります。

日経平均も7000円を上げ、
デフレも大方解消をし、
賃金も上方機運にあります。
経済は良くなってるんじゃ有りませんか。

いえ、まだまだです。
日銀はデフレ脱却宣言を出来ないでいます。

だから誤魔化し・プロパガンダですよ。
逆プロパガンダを出すのも良手かもね。都市部の反乱・若者の反乱ですね。
前回のデータは都市部の反乱・若者の反乱を支持します。

だから何度も申していますように、
格差格差と世界的に一番格差の無い国の国民に、


日本の格差はデフレ以前の状態にまだまだ復帰できません。

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/4660.html
所得格差の推移(先進国の国際比較)

耳元で不可思議な呪文を唱えて騙したんです。
しかも、国民自体がそれを望んでいた節もあります。


地方格差は小沢さんのデマゴーグで多少誇張があるようですが嘘ではありません。
年寄りにとっては「年金不安」に増幅されて地方格差が受け取られてのだと思われます。

地方格差よりも正規・不正規労働の格差の方が深刻だと思います。

自分の周りをしっかり見つめろ、都市部の若者たちよ!!もいっかい、小泉さんの説法を聴かないと分からないのかい?

撃ち返せば良いじゃないですか。
多分、核以外では自衛隊は負けませんよ。

核を東京にぶち込んだらどうなります?
ブッシュは北京に打ち込むと思いますか?
クリントンだったら、
即 研究班を東京に送ると思いますね。放射能汚染のネ。

そのためのMDじゃないですか。
チャチな北朝鮮なんか関係ないのです、本当は。
東欧にMDかなんかを設置して米ソで喧嘩しているじゃないですか。
それと同じことですよ。

日本は五輪以降も存続するのでしょう。

だから、五輪以前に決着をつければ良いじゃありませんか。

何をどう決着をつけるか解りません。

ガス田です。

田舎の爺様はまださほど使わんでしょうし、

田舎の爺様なんか放っておいて都市部・若者をターゲットにすれば良いだけのこと。

問題の参議院の一人区のほとんどは田舎なんですがね。
お分かりになってないようです。

いえいえ、だから、地方格差よりも都市部の正規・不正規労働の問題のほうが重大だから、若者たちよ、目を覚ませということです。

地方格差でさえ民主党が対処してくれるのだから、いわんや、正規・不正規労働をや,ということです。
自民党としても負ける訳には行かないはずですよ(と脅かす)。

データーは見方によってどうにでも解釈が出来ますから。
ブーメランになるかもしれないしね。

データの見方は、必ずしも一意とは言いませんが、そうそう無茶苦茶にはできないものですよ。

金で換算しない大きな生活実態が有るにもかかわらず、それを無視してさもそれが実体であるかの様に装うということですかね。

データ自身に歪みがあっても、歪みに惑わされない分析方法があるということです。
私は、その辺は周到に構えております。小泉改革のときから取り組んでますんで。

今回、データについての論議をしましたが「話せば解る」ものです。
データを提示しない議論は「話せば解る」を避けるために、アホサヨクがすることです。

私も個人的なデータ−を示しましたが、
如何でしょうか?

理解いたしました。

私はますます格差は世界一無い国だと実感をしております。

今やそうではないのです。(前述 国際比較)

対抗手段のキーワードはインターネット・都市部・若者ですね。

うーさんは現実を知らないからそういうことを言っておられるようです。
一人区のほとんどは田舎です。

ですから都市部の若者よ、正規・不正規問題について騒げ!!
と言う訳です。

だから格差格差という呪文が効いたんです。


年金不安と格差のダブル呪文ですね、田舎の爺っちゃん婆っちゃんにとっては。

六年間、言い続ければ良いじゃありませんか。
インターネット・都市部・若者でね。

同じ間違いをやるのは勝手ですが、
まだ日本に未練が有ります私はそれでは困るのです。

田原総一郎が小沢さんの不安を代弁しているように、小沢風は半年も持たないでしょう。

http://www.freeml.com/meiguoriben/412?sid=58ca2bd4016cfb6a061b3670c2eaf080
Re: 小沢氏を重ねて批判 小池防衛相

菅なんかどうでも良い、諸悪の根源は横道グループです。

そうですか。
ここんところ、詳しくお願いします。

民主党左派の横道グループ、実体は自治労から在日日教組と党の半分近くを占めるんですが、それを取り込むために小沢、横道との今後の民主党たいせいにたいしての合意が出来たのです。
これで保守小沢は、左翼親支那親半島と大きく舵を切り、国連偏重になったというわけです。
だから今回の民主党のマニフェストの肝は、横道民主党というのが実体なんですね。

なるほど。
でもそれでは次の総選挙を民主党は戦えないではないですか。
なんせ日本人は朝鮮と在日と日教組と自治労が大っ嫌いなんですから。

そのような日本人にとっては安倍さんの「美しい国 日本」論がピッタリですね。
だから自民党が安倍さんを下ろすことは自殺行為ですね。


民主との保守は完全に無視をされ隅に追いやられています。
菅なんかはせいぜい党の金で広告屋のお姉ちゃんとホテルにしけこむぐらいですから、
そう害はありません。

勉強になりました。

アメリカ下院議員のような事実ではないことに基づいた返答をした一郎君、狂気で無ければ病気だと私は判断します。

ここんところ、詳しくお願いします。

従軍慰安婦謝罪決議案、
調べもせず、情緒だけで作った決議案です、
一郎君の国連決議が無かったブッシュの戦争と申しましたが、
これも根拠がなく国連決議は有ったのです。

小沢さんとアメリカの交渉をウォッチします。
posted by 美国日本 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/408
Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/Tihou_Bukka.htm
を見てください。
全地区・全品目の物価指数の最小値71.5 最大値137.5です。
物価は全国であまり差がないということです。

一人当たり所得の推移(東京を1とする)

    1995年度2000年度2001年度2002年度
東京都   1.00  1.00  1.00  1.00
沖縄県   0.49  0.49  0.50  0.50

最小値71.5 最大値137.5物価指数がということは
最大値を一にして最小値が0.52ということになります。
ということは
アホサヨク、朝鮮サヨクで申し訳ないのですが、
ふーさんが示してくれた資料によれば
沖縄と東京の生活格差はマッタク無いということにはなりませんか。
違うのであれば、示してくれたのがいい加減なデーターという事になりますね。


「全地区・全品目の物価指数の最小値71.5 最大値137.5」
これは全地区・全品目についてですから、沖縄と東京の生活格差はマッタク無いという結論は出せません。(住居費だけでは生活出来ませんから)

品目によって物価指数は当然異なりますよね。

沖縄vs東京
住居    0.52
光熱・水道 1.04(沖縄の方が高い)

では全体としての物価指数はどうして計算するのか言うと、購買する商品構成を決めてそれが全部でいくらで買えるかという計算方法を採用しています。

前回お見せしたデータ
http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/Tihou_Bukka.htm
では「総合」という品目がそれにあたります。(エクセル不要、HTMLです)

    総合  対東京
沖縄県 92.3  0.85
東京都 108.7  1.0

沖縄の対東京物価指数0.85は対東京所得指数0.50を補いきれない。
物価指数で調整すると対東京所得指数は0.50/0.85=0.59ですね。

それにしても、データで考察して頂いて有難うございます。
このように反論して頂けると大変嬉しいです。
それも最初に私が反論しやすいようにデータをお示ししたからですよね。
このようにして私達一般国民が韓流マスコミやアホサヨク政党・グループを攻撃できるように仕向けていけたら良いなと思う次第です。

あ、攻撃対象は民主党と決まったものではありません。自民党も攻撃しましょう。

民主党が国政調査権をゲットしましたので、今までのように「仕方がないか、アホサヨクなんだから」では済まされない責任を民主党は背負い込みました。
横道アホサヨク・グループにとっては、これは受難ですよね。

マクドナルドが大都市圏を中心に平均3〜5%程度の値上げ、地方では平均2〜3%程度の値下げをやるということでした。最大8%の価格差です。
http://www.foxnavi.com/Information/content/150.html

マクドナルド指数なるものを私は信用をしておりません。
なぜなら50km範囲にマクドナルドがありません、
無いものをして私達の格差を論ずる根拠とするのはでたらめか、
傲慢以外の何物でもないと思うからです。

格差は歴然とあるんですよ。しかも所得が高い都道府県ほど所得の増加が大きいので格差は広がる一方です。計算で証明済です。相関は0.57です。

マクドナルドが伊達や酔狂で値上げ・値下げをするはずがありません。
高くしなければ赤字ですし、安くしなければ売れない。
経済合理性より正しいもの(第三者から見て)はない。その価格差がせいぜい8%ということです。(下記の2.88x3=8.65と符合する)

先ほどの物価指数「総合」の格差程度(標準偏差)は2.88です。
標準100に対して2.88ですから2.88%だということです。
2.88x3=8.65 すべての県の物価指数は100±8.65の範囲内に95%の確率で収まります。(統計学)

一方、所得の格差(標準偏差)は下記です。物価の格差(標準偏差)より大きい。
1995年度 13.83%(県別所得源数字の標準偏差/平均)
2000年度 12.93%
2001年度 12.69%
2002年度 13.26%

2002年度の格差は2000年度および2001年度に比して拡大しています。
その後どうなのかデータが見つかりませんが、所得が高い都道府県ほど所得の増加が大きいので格差は広がっているはずです。

1995年度はデフレ(地方沈降)の真っ最中ですから格差が大きいのです。

まあね、小沢さんの今回の行動は異常です。まるでアホサヨクみたい。
どこがアホサヨクかと言うと、地域格差は約2倍ですが、同じ都市部の正社員と非正規社員の給与も2倍程度、所得十分位で最高は最低の6倍もあります。(233万円vs1,393万円) 彼は物事の軽重を判断できない。
本当はこんな程度のデータは彼だって知っていなけりゃ可笑しいのですが、そこはそれ、誤魔化しデータとプロパガンダで世間をかき回して権力闘争をやらかしているところがアホサヨクだと言うのです。

私もアホサヨクの一員ということなのでね、
もっと信憑性のある資料を示してからのほうがアホ呼ばわりしやすいのではないでしょうか。

いいえ、貴方のデータの読み間違いです。
私の説明が不親切すぎました、御免なさい。
データ全体を示しているのだから読んでくれるだろうなんて考えたんだね。

参議院選では誤魔化しデータとプロパガンダで国民はすっかり騙されてしまいましたが、このまま6年間も騙され続けることはないでしょう。

格差格差とふーさんのようなデーターを片方だけ見せられれば信用をしてしまうのでしょうね。

データ公開については私は中立ですよ。(私は韓流ではありませんから)
でも人間には限度がありますので、私のデータではこうです、貴方のデータは?
というやり方しかできませんね。

どのような誤魔化し・プロパガンダがあったのか・・・
それは誤魔化し・プロパガンダをひん捲るもの=科学性(データで証明)で解明できます。
地域格差は約2倍、これは正しいデータですが、同じ都市部の正社員と非正規社員の 給与も2倍程度、所得十分位で最高は最低の6倍もあります。
もし彼の農業所得補償政策が正しいとすれば、農業に限らず都市住民も含めての所得再配分の方が数段正しいと言えます。これが科学性です。

と言うことを私は都市住民に訴えたい。
両方のエーターを見ると確かに較差は有りませんね。

格差はあります。しかも拡大中です。
物価調整で若干緩和されるかも知れませんが。

所得十分位で最高は最低の6倍もあります。

この辺の出し方なんかもはや詐欺師並みです。

所得階層十分位(最下位年収233万円vs最上位1,393万円)は公式のデータですよ。

地域格差は約2倍、これは正しいデータですが、同じ都市部の正社員と非正規社員の給与も2倍程度、

この後にどう繋げるつもりかがよく解りません。

地方格差より都市を含めた所得格差の方が重大な問題ですよ、という意味です。
(そう書いていますよ)

データーをリサーチする能力は認めますが、
初めに結論ありきで無理に結論を捻じ曲げてるように見えるのですが。

今時点で言うと「初めに結論ありき」です。
なぜなら、この結論は随分以前に出しているのですから。
でも、小泉改革真っ最中のときに、この結論を導いた時点では
「初めにデータありき」でしたよ。

正直言うと私は小沢さんに感謝しているのです。
私の解析を一部ですが(農村部分)サポートしてくれているのですから。
いずれ誰かが気づいてくれるという期待がありました。

目覚めることが「国民が責任をとる」ということです。

日本でなくなっちまった後で目覚めてもしゃぁ無いと思いますがね。

今後の政治の展開を悲観的に考えると、そういうことになりますね〜〜

国民はのんびり6年間の内に目覚めれば良いのですが、自民党が焦ってしまって、変なことをしないとも限りませんね。それが心配です。

郵政民営化凍結法案、テロ特措法云々
世界の中の変わりモンで生きていければ良いのですが。

そういうことですね。

郵政民営化法案・テロ特措法(アフガン)に対して小沢さんは賛成したじゃないか。
なんでいまさら、変なことを言いだすのかな〜
「民主党はもともと反対でした」・・・なんという白々しい嘘を!!

(1)
自民・民主が協力してより良い法案(官僚不利・国民有利)を作ってくれれば、いわば自民党が二つできたようなものですから、こりゃ、言うことなしですね。
(なぜ自民党が二つかというと、反日グループは反対しかできないからです)

(2)
もし菅グループが前面に出て衆議院vs参議院の対立で政治が停滞するのであれば総すかん食うのは参議院=民主党ですね。なぜなら政治・行政をするのは参議院ではなくて衆議院なのですから、政治・行政を止める行いを参議院がやってはいけない。

一郎君はやるといってるのですがね、
総すかん六年間食っても捻じれは変わらんのですがね。

どっかの既知外在日が後ろからズドンと、故長崎市長のように。

地方紙もありますよ。and、インターネット。
テレビにインターネットのブラウザーを組み込んでしまえばマスコミが周波数を独占していることが無意味になってしまいます。

地方紙は共同から記事を買ってるんです。
ここはご存知のように力の有る反日です。

静岡新聞はどうなんだろう。時々斬新な記事を発表しますよ。

それにテレビにインターネットのブラウザーを組み込むっていつの話ですの。

これは技術的な可能性でしかない。実現の時期は解りません。
ホリエモンが潰されたことも、なんらかの脈絡がありそうな気がします。

私はデータで格差の存在を証明しました。そしてそれが拡大していることも。
言葉だけの空しい反論はやめて頂きたい。

オウンゴールしちまっただけでしょう。
冷静になって自分が示したデーター見てください。


いいえ、貴方の間違いですよ。

と言っても私は決め付けは嫌いですから致しません。
ご主張にそったデータを示して下さい。

うーさんの示したデーターで必要充分ではないでしょうか。


いいえ。
私のデータ解析は正しい。
データ自体が正しいかどうかは、私には解りません。

在日は最初から「生活第一」補償金の対象外です。

在日は参政権はありませんが、税金を払っておりますよ。

税金は外国人であっても払っていただきます。
その分自国の税金から控除されますよ、ただそれだけのこと。

参政権は自国の国籍を持った国民だけに与えられるものです。
これ、世界の常識です。 
文明国同士が相互に参政権を与えることもあります。
朝鮮と日本では文明の度合いが全然違います、馬鹿にするなと言いたい。
相互主義は韓国側が率先して拒否しましたよ。
どこに在日の参政権の合理性がありますか?

朝鮮人は言葉で言っても解らない。解らせる為にはドヤシツケないと。戦前はそれで双方上手くいっていたらしい。

http://www.youtube.com/watch?v=YRFmzRKvx7I&mode=related&search=
Japanese Yakuza 1-6
(youtubeに入ってからYakuzaでyoutube検索すれば全てのビデオを聞けます)
これによるとヤクザ人口は9万人、その60%は同和関係者、30%は在日(南北)朝鮮、10%が普通の日本人だということです。

在日を除外さえすればヤクザの30%を除外できます。
同和関係者は日本人ですから除外する根拠がありませんね。

似非同和をご存知でこういうことを仰ってるんでしょうかね。
もう少し現実を見たほうがよろしいようですね。

ここんところ、詳しくお願いします。

在日は貧乏であろうがなかろうが、日本人でないことは納税リストで分かるのですからその時点で弾けばよいではありませんか。

青色申告所には在日などと書く欄は有りませんし納税者リストにも税金を払っている在日の名前は当然存在しますよ。
通名で書かれる場合もあります。
そうなっては半島系か島国系かの判断はつきません。
だから納税者リストでは解りません。

ならば、どうするの?

しかも民潭、朝鮮日報出身の参議院議員が登場しております。

だからこそ安倍さんが頑張って、在日特権を次々に剥がしていこうとしています。
それが「美しい国 日本」ですよ。(汚いアジアを除外しよう)
だからこそ、北朝鮮は今度の選挙で民主党を応援したのです。

確かにそうですね。

はっきり言って、安倍さんが小泉改革にどれだけ熱心か解らない。
単に経済音痴なのかも知れません。ここはもっと補強しないと敵が無茶苦茶言っても真に受けてしまう危険性もあります。

ただし外交路線(対北朝鮮など)・憲法改正に関しては天下一品です。
早い話が「美しい国 日本」vs「汚いアジア」のことです。
安倍内閣は明治政府に決して劣らない維新政府ですよ。

「おぼっちゃま」などと揶揄するのは、実は逆に恐れているのでしょう。

暴力団員の半数が在日だという現実があるのです。

上記では30%。

似非同和!!

ここんところ、詳しくお願いします。

納税者リストには棒量団員という職業が記入されているのでしょうか。
そうではないでしょうね。

暴力団員は警察に聞かなけりゃ分からないのかな。

在日もかかれてませんね。

ですから、自民vs民主、衆議院vs参議院で自由闊達に議論すればよい。

民主党は結論ありきなんですよ。
議論なんかするつもりはありません。
してもお飾り、国民に対しての取り繕いということです。

そんな、まるで北朝鮮みたいな党を許して良いのか〜〜〜
自民党も良いとは言えませんが。

年金問題で(訳が分からないですが)政府と自民党が矢面に立たされて参議院選挙では民主が勝ったかもしれないですが、年金問題を参議院で論議すれば、国民の目から見れば公務員に甘い民主党案より、解体して民主化しようという自民党案の方が良いに決まっているじゃないですか。

だったらどうしてこういう事になったんでしょうか。

だから誤魔化し・プロパガンダですよ。
逆プロパガンダを出すのも良手かもね。都市部の反乱・若者の反乱ですね。
前回のデータは都市部の反乱・若者の反乱を支持します。

ミサイル撃って来たらどうします?
クリントンの母ちゃんが大統領だったりして。

いいえ、威嚇するだけで十分です。

威嚇したら撃って来ちまった。
どうします。

撃ち返せば良いじゃないですか。
多分、核以外では自衛隊は負けませんよ。

五輪を控えて中国は何もできません。なんせ中国は札付きの軍国主義ですから今以上に軍国色を出したら五輪はオジャンです、経済成長はストップです。
(勿論、日米豪印軍事同盟にあわせて外交攻勢が伴わなければ駄目ですが)

日本は五輪以降も存続するのでしょう。

だから、五輪以前に決着をつければ良いじゃありませんか。

五輪、万博以降来るであろう、支那のスーパーバブル崩壊、憤懣をどこに向けるのが一番か、手っ取り早く一番効果が有るのは日本でしょうネェ。
それがために色々と工作をしてるのですから。

そうでしょう。五輪以前に一波乱しておけば、後がやり易い。

なんの為にインターネットがあるのですか。
先ほどの田舎度係数で言えば若者に訴えれば良いのです。
若者はインターネットに敏感ですから。

田舎の爺様はまださほど使わんでしょうし、

田舎の爺様なんか放っておいて都市部・若者をターゲットにすれば良いだけのこと。

データーは見方によってどうにでも解釈が出来ますから。
ブーメランになるかもしれないしね。

データの見方は、必ずしも一意とは言いませんが、そうそう無茶苦茶にはできないものですよ。

今回、データについての論議をしましたが「話せば解る」ものです。
データを提示しない議論は「話せば解る」を避けるために、アホサヨクがすることです。

でも情緒で的な反応というのは確実に伝染をします。

そうですね、残念ながら。
でもそれをクリアーするのが世耕さんの仕事でしょう。

それはそのとおりですが、狙い通りに行きますかね。
国民としては参議院選で政府・自民党にある程度反省を求めましたから、それで満足。

マスコミは讀賣も含めて血気盛んです。
これを後半年演られたら相当効きます。


対抗手段のキーワードはインターネット・都市部・若者ですね。

後は、田舎者が民主党に、都会者が自民党に自己の利益を主張する過程において、政策が決定されるということだと思います。

いつ、どこで、誰が言うのでしょうか。
もう既に発言してしまった六年分をネ。
現実を見てください。

六年間、言い続ければ良いじゃありませんか。
インターネット・都市部・若者でね。

菅グループさえ退治できれば自民党・民主党のどちらが、どう転んでも良い。
自民党1(国際経済)と自民党2(国民経済)ですから。

うーさん
相手を間違ってますよ。
菅なんかどうでも良い、諸悪の根源は横道グループです。

そうですか。
ここんところ、詳しくお願いします。

今まで一郎君は失敗するとスゥーッとスカシッペのように消えてたんです。
しかしここ一年、何かが一郎君を変えたようです。
お父さん、お母さんはとっくの昔に鬼籍ですから、
やはり健康問題でしょうね。

そんな個人の都合で日本の・アジアの・先進国同盟の運命を決められちゃ困りますな〜

私個人としては同盟国に対して失礼なことを強要するアメリカ人に、良いしっぺ返しをしてやりたいのですがね、

なんとかいう似非日系議員もその一つですね。

同盟国の大使を報道陣の中に四十五分もさらし者にした挙句、テロ特措法延長は反対だと、

ゴネて見せるのも気付薬程度にしましょうね。北朝鮮ゴッコは危険ですよ。

アメリカ下院議員のような事実ではないことに基づいた返答をした一郎君、狂気で無ければ病気だと私は判断します。

ここんところ、詳しくお願いします。
posted by 美国日本 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/406
Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

科学性(データで証明)
一人当たり所得の推移(東京を1とする)


前回提出したデータで見ると県別の(一人当たり)所得格差が明確に証明できます。
また2002年所得と2002年前年度成長率の相関係数が0.57と比較的大きいことから所得の高い県は益々高く、低いところは益々低くなって、格差が増大しています。
前回は相関係数が0.2と言いましたが東京のデータを含めていましたの間違いでした。

所得も大事でしょうが、どのくらいの価値でお金が使うことが出来るかも大切ですね。

簡単に申せば、
私のヘッコロ谷の土地、五千坪でも銀座の駅前の土地一坪買えません。
所得が半分だとしても、
土地の価格が五千分の一では  さてどちらに格差があるのでしょうかね。

そういう論議は特異点に異常な焦点を当てた間違い論議です。
まるでアホサヨクみたいですよ。
私は(自由主義・民主主義の)左翼は好きですがアホサヨク・朝鮮サヨクは大っ嫌いです。
事実・客観データに基づかないからです。

http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/Tihou_Bukka.htm
を見てください。
全地区・全品目の物価指数の最小値71.5 最大値137.5です。
物価は全国であまり差がないということです。

マクドナルドが大都市圏を中心に平均3〜5%程度の値上げ、地方では平均2〜3%程度の値下げをやるということでした。最大8%の価格差です。
http://www.foxnavi.com/Information/content/150.html

必ずしもそうとばかりは言えないでしょう。
国民の目から見れば自民党ではなくて民主党の横暴ととられると困るから。

今回の一郎君はそういうのをかなぐり捨てて、
自民つぶしに掛かるのではなかろうかと思いますよ。
あの顔色からせいぜい一年やれるかどうかなのでしょう。
心臓が持たない。
最後の賭けに出ている、何が何でも潰す、そういう覚悟が見えます。

まあね、小沢さんの今回の行動は異常です。まるでアホサヨクみたい。
どこがアホサヨクかと言うと、地域格差は約2倍ですが、同じ都市部の正社員と非正規社員の給与も2倍程度、所得十分位で最高は最低の6倍もあります。(233万円vs1,393万円) 彼は物事の軽重を判断できない。
本当はこんな程度のデータは彼だって知っていなけりゃ可笑しいのですが、そこはそれ、誤魔化しデータとプロパガンダで世間をかき回して権力闘争をやらかしているところがアホサヨクだと言うのです。

最短六年間  他所事で評論家続けてられますかね。

マスコミのことですね。

国民です。
負けて責任を取るのは自民党ではなく日本国民です。

参議院選では誤魔化しデータとプロパガンダで国民はすっかり騙されてしまいましたが、このまま6年間も騙され続けることはないでしょう。

どのような誤魔化し・プロパガンダがあったのか・・・
それは誤魔化し・プロパガンダをひん捲るもの=科学性(データで証明)で解明できます。
地域格差は約2倍、これは正しいデータですが、同じ都市部の正社員と非正規社員の給与も2倍程度、所得十分位で最高は最低の6倍もあります。
もし彼の農業所得補償政策が正しいとすれば、農業に限らず都市住民も含めての所得再配分の方が数段正しいと言えます。これが科学性です。

と言うことを私は都市住民に訴えたい。

朝鮮人じゃあるまいし、日本人なら6年の間には確実に目覚めますよ。
農業所得補償政策の対象である田舎(高年齢・農業・公務員・公的施設従事者の比率が高い)の住人は目覚めることはないでしょうが、都市住民・若者は目覚めるでしょう。

目覚めることが「国民が責任をとる」ということです。

たとえば年金改革。
保険料の流用禁止など民主党案の方が良い面もあるのでこれを取り入れる。
そうすれば、社会保険庁の解体案に関しては民主党案は公務員身分保障(公務員擁護)
ですから自民党案が国民には受けが良い。
自民党は民営化まで(強引に)持ってきたのだから優位。

今回の選挙を診て、理性的に投票をした国民、
何割いたのでしょうね。
とても有利には思えません。

年金問題で煽られ本当の犯人(自治労)を見逃してしまったのは、理性ではなくて感情によるものですね。感情の中でも不安・不満は人をして理性を失わせますね。

でもまあ、感情は一時のことですから、そのうちに理性をとり戻しますよ。
たしかに自民党・官僚の横暴は過去あったわけですから、そのことに気づかされたことは「不幸中の幸い」「怪我の功名」と申せましょう。

国民はのんびり6年間の内に目覚めれば良いのですが、自民党が焦ってしまって、変なことをしないとも限りませんね。それが心配です。

小沢さんは豪腕ですからね、その無茶苦茶程度は安倍さんを凌いでいる。
選挙に勝つまでは党利・党略で強引に引っ張ってきましたが、国会審議においてまで民主党が小手先の戦術を使うようであれば国民の総スカンを食いますよ。

六年間以上、参議院は解散がありません。
総すかん食おうがくわまいが、体制は変わりません。
衆議院解散をして衆議院に民主がゼロだとしてもです。
日本は議会政治ですから、参議院の重みは有効です。

(1)
自民・民主が協力してより良い法案(官僚不利・国民有利)を作ってくれれば、いわば自民党が二つできたようなものですから、こりゃ、言うことなしですね。
(なぜ自民党が二つかというと、反日グループは反対しかできないからです)

(2)
もし菅グループが前面に出て衆議院vs参議院の対立で政治が停滞するのであれば総すかん食うのは参議院=民主党ですね。なぜなら政治・行政をするのは参議院ではなくて衆議院なのですから、政治・行政を止める行いを参議院がやってはいけない。

日本経済を潰してしまったら元も子もない。それでも他紙を凌駕して自紙だけ生き残るのだといっても他紙が反撃しますね。素人が下手に朝日新聞を攻撃するよりも他紙の反撃を待って支援するほうが良さそうですね。

毎日、日経、東京、が子分、
ワタナベ讀賣が友好関係というところですから、痛くも痒くもないのでしょうね。

地方紙もありますよ。and、インターネット。
テレビにインターネットのブラウザーを組み込んでしまえばマスコミが周波数を独占していることが無意味になってしまいます。

そう格差 格差と世界的に一番問題の無いものを煽って、あるかのように見せているだけです。
だましです。

私はデータで格差の存在を証明しました。そしてそれが拡大していることも。
言葉だけの空しい反論はやめて頂きたい。

と言っても私は決め付けは嫌いですから致しません。
ご主張にそったデータを示して下さい。

そういうことの繰り返しで、韓流に流されがちなマスコミの誤魔化し・プロパガンダに負けないような堅固な・科学性に裏打ちされた国民の知性を養っていきましょうよ。

しかし
貧乏人と言われる方々の所得をどうやって把握するんでしょうか。

納税者リストから把握するのが正しいと思います。

納税者リストですか。
信用が出来ませんな。
在日も、暴力団も入っておりますね。
私も入っております。

在日は最初から「生活第一」補償金の対象外です。

http://www.youtube.com/watch?v=YRFmzRKvx7I&mode=related&search=
Japanese Yakuza 1-6
(youtubeに入ってからYakuzaでyoutube検索すれば全てのビデオを聞けます)
これによるとヤクザ人口は9万人、その60%は同和関係者、30%は在日(南北)朝鮮、10%が普通の日本人だということです。

在日を除外さえすればヤクザの30%を除外できます。
同和関係者は日本人ですから除外する根拠がありませんね。

   人口    ヤクザ人口 ヤクザ率(ヤクザ人口/人口)
在日   598,687  27,000  4.510% (在日人口は http://mindan.org/toukei.php
日本人108,224,783  63,000  0.058%
          90,000  77.5倍

在日のヤクザ率は4.510%!!  多分就労者の10%ぐらいかな。
世界広しと言えども就労者の1割がヤクザなんて民族があるかな〜
在日のヤクザ率は日本人の77.5倍!!

在日外国人参政権をゴリオシされているのはヤクザに脅かされているのでしょう。
政治家はヤクザに弱いそうですから。

在日は日本国籍を持っていませんから「生活第一」とは無関係です。
なぜなら投票権を持った人が「生活第一」に投票したのですから「生活第一」の対象は投票権を持っている日本国民だけです。それが論理的でしょう。

民主のマニフェストには地方参政権をうたってますヨ。


そうですね。
これを、もっともっと宣伝して、民主党がいやしくも政権交代しようというなら、地方参政権提案を取り下げさせないといけませんね。(公明党がやっかいですね)

農業所得補償に対して都市住民が、在日に対して正当な日本人が、「No!!」を言える
ように、皆さんに宣伝していかなくてはいけませんね。

在日の生活保護は廃止するべきですね。「生活保護」を成立させたのは日本国籍を持った日本人ですから。
在日は韓国・朝鮮に投票権を行使して韓国・朝鮮の生活保護を受けたら良い。

在日はうーさんの言われるところの貧乏人には含まれないということですか。

在日は貧乏であろうがなかろうが、日本人でないことは納税リストで分かるのですからその時点で弾けばよいではありませんか。

しかし
数々の特権を手放すとは思えませんがね。

在日の特権は日本国民が与えたものですから、これまた、日本国民が返してもらいましょう。
ただ、それだけのことですよ。
韓国は「在日は日本の国内問題である」と明言しました。
韓国は面倒なことに関わりたくないのですね。筋が通っていますね。
だから日本の有権者が在日をどうしようが外交問題は起こりません。

税金も払っていることですしね。

外国人であっても税金を払うことは当たり前の義務ですよ。
日本で税金を払っている外国人は自国の税金を免れるというだけのことです。

しかも民潭、朝鮮日報出身の参議院議員が登場しております。

だからこそ安倍さんが頑張って、在日特権を次々に剥がしていこうとしています。
それが「美しい国 日本」ですよ。(汚いアジアを除外しよう)

だからこそ、北朝鮮は今度の選挙で民主党を応援したのです。

http://oracle.jugem.jp/?eid=1007
【北朝鮮】 労働新聞 「安倍一味は腐敗政治と決別し、権力の座から退くのが良い」と退任を促す
北朝鮮メディアが安倍首相退任促す論評

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は23日、参院選を控えた安倍政権が、赤城徳彦農相の事務所費問題で「さらに苦境に陥った」と指摘、「安倍一味(政権)は腐敗政治と決別し、自ら権力の座から退くのが良いだろう」と退任を促す論評を掲載した。

北朝鮮メディアが日本の首相の退任を求める論評を出すのは異例。
北朝鮮指導部の安倍政権に対する厳しい認識を反映しているとみられる。
北朝鮮メディアが赤城農相の事務所費問題を取り上げるのも初めて。

論評は、松岡利勝前農相の自殺や年金記録不備問題、閣僚の相次ぐ失言などで安倍内閣の支持率は「落ちるところまで落ちた」とし、「参院選での惨敗を意識した責任論も台頭している」と述べた。

[2007年7月23日12時50分]
(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070723-231203.html

暴力団員とは言え日本人ですから生活保護の対象であって当然ですね。
ただし一方では暴力団員は暴力団追放の対象にして数を減らさないといけませんね。

暴力団員の半数が在日だという現実があるのです。

上記では30%。

「生活第一」補償金は納税者リストから把握すれば暴力団員は除かれます。

納税者リストには棒量団員という職業が記入されているのでしょうか。
そうではないでしょうね。

暴力団員は警察に聞かなけりゃ分からないのかな。

歳入庁を作るというのが民主党案の骨子です。

この部分は排除するべきですね。民主党の公務員擁護姿勢として堂々と非難すれば自民が勝つ。

現実を見ていただきたいのです。
民主党の支持団体に自治労という巨大組織があるのですし、比例区で一番当選したのは自治労出身者です。
それが参議院の過半数を握っているのですよ。数は国民の声です。

ですから、自民vs民主、衆議院vs参議院で自由闊達に議論すればよい。
年金問題で(訳が分からないですが)政府と自民党が矢面に立たされて参議院選挙では民主が勝ったかもしれないですが、年金問題を参議院で論議すれば、国民の目から見れば公務員に甘い民主党案より、解体して民主化しようという自民党案の方が良いに決まっているじゃないですか。

民主党が田舎で勝ったので田舎とは何かを分析しました。
産業人口比率と年齢構成で田舎度合いを計算しました。
各県の産業人口比率と年齢構成に下記の係数を加重して合計すると田舎度係数になります。

複合サービス事業 0.90
農業 0.87
70〜74歳 0.86
75〜79歳 0.86
65〜69歳 0.79
建設業 0.73
45〜49歳 0.62
医療,福祉 0.61
10〜14歳 0.61
公務 0.59
40〜44歳 0.51
教育,学習支援業 -0.05
製造業 -0.26
50〜54歳 -0.37
金融・保険業 -0.47
55〜59歳 -0.65
情報通信業 -0.67
I運輸業 -0.69
2002所得 -0.78
35〜39歳 -0.80
分類不能の産業 -0.81
サービス業 -0.82
不動産業 -0.87
20〜24歳 -0.88
30〜34歳 -0.97

民主党は上の部分を狙いました。自民党は下を狙えば良いのです。
と言うか、下の部分に当てはまる国民は自民党に期待するしかないのです。

老人供が、複合サービス事業(胡散臭い施設)労働者が、農業者が、建設業労働者が、医療・福祉労働者が、公務員が何んと言おうが、若者が、不動産業労働者が、サービス業労働者が、自己主張すれば、民主党の依怙贔屓を粉砕できます。
そしてそれを支持してくれるのは自民党なのです。そうでなきゃ、自民党は崩壊する。

国益とは生活第一のシグマでしょう。(複利つきシグマ)
天然ガスを中国に盗掘されている分は国民の「生活第一」が減らされています。
自衛艦一隻出したほうが得だと思います。

ミサイル撃って来たらどうします?
クリントンの母ちゃんが大統領だったりして。

いいえ、威嚇するだけで十分です。
五輪を控えて中国は何もできません。なんせ中国は札付きの軍国主義ですから今以上に軍国色を出したら五輪はオジャンです、経済成長はストップです。
(勿論、日米豪印軍事同盟にあわせて外交攻勢が伴わなければ駄目ですが)

ばれたとしても目先の領収書のほうがなんぼか関心がある。
政党助成金で買った高級マンションより、
朝日新聞に煽られたウン十万円の領収書のほうが問題だってんだから、有権者の良識なんか  ネェ  信用できますの?

情報を与えないで、有権者は馬鹿だと言っているだけじゃ自己満足ですね。

新聞で騒がれ、週刊誌で大騒ぎをしていますよ。見たいものしか見えないのですよ。

なんの為にインターネットがあるのですか。
先ほどの田舎度係数で言えば若者に訴えれば良いのです。
若者はインターネットに敏感ですから。

http://vote1.fc2.com/poll.php?mode=result&uid=1582713&no=4
国民年金データ紛失不祥事 悪いのは誰?
[投票期間] 2007/06/25 〜 無期限 [投票数] 286票

官僚(社会保険庁など)が悪い (93票/32.5%)
社会保険庁労組(官公労・自治労)が悪い (94票/32.9%)
政府が悪い (21票/7.3%)
自民党が悪い (44票/15.4%)
民主党が悪い (26票/9.1%)
社民党が悪い (2票/0.7%)
共産党が悪い (0票/0%)
公明党が悪い (4票/1.4%)
誰も悪くない (0票/0%)

http://vote1.fc2.com/poll.php?mode=browse&uid=1582713&no=5
国民年金データ紛失不祥事 社会保険庁解体?
[投票期間] 2007/06/25 〜 無期限 [投票数] 123票

社会保険庁の解体に賛成 (87票/70.7%)
社会保険庁の解体に反対 (36票/29.3%)

先にも申しましたが一郎君は年内、一日も早く解散に追い込み、田中派政権樹立を狙っているのです。
先が見えた心臓としたら演り抜くんじゃないかと私は思います。
半年だったら少々の混乱、問題は無いと判断していると思います。

それはそのとおりですが、狙い通りに行きますかね。
国民としては参議院選で政府・自民党にある程度反省を求めましたから、それで満足。
後は、田舎者が民主党に、都会者が自民党に自己の利益を主張する過程において、政策が決定されるということだと思います。

菅グループさえ退治できれば自民党・民主党のどちらが、どう転んでも良い。
自民党1(国際経済)と自民党2(国民経済)ですから。

寝技恫喝できる人って、
今の自民党にはもういませんね。
みんな死んじまった。

その筆頭が小沢さんなのだから。

イイヤ
この男に寝技なんか出来ません。恫喝も中途半端。
今まで一郎君は失敗するとスゥーッとスカシッペのように消えてたんです。
しかしここ一年、何かが一郎君を変えたようです。
お父さん、お母さんはとっくの昔に鬼籍ですから、
やはり健康問題でしょうね。

そんな個人の都合で日本の・アジアの・先進国同盟の運命を決められちゃ困りますな〜
posted by 美国日本 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

Re: 米の戦争に加担せず…民主・小沢氏、テロ特措法延長に反対

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/404
Re: 米の戦争に加担せず…民主・小沢氏、テロ特措法延長に反対

小沢氏は「小泉自民党」時の矛盾を、今突いているといえます。
自衛隊のイラク派遣は正しかったのか?
そもそもイラク戦争の根拠は何だ?
国際法違反ではなかったか?

「ブッシュ米大統領は『アフガニスタンでのテロに対する米国の戦争だ』と明言している。米国の戦争に加担することは民主党としては反対だ」

国連決議の内容はアメリカの自国防衛の権利を認めたものであったと記憶しています。

ではなぜ米軍ではなくて多国籍軍が戦争しているのでしょう。
1.対テロ戦争に対する同意
(うちが攻撃されたら同様にうちも反撃しまっせ。その節は宜しくね)
2.軍事同盟 (外国の事情は知りませんが日本は日米同盟がある)

決して米国の戦争ではありません。
国際的な仁義、中でも先進国同盟の仁義を軽んじるような浅はかな民主党には嫌悪感を感じます。

自衛官でも正直、???と疑問に思うことを
改めて問うている。
そこがすごい!
未来予報士として先に見えますのは、「カオス」。

先進国の仁義を忘れたら、そりゃ、カオスになって当然です。
野蛮国(自由主義・民主主義の反対者)が多い中で先進国が人類の知性をリードしている状況が弱体化したら、そりゃ、カオスになるしかありませんね。
古代・中世の時代に舞い戻ってどうしようと言うのでしょうか。

もし宇宙人がこの地球を監視していたら笑い出すでしょうね。
「地球人、アホかいな、こりゃ、アカンわ、まだまだ我々の仲間にはできんな」

強固な日米関係にひびを入れておいて、
日中関係や日韓関係に新たな「細胞の芽」を植えつける。
それだけ多くの「可能性」がひろがる。

それが解っていて看過しているようでは、
「地球人、アホかいな、こりゃ、アカンわ」

経済、軍事、政治・・・・チャネルを多岐に、多様にする・・・。

経済・政治は多チャンネルであるべきですが、軍事はスッキリ先進国vs野蛮国でないと軍事的な暴発の危険性がありますね。

これぞ、安倍自民党の「憲法改正論議封じ」なのですね。
勝負は見えてきた・・・・・。

安倍政権の経済政策は小泉改革を継承している面は良いとして、小泉改革の置き土産(格差問題)を是正しないことに対して私は我慢ならなかったのですが、小沢民主党がこれに注目してくれたので溜飲が下がった思いです。
小泉改革の継承と置き土産是正はまったく矛盾しないので自民・民主で協力できる。

安倍政権の外交には全面的に賛成です。時に北朝鮮をはじめ野蛮国対応は素晴らしい。
野蛮国対応のためには憲法9条は邪魔になりますね。
憲法9条は日本に再軍備させたくない「先進国」の利益のために設けられてのだと思いますが、現在は先進国同士の戦争ではなくて野蛮国が戦争を仕掛けてくる危険が高まっています。北朝鮮がその代表です。

そういう歴史の分岐点にあって、安倍改革の歩みが止まることは残念です。

-------------------
米の戦争に加担せず…民主・小沢氏、テロ特措法延長に反対
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070806ia23.htm
 民主党の小沢代表は6日、党本部で菅代表代行、鳩山幹事長と会談し、テロ対策特別措置法の期限を延長する改正案について「ブッシュ米大統領は『アフガニスタンでのテロに対する米国の戦争だ』と明言している。米国の戦争に加担することは民主党としては反対だ」と述べ、米国の対アフガン政策に反対する立場から同法の延長は認められないとの考えを示した。

小沢氏の発言を記者団に明らかにした鳩山氏は「もっと役に立つ貢献の仕方を考えるべきではないか、という趣旨だ」と語った。

(2007年8月6日22時32分 読売新聞)
posted by 美国日本 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/400
Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

今後は、「衆議院」の自公と「参議院」の民主とで、両陣営の法案は、それぞれの議院では、通過しますので、国民(各界・各層の)は、大マスコミ(各紙とも政治偏向した社説を掲げる)を介さないで、両陣営の政策を検討できる機会を得た、のだと思います。

全く同感です。
衆議院では民主党の意見を全く問題にせず強行採決していないか、
参議院では自民党の意見を全く問題にせず何でも反対していないか、
というところを国民は注視したいですね。
政党が正々堂々討議したものをマスコミが偏向報道していないかも注視したい。

今度の選挙の経過と結果を見るに、
マスゴミはもとより日本人の民度もそれほど信用が出来ませんね。
ほとんど韓流騒ぎでした。

それは全く同感です。
たかが数万円の使途不明金がどうした、絆創膏がどうした、社会保険庁の不始末は民主党を支持している自治労がしでかしたことであって、自民党は社会保険庁を解体して民営化するのに対して民主党は公務員組織のまま保護すると言っている・・・

全く科学性がないマスコミ報道は一体何なんだ。
論理もなんもあったもんじゃない剥き出しの感情が先行することを韓流騒ぎと呼んでおられるのですね。朝鮮朱子学(真偽ではなくて正邪)とも言えますね。

とは言え、政府が地域格差問題を軽視してきたこと、そして格差問題が経済成長を阻害していること、これは政府の手落ちです。ここでは政府側に科学性が欠如している。

科学性(データで証明)
一人当たり所得の推移(東京を1とする)

    1995年度2000年度2001年度2002年度
東京都   1.00  1.00  1.00  1.00
愛知県   0.85  0.80  0.82  0.84
静岡県   0.78  0.77  0.76  0.79
滋賀県   0.79  0.77  0.76  0.78
千葉県   0.79  0.76  0.75  0.75
神奈川県  0.81  0.75  0.74  0.75
栃木県   0.77  0.75  0.73  0.75
大阪府   0.82  0.74  0.73  0.74
三重県   0.73  0.72  0.71  0.73
富山県   0.79  0.71  0.71  0.73
群馬県   0.74  0.71  0.71  0.71
茨城県   0.75  0.69  0.70  0.71
福井県   0.70  0.69  0.70  0.71
石川県   0.70  0.68  0.69  0.70
山口県   0.68  0.65  0.66  0.69
広島県   0.72  0.69  0.69  0.69
京都府   0.73  0.70  0.68  0.69
岐阜県   0.71  0.68  0.68  0.68
岡山県   0.70  0.64  0.67  0.67
長野県   0.70  0.70  0.68  0.67
新潟県   0.68  0.66  0.66  0.66
香川県   0.67  0.64  0.66  0.66
徳島県   0.65  0.63  0.65  0.66
奈良県   0.69  0.66  0.66  0.66
福島県   0.66  0.66  0.65  0.65
埼玉県   0.80  0.68  0.67  0.65
兵庫県   0.73  0.66  0.63  0.65
福岡県   0.65  0.63  0.64  0.64
大分県   0.64  0.65  0.64  0.63
宮城県   0.66  0.63  0.64  0.63
山梨県   0.69  0.67  0.62  0.63
北海道   0.66  0.62  0.64  0.63
和歌山県  0.60  0.60  0.61  0.62
鳥取県   0.63  0.62  0.62  0.60
佐賀県   0.61  0.59  0.59  0.60
宮崎県   0.58  0.61  0.60  0.60
熊本県   0.59  0.60  0.60  0.60
岩手県   0.62  0.62  0.59  0.59
山形県   0.62  0.61  0.59  0.59
島根県   0.59  0.60  0.59  0.59
愛媛県   0.62  0.57  0.58  0.57
秋田県   0.57  0.56  0.58  0.57
高知県   0.59  0.56  0.56  0.56
長崎県   0.56  0.54  0.55  0.55
鹿児島県  0.54  0.54  0.55  0.55
青森県   0.59  0.56  0.56  0.54
沖縄県   0.49  0.49  0.50  0.50

↓図式化

図1.
http://kouzumi2.up.seesaa.net/image/perCapita_24569_image001.gif
沖縄と東京では一人当たり所得が2倍も違う。
地域間で大きな差がある。

図2.
http://kouzumi2.up.seesaa.net/image/perCapita_22974_image001.gif
年次推移を見ると県によって様々であるが、上位は上昇傾向、下位は
下降傾向があるように見える。

図3.
http://kouzumi2.up.seesaa.net/image/perCapita_8127_image001.gif
各点は都道府県。
2002年度の所得と2002年度の対2000年度比率は弱い正の相関がある。
(相関係数 0.2)

図2.と3から、大まかに言えば上位は上昇傾向、下位は下降傾向と言える。
これは地域間格差が増大しているということである。
(相関係数が小さいという難点がありますけど)

エクセル
http://kouzumi2.up.seesaa.net/misc/perCapita.xls

一郎君はどうやら、
参議院先議と言う手法を使うようですよ。

そうらしいですね。

衆議院で自民に否決をさせる。

必ずしもそうとばかりは言えないでしょう。
国民の目から見れば自民党ではなくて民主党の横暴ととられると困るから。

たとえば年金改革。
保険料の流用禁止など民主党案の方が良い面もあるのでこれを取り入れる。
そうすれば、社会保険庁の解体案に関しては民主党案は公務員身分保障(公務員擁護)ですから自民党案が国民には受けが良い。
自民党は民営化まで(強引に)持ってきたのだから優位。

自民党・民主党が協力して官僚の抵抗に当たれるかが問題であって、これは民主党の力量と誠意が問われるところです。

政権の奪取の為には国民の生活なんかどうでも良いんです。

小沢さんは豪腕ですからね、その無茶苦茶程度は安倍さんを凌いでいる。
選挙に勝つまでは党利・党略で強引に引っ張ってきましたが、国会審議においてまで民主党が小手先の戦術を使うようであれば国民の総スカンを食いますよ。

私ら国民にとっては自民でも民主でも一向に構わないのであって、要は国民の利益(官僚・自治労の不利)であれば良いわけです。

生活第一であれば良いかァ!!

国民の生活は経済(産業界)の成長の分け前です。
自民党・民主党の、それぞれのお抱え経済学者のバトルにならざるを得ない。
それがなければ空理空論ですから強行採決をやってもお互いに文句言われる筋合いはない。

経済(産業界)の成長を殺がないで生活第一を目指すためには、所得の再分配以外に方法は
ありませんよ。高額所得者10%からお金をとって低額所得者50%に配るのであれば
票数から言えばこの税制は通らなければおかしいですね。

自民・民主の「偉いさん」が妥協して消費税アップに持っていけば双方の反主流派の反乱・政界再編になりますよ。

マスコミ・両党の機関紙の3つを公平に見られることになって楽しみです。
マスコミにとっては、これは初めての試練ですね。

捏造、嘘、検証無し、報道がばれても非難はされませんしね、
訴えられれば逆切れで総理大臣引き摺り下ろし報道を連日平気でやり、それを国民が鵜呑みをして内閣支持率22%です。
試練を受けるのは国民でしょう。

政党支持者と言っても選挙活動の要員ではないのですから、選挙は終わったのですから、今後は国民は政党本位ではなくて自らの利益本位(政党の政策選択)で判断します。
農業所得補償は「嘘」では済まされません。社会保険庁解体民営化・保険料流用禁止は並存できますから「相手の反対があるから」で済まされません。
一旦公約したことを破ってしまったら次の総選挙で負けますね。

試練を受けるのは政党とマスコミだと思います。
新聞は勿論のことTVだってインターネットにわんさと保存されていますよ。

最短六年間  他所事で評論家続けてられますかね。

マスコミのことですね。

国民にとっては、初めて、政策本位で、「政権選択」できる、絶好のチャンスが巡ってきた、のだと思います。

マスコミは大変あせっているようです。
安倍内閣を即座に解散させたい意図がアリアリと見えます。
なぜならマスコミが喇叭を吹いたことを悟られたくないからです。

朝日新聞の完勝です。

捏造・嘘・検証無し報道によって参院選で民主党勝利という結果を取得してしまった以上、朝日新聞と言えども日本経済の一部ですから、捏造・嘘・検証無し・報道をいつまでも続けて日本経済を潰してしまったら元も子もない。それでも他紙を凌駕して自紙だけ生き残るのだといっても他紙が反撃しますね。素人が下手に朝日新聞を攻撃するよりも他紙の反撃を待って支援するほうが良さそうですね。

これが功を奏したのは地方格差という重大な社会問題があったからです。

地方格差格差と仰いますが、

上記で地域格差を証明しました。

私は地方も地方ヘッコロ谷に住んでいますが、空気は美味いし、病院は近いし空いてるし、税金は安いし、

それは以前からあったことで、その上に地域格差が悪化しているということが重要です。

格差格差と煽ってる奴って、マコトちゃんの新築を反対してる住民のようですね。

他人のことは知りませんが私は根拠を持って地域格差を言っています。
産業は生き物ですからどんどん変化・進化する中で当初所得格差が生じることは、むしろ望ましいことだと思います。でも生活第一で考えれば税制によって再配分後所得格差を是正することも同時に望ましいことです。再配分後所得格差を是正することは小泉改革に抵触しないで実施できます。二つは全く別次元での出来事なんですから。

自民党は
1.地方格差の是正のための民主党案「農業所得保障」よりずっと強力な低所得者のための「所得再分配政策」を打ち出せば良い。

ほとんどの農家は朝ちょろっと田んぼを見に着てね、
雑草を引き抜いたぐらいして後は飯を食って昼ね。
だからジジババで間に合うんですが、確かに一票には違いませんね。

昔からそうですよ。その上に地域格差悪化が圧し掛かってきているのです。

地域間格差と言った場合それは農業だけではなくて都市のフリーター・派遣社員も含みます。フリーター・派遣社員は産業の必要性があって生まれたものですから、こんなものに規制をかけることは小泉改革をぶち壊して日本経済をぶち壊します。
所得配分だけすれば事足りると思います。所得配分だけで経済が成長する程度を私は計算済で言っております。

しかし
貧乏人と言われる方々の所得をどうやって把握するんでしょうか。

納税者リストから把握するのが正しいと思います。

ご存知だと思いますが、
現在の生活保護の三割程度は在日と暴力団員が貰ってるんです。
これに屋根をまたぞろかけるんですか。

在日は日本国籍を持っていませんから「生活第一」とは無関係です。
なぜなら投票権を持った人が「生活第一」に投票したのですから「生活第一」の対象は投票権を持っている日本国民だけです。それが論理的でしょう。

在日の生活保護は廃止するべきですね。「生活保護」を成立させたのは日本国籍を持った日本人ですから。
在日は韓国・朝鮮に投票権を行使して韓国・朝鮮の生活保護を受けたら良い。

暴力団員とは言え日本人ですから生活保護の対象であって当然ですね。
ただし一方では暴力団員は暴力団追放の対象にして数を減らさないといけませんね。

「生活第一」補償金は納税者リストから把握すれば暴力団員は除かれます。

2.社会保険庁解体案では(公務員身分維持を除いて)民主党案に近づければ良い

歳入庁を作るというのが民主党案の骨子です。

この部分は排除するべきですね。民主党の公務員擁護姿勢として堂々と非難すれば自民が勝つ。
民主党は年金問題で風に乗ったのだから、年金問題で攻められて当然です。

隣の税務署上がりは公務員だが、私は民間。
どう近づけるのかが解りません。
それよりミソと糞を一緒にしたら、味噌も食えなくなりますよ。

糞(公務員擁護=歳入庁)は排除しないといけません。

さらに民主党が意識的に逃げた安倍内閣の実績および更なる強化を打ち出せば良い。
(対北朝鮮強固政策・日米豪印軍事協力・繁栄と平和の弧で野蛮国包囲・対テロ国際協力・・・)

民主党は基本的に、
親支那、親半島、いわゆる親特定アジアなんです。
今回も逃げまくるんじゃないですか。

北朝鮮の暴発・拉致が発生した今時、親朝鮮の日本人は少ない。
地方経済破壊の元凶が中国であってみれば今時、親中国の日本人も少ない。
だから自民党はアンチ特定アジアによって民主党を攻めれば国民は大喜びですよね。
どんどんやるべきですね。

「美しい国 日本」の反語は「汚いアジア 特定アジア 中国・朝鮮」だと思いますけどね〜〜

追い詰めると官僚のリークが始まります。

どんどんリークさせれば良いではないですか。そしてどんどん解体したら良い。

安倍政権にこれをやられてしまったら、マスコミの喇叭がバレてしまいます。
マスコミが安倍内閣総辞職・早期の衆議院解散を主張しているのはそのためです。

有権者は国益なんかよりは生活第一なんでしょう。

国益とは生活第一のシグマでしょう。(複利つきシグマ)
天然ガスを中国に盗掘されている分は国民の「生活第一」が減らされています。
自衛艦一隻出したほうが得だと思います。

ばれたとしても目先の領収書のほうがなんぼか関心がある。
政党助成金で買った高級マンションより、
朝日新聞に煽られたウン十万円の領収書のほうが問題だってんだから、
有権者の良識なんか  ネェ  信用できますの?

情報を与えないで、有権者は馬鹿だと言っているだけじゃ自己満足ですね。

前の段で
「政党が正々堂々討議したものをマスコミが偏向報道していないかも注視したい」
と言いましたが、その為には内閣総辞職・早期の衆議院解散をやられちゃ困りますね。

内閣を組織出来たら一年以上は持つでしょう。
それに民主党以下外の野党は本当のところ反対でしょ。
今回の選挙では民主の一人勝ちであって、他は全部衰退してるんですから。

内閣が辞職したら「グダグダこね回す」材料がなくて次の総選挙まで民主党の風が持たないという見方があります。そんな甘いものでしょうか。
小沢半兵衛張りにキツツキ戦法を繰り出せば民主党は隙だらけだと思いますがね〜〜

民主党はなんでも反対野党の役得を失ったのですから、真面目に党内を纏めなければならなくなった。それが弱みですね。

小泉さんとこの飯島さん辺りを副首相にするっきゃないかって思いますがね。

大賛成です。鶴翼の陣も背水の陣も乱波戦法もなんでもござれの軍師として活躍して欲しいですね。

寝技恫喝できる人って、
今の自民党にはもういませんね。
みんな死んじまった。

その筆頭が小沢さんなのだから。
posted by 美国日本 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/397
Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

環境問題が世界的に重要です。
ここで、すぐゴミになる新聞をとることは環境の敵と思っているのですが。
ニュウスはTVで、記録は週刊誌で。十分ではないでしょうか。
新聞社からは叩かれてしまいますね。でも、環境対策で最も有効と思うんですが。

新聞の退潮傾向は随分以前からあるものですし、最近の朝日新聞にもウェブ中心で行こうかどうしょうかという記事がありました。
NYTimesだったかWashingtonPostだったか、紙代を節約するために紙面を小さくしたそうですね。
環境対策などと偉そうなこと(水蛍さんのことではなくて)を言わなくても経済は生き物ですからこういう風に自然と方向性が決まってくるのですね。

TVはオンデマンドにしなければ新聞の代わりにはなりにくいでしょうね。
と言うか、YouTubeなどのサードパーティも含めて、結局ウェブが代替するのではないでしょうか。TVでウェブ閲覧できれば良いだけのことですから。
そうなれば周波数を独占しているマスコミは意味が有りませんね。
現在では映像と文字の区別がありませんからマスコミはコンテンツ業者になりますね。

自民が参院選で大敗した原因は、7月が住民税の増額時期だったからと思っています。(マスコミはこのことを全然取り上げていないが)

インターネットでは大変な騒ぎになってましたけどね。
マスコミは世間から離れたところで蠢いていますね。

世界平和について、最近の情勢を分析したいと思います。
1.日本はアメリカと中国に挟まれています。どちらにつくかが問題です。

アメリカか中国かというよりも、もう少し視野を広く見ると、先進国同盟か後進国同盟かということでしょう。中国・朝鮮にせよイスラムにせよ、戦後世界から隔絶されたところにあった国々が、今頃になって、戦後世界に対してNoを(あるいは俺も混ぜてくれと)言い出しているということですよね。

日本は先進国ですから先進国同盟の一国としてどのように世界と関わっていくのかということに尽きます。
たとえば核軍備ですけど日本一国ではどうにもなりませんが、日米豪印軍事同盟・繁栄と平和の弧の中で核軍備するのであれば、世界貢献ですから野蛮国は反対するでしょうけど普通の国は賛成するでしょうね。なぜなら、アメリカの核も日本の核も同じことですから。日本が独自で核開発するよりもその方が軍事同盟の仲間からきつい管理を受けますね。

日本一国の利益ではなくて先進国同盟の利益を追求する日本として自らの立脚点を確保すれば良いと思います。
そう考えると日本がアメリカよりも中国を重視するなんてことは有り得ないことですね。

発展する中国経済---全然関係ないですね。浦賀に黒船を停留させて敵対しながらでも通商はできるように、敵対と経済は無関係です。
アメリカの歴史ではインディンにライフル銃密売という経済も有り得たことですし。

「美しい国 日本」vs「汚いアジア 中国・朝鮮」が先進国同盟vs後進国同盟の縮図あるいは最前線である訳です。

2.日本はアメリカに協力しています。しかし、
3.日本は、当然ですが、原爆問題ではアメリカに反対しています。

核軍縮ですね。

ここで日本も考え直さなければならないでしょう。
戦争しない軍隊自衛隊と、戦争を起こさせない軍隊自衛隊のどちらが本当に世界の平和を守ることができるのか。戦争をさせない軍隊自衛隊であれば北朝鮮の暴発を防げたはずです。すなわち日本は世界に対して申し訳ない怠慢を犯してしまったのです。なにをボケっとしていたのか。これではまるで社会保険庁と同じではないか。

第二次世界大戦が先進国の戦争であったのに対して、戦後体制も先進国の相互牽制として核軍縮があったのですが、イスラムという野蛮国が核を持つとか、テロリストに核が渡るかもしれないという危険性の中にあって、先進国の相互牽制機構が今の世に機能するのかということを考え直すべきです。

4.また、ブルドッグソースの問題では、資本主義を否定しました。
  (私は良かったと思ってますが)

自由競争・国際経済の否定ということですね。
国際経済は国民経済にとって有益であってこそ存在意義があるものですよね、家庭の安定があってこその地域社会であると同じように。
国民経済がどこかで破綻してしまったら、とくに日本のような大きな国民経済であれば、国際経済も危うくなります。

5.アメリカ下院で、売春奴隷ということで、日本を非難しています。
  (私には、真相がよく判りませんが、資本主義の否定に対する
   反応の一つのように思われます)

朝鮮人の画策ですよ、あれは。
なんとか議員が日系人だというのも嘘くさいですね。朝鮮人でしょう。
朝鮮人とか中国人が外国で日本人を騙ることはよくあることです。

6.アメリカは中国に遠慮して、F22戦闘機の日本輸出を禁止しました。
7.アメリカと中国が一緒になって、日本を攻撃するようになれば、
  前回のABC包囲陣です。第3次大戦に発展してしまう可能性があり、アメリカに強く反省を求めねばと思います。

同感。

第二次世界大戦は先進国の戦争であって植民地独立戦争ではなかった。
そんなものは後から作った寓話ですよね。
英米日(覇権の歴史的順番)で中国を美味しく「頂きます」すれば良かった。
英米日は海洋国家ですからロシア・中国という大陸国家とは違って
「取って食おう」などという馬鹿なことはしなかったのに。
そうすれば今頃、少なくとも印度程度には中国は民主主義の国になっていて中国人民はどれだけ幸福なことでしょう。

8.資本主義の行きすぎは是正しなければなりませんが、共産中国の
  独裁体質は民主的な国とはいえません。北や中国の軍事増強には
  注意が必要な筈です。

同感。

民主主義の国には良識という心張り棒兼制御棒がありますが、野蛮国にはそれがありませんからね、そういう国の軍事増強は危険極まりないものです。
北朝鮮がそれを実演してくれたじゃないですか。中国は北朝鮮の大きなものですよね。(巧みに隠してはいますが)

9.日本は「和の国」です。世界平和の為に日本がどう動くのか、
  慎重な考慮が必要ですね。

まず、戦争を起こさせない軍隊自衛隊を拡充して世界平和に貢献するべきですね。北朝鮮の暴発という教訓を生かして、次は中国・イスラムという野蛮国を包囲して暴発を抑制するべきでしょう。

日本の国内事情としては、いずれ衆院の解散総選挙になるでしょう。

麻生さんとしても現状の自民党の大将にはなりたくないでしょう。
どうせ安倍さんを捨石にするなら「美しい国 日本」vs「汚いアジア」の関係の中で「美しい国 日本」の実像を結んでからの方が良いに決まっている。
そうすれば麻生さん御得意の「平和と繁栄の弧」を一足飛びに実現できますから。
吉田と岸の競演ですね。

ここで、参院と衆院の性格を明確にすることが大切と思います。
一番、いけないことは今の政治がお手盛りになっていることです。
権力闘争だけで、国民はそっちのけです。

お手盛りを止める方法は、議員の身分や選挙法は衆院ではタッチ
出来なくすることだと思います。すなわち、そのような法律は
参院で作成することにすれば良いと思いますが如何ですか。

そして、参院の議員の任期は1回限りとして、参議院で作成される
法律で、その議員達が再選される事はないことにすれば、
お手盛り法案はなくなるのではないでしょうか。

こうして、日本が国民のために、そして、世界平和のために
立ち上がるようになればと思います。

確かにお手盛りが議員を腐らせてきましたね。
お手盛りと言えば、官僚もお手盛りをやっていますね、国民の税金がその食材ですね。

汚いアジア=官僚主義(ロシアのノーメンクラツーラ・中国の宦官・朝鮮の両班)とすれば、「美しい国日本」の安倍さんと官僚が対立するさまは、まさに、脱亜入欧の現代版ですね。
posted by 美国日本 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

メーリング・りリストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/396
Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

今後は、「衆議院」の自公と「参議院」の民主とで、両陣営の法案は、それぞれの議院では、通過しますので、国民(各界・各層の)は、大マスコミ(各紙とも政治偏向した社説を掲げる)を介さないで、両陣営の政策を検討できる機会を得た、のだと思います。

全く同感です。
衆議院では民主党の意見を全く問題にせず強行採決していないか、参議院では自民党の意見を全く問題にせず何でも反対していないか、というところを国民は注視したいですね。
政党が正々堂々討議したものをマスコミが偏向報道していないかも注視したい。
マスコミ・両党の機関紙の3つを公平に見られることになって楽しみです。
マスコミにとっては、これは初めての試練ですね。
国民にとっては、初めて、政策本位で、「政権選択」でき絶好のチャンスが巡ってきた、のだと思います。

マスコミは大変あせっているようです。
安倍内閣を即座に解散させたい意図がアリアリと見えます。
なぜならマスコミが喇叭を吹いたことを悟られたくないからです。

組織に参加している場合、個々の利害関係の意識から、自民への投票も民主への投票も固定されたもの、だと思います。
年々無党派層が大きくなっていること、今回の参院選では自民党支持者の25%が民主党に投票したこと、などによって組織の意味が小さくなっていますね。小泉さんが(旧)自民党を壊すといってその通り壊したからだと思います。これは政策本位で選挙ができる素晴らしい方向性の始まりであって、自民党という戦後日本の政治を支え、日本の国益・将来をまじめに考えている責任与党であってはじめて出来る事です。国なくして政党ありという無責任野党には到底できることではありません。

こんなふしだらな議員を飼っている民主党にはできないことです。
たかが数万円の事務所経費の付け替えなんてことではなくて、国の名誉に関わる重大な犯罪ですよ、これは。

http://www.geocities.com/baikokudo_traitor/brd005-01.html

従軍慰安婦の問題は第一に歴史学の問題であって政治問題ではない。
民主党が正式に歴史学として従軍慰安婦問題を解明したとは聞いていません。だから政治問題としても立場が決まっているわけでもない。

小泉さんは民間中心と官僚中心のオプションが従来の自民党にあったものを民間中心を新自民党の定義として確立しました。どっちでも良いのですがどちらかにするということはとても重要です。
民主党には二つどころか三つも四つも異なる要素があって、どれが民主党の定義かはっきりしないことが困りものです。
これは、お節介かも知れませんが定義に困ったら、消去法で「汚いもの」を切り捨てるという定義法を使ってみてはどうでしょうか?
自民党にとって「汚いもの」とは汚いアジア(ロシア・中国・朝鮮)的なもの=官業であったわけです。「美しい国 日本」の意味が分からないとか言って自分の頭の悪さを自ら暴露している連中がおりますが、これは「汚いアジア」の反語なんですよ、普通に考えれば。

利害関係を持たない一般国民の立場は、組織人とは違っていて、もっと自由な視点で政治行動(「投票」)をしていると思います。

組織人ではない自由人だと言っても科学的な根拠もなくて「思い込み」がキツイ人もいますね。まあ、それでも組織人よりはマシです。
なぜなら「思い込み」には自分なりの根拠があって、それを見せれば他人様が「それは思い込みだよ」と注意をしてくれるのですが、組織人は組織の指示を無視して勝手に根拠を提示できないからです。

また、マスコミに関しても、世論調査などで、それなりに精度は認めても、マスコミ(社説・マスコミ・文化人)に、「政治的識見」がある、とを認める人は、世間で多くない、と思い

そうですかね、案外マスコミが正しいと思っているのではないでしょうか。
マスコミというフィルターがかかっているとも思わないで、それが事実だと思っているのではないでしょうか。

マスコミの場合は、文章力の不足か、あるいは意図的な歪曲か知りませんが、一方では全体的な事実を伝えながら、それはそれとして、特異点に異常な焦点を当ててしまうという例があります。

文末の例で言うと、
「首相続投は7割が支持」が本体であって「自民の地方幹部が苦言」は特異点です。
そして特異点を何度も繰り返し報道することで世論が歪んでいきます。

ニュース記事は足が速いので、本末転倒の証拠品として保存する目的で、ここに挙げておきます。

ます。利害関係を離れれば、個人個人の政治的信条は、関心、無関心のレベルを含め、皆、ばらばらなのだ、と思います。

心情なんか鰯の頭ですからどうでも良いですが科学的根拠だけははっきりしたいですね。事実は一つですから。

結論として、自分自身の政治意識レベルを向上させていくしかない、全体が、そうした意識・自覚をもつようになれば、社会意識が向上して、日本の政治風土がよくなる、という原理なのだ、と思います。

政治意識レベル云々より大切なことは科学的な思考法ですね。
統計学的に論理学的に無理はないかという反省がいつでも必要です。
政治意識レベルなんぞは中国や北朝鮮という歪な世界でも醸成できます。

今の社会が「格差」を容認するのは、根底に「差別思想」があるからですが、「豊かな社会を表現する『自由』」と「社会が人間の質を評価する『差別』」とを履き違えると、昔の身分社会(奴隷社会)へと向かう、ように思います。

いいえ、違います。
1.格差を容認する考えは誰も持っていません
  下記参照
2.差別思想と格差は無関係です
  思想を持たない猿山にさえ腕力と人心(猿心)掌握術に長けたボスがいます。
3.社会が人間の質を評価することはいつでも正しい
  人間の質を社会が評価しなくて誰がしますか?
  人間の質を評価しないことは正義(我々が望む方向性)がないことです。
  それはもはや社会になっていません。(下等動物の集団ですよ)

少し古い話ですが、格差の捉え方についての正論がありました。
端的に言えば、産業界で生じる格差は有る方が望ましい。
ただし生活面での格差は政治の力で是正しなければならない。
ということです。

「生活面での格差」については財界でさえ容認してはいません。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/tatenarabi/archive/news/20060403ddm002040006000c.html

◇格差は所得再分配の問題−−宮内義彦オリックス会長に聞く
オリックスの宮内義彦会長(70)に聞いた。
 −−規制緩和の進展が格差拡大を助長しているという議論がある。
 「格差とは所得再配分の問題だ。税制や社会保障を通した格差是正のために政治は存在する。生産(経済)の方の問題ではない」
 −−失業すると正社員になれず、派遣社員になるしかない現状がある。
 「規制緩和の前後でどっちが失業率が高いと思うか。パートタイマーと無職のどちらがいいか、ということ」
 −−規制緩和の進んだタクシー業界は、労働条件の切り下げ競争になっている。
 「安全基準、労働条件をきちっと守る前提でなければ競争してもらっては困る。運転手の収入が減ったというクレームはある。同時に利用者にとっては台数が増えて便利になり、新しい雇用も生んでいる」
 −−著書で日米の間に社会の望ましい地点があると言っている。
 「生産は市場経済のメカニズムを使う米国型でやるが、分配をどうするかは日本人のコンセンサスを得ることが必要だ。ただ公共投資ばかりやっていては日本は沈む。やはり(米国に近づくために)太平洋に船出しなければならない」
 −−日本型の分配システムの問題は。
 「格差をなくしたために社会に活力がなくなった。私は長い間社長をやったが、びっくりするような給料を取ったことはない」

近現代の社会は、「自由」と「平等」とをワンセットにして「自由平等」の概念の思想で成り立っており、「自由」と「平等」との分離を余りに極端に進行させてしまうと、民主的な「社会」が成立しなくなってしまう(差別する自由が勃興する、と思います。

差別とは合理的な根拠のない区別を意味します。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B7%AE%E5%88%A5&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=07737507426900
さ‐べつ【差別】 [名]スル
1 あるものと別のあるものとの間に認められる違い。また、それに従って区別すること。「両者の―を明らかにする」
2 取り扱いに差をつけること。特に、他よりも不当に低く取り扱うこと。「性別によって―しない」「人種―」

「他よりも不当に低く取り扱うこと」が差別である。
逆に言えば、正当な理由があれば差別とは言わない。

自由は近代的合理主義精神を発揮するためのものです。
差別は「正当な理由がない区別」であって、近代的合理主義精神に反するものですから、自由とは相容れないものです。
ところが「正当な理由がある区別」を否定することも自由とは相容れないものです。
なぜなら「正当な理由」という近代的合理主義精神を否定するからです。

マスコミは参議院惨敗で内閣総辞職・早期の衆議院解散の例を上げていますが、事情が全く異なります。
宇野内閣---こりゃ蜂の一刺しという個人の資質の問題あり(宇野さんは酒屋のオヤジで>す)
橋本内閣---自民党内部の問題

文章を読む点では、MLの投稿文も新聞の社説も同じでありますから、インターネット社会では、大マスコミの影響力が、今後ますます、限られたものへと移行していく、と思います。
新聞も悪質ですがテレビは更に悪質です。なぜなら話し言葉は消えて無くなるから言いたい放題です。現在ではDVDに撮られYouTubeに登録されるから本当は消えて無くならないのですが、消えてなくなるという感覚だけは生き残っている。

さてと、これからマスコミ(テレビ)のアホさしさの証拠を累積していかなければならない。

私が知っているのはYouTubeとニコニコ動画。
http://www.youtube.com/
http://www.nicovideo.jp/  (メンバー制)

http://www.asahi.com/politics/update/0802/TKY200708010480.html
自民の地方幹部が苦言 首相続投は7割が支持  2007年08月02日06時32分

 歴史的大敗に終わった参院選の最大の敗因は年金問題であり、赤城農林水産相ら閣僚の不祥事がとどめを刺した――。朝日新聞が自民党の各都道府県連幹部らに取材した結果、こんな見方をしていることがわかった。安倍首相の続投については7割が「支持」したが、首相の政治手法や人事には苦言が相次いだ。解散・総選挙の時期については、9割が「急ぐ必要はない」と答えている。

 7月31日から1日にかけて一斉に取材。質問は6項目で、うち5項目は30日から31日にかけ実施した緊急の全国世論調査から抜粋した。

 「自民が議席を減らした一番大きな理由」は、三つの選択肢のうち「年金の問題」が27人。「閣僚の不祥事」10人、「格差の問題」7人と続いた。富山は「すべて」と答えた。世論調査と同じ傾向で、今回の参院選が「年金選挙」だったことを裏付けている。

 閣僚の事務所費問題や失言の中では、とりわけ赤城氏のばんそうこう姿は打撃になったようで「年金問題の逆風が収まりかけたところに事務所費問題や失言が相次いだ。赤城氏のばんそうこうはダメ押しだった」(大阪)と恨み節が漏れた。

 こうした事態は「お友達内閣」と冷やかされた安倍首相の人事が引き起こした。それだけに「大臣の失言をかばったり、同調者だけで組閣したり、安倍首相は政治家として未熟な面があり、内閣にもひ弱なところがある」(福井)、「失言を繰り返す閣僚の統制などは反省してもらわないといけない」(熊本)との苦言も出ている。

 一方、首相続投については「続けてほしい」が34人、「辞めるべきだ」は5人だった。世論調査では「辞めるべきだ」がやや上回ったのと異なる傾向が出た。ただ、「続けてほしい」とした人たちも胸中は複雑だ。

 「憲法改正と教育改革は安倍さんでなければできない」(栃木)という積極的な擁護論のほか、首相の地元・山口は「参院選は政権選択選挙ではない」と答えた。

 その一方で「選挙戦で『安倍か小沢かを決める選挙』と言ったのはまずかった」(東京)という消極的な声や、続投を支持しながらも「個人的には責任をとって辞めるべきだと思う」(山梨)といった厳しい意見もあった。

 辞任派では「もっと地に足の着いた改革をしなければならない。今のままでは地方の声は届かない」(鳥取)と批判的な声のほか、「潔く責任を取って辞任しないといけない。県連内も辞めてほしいという声が多い。若いし、再登場もある」(長野)との声もあった。

 不満の矛先は「トップダウン型」の政治手法にも向かう。「じいちゃん(岸元首相)仕込みの政治手法は時代遅れ。強行採決をやりすぎだ。少数意見を聞いて、みんなで歩み寄るのが基本だ」(長崎)

 解散・総選挙を「実施すべきだ」としたのは2人、「急ぐ必要はない」は43人だった。
posted by 美国日本 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

メーリング・リストから転載です。

http://www.freeml.com/meiguoriben/393?sid=b68c8adcfd9e37a9127d0b2bc4ca2d01
Re: 衆議院の解散時期が注目される!!

今後は、「衆議院」の自公と「参議院」の民主とで、両陣営の法案は、それぞれの議院では、通過しますので、国民(各界・各層の)は、大マスコミ(各紙とも政治偏向した社説を掲げる)を介さないで、両陣営の政策を検討できる機会を得た、のだと思います。

全く同感です。
衆議院では民主党の意見を全く問題にせず強行採決していないか、
参議院では自民党の意見を全く問題にせず何でも反対していないか、
というところを国民は注視したいですね。
政党が正々堂々討議したものをマスコミが偏向報道していないかも注視したい。

マスコミ・両党の機関紙の3つを公平に見られることになって楽しみです。
マスコミにとっては、これは初めての試練ですね。

国民にとっては、初めて、政策本位で、「政権選択」できる、絶好のチャンスが巡ってきたのだと思います。

マスコミは大変あせっているようです。
安倍内閣を即座に解散させたい意図がアリアリと見えます。
なぜならマスコミが喇叭を吹いたことを悟られたくないからです。

証明

民主党の勝因
1.マスコミの宣伝
  閣僚の失言・政治とカネ・年金問題
2.地方格差
3.小沢マジック(謀略)
  
自民党の敗因  
1.安倍内閣の状況対応力不足
2.地方格差

閣僚の失言・政治とカネ・年金問題などのマスコミのらっぱ喇叭は、らっぱ乱波・素っ破、すなわち撹乱戦法(竹中半兵衛のキツツキ戦法もそれ)ですが、これが功を奏したのは地方格差という重大な社会問題があったからです。

自民党は
1.地方格差の是正のための民主党案「農業所得保障」よりずっと強力な低所得者のための「所得再分配政策」を打ち出せば良い。
2.社会保険庁解体案では(公務員身分維持を除いて)民主党案に近づければ良い

さらに民主党が意識的に逃げた安倍内閣の実績および更なる強化を打ち出せば良い。
(対北朝鮮強固政策・日米豪印軍事協力・繁栄と平和の弧で野蛮国包囲・対テロ国際協力・・・)

安倍政権にこれをやられてしまったら、マスコミの喇叭がバレてしまいます。
マスコミが安倍内閣総辞職・早期の衆議院解散を主張しているのはそのためです。

前の段で
「政党が正々堂々討議したものをマスコミが偏向報道していないかも注視したい」
と言いましたが、その為には内閣総辞職・早期の衆議院解散をやられちゃ困りますね。

マスコミは参議院惨敗で内閣総辞職・早期の衆議院解散の例を上げていますが、事情が全く異なります。
宇野内閣---こりゃ蜂の一刺しという個人の資質の問題あり(宇野さんは酒屋のオヤジです)
橋本内閣---自民党内部の問題
posted by 美国日本 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ論調から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。